Top / 自由な研究 / 訴訟 / h31 / ワ153

一部債務不履行に伴う、取引の解除、並びに代金の返還、及び損害賠償請求 事件

平成31年(ワ)第153号

書式の設定

  • 原告
  • 被告
  • 担当裁判体

東京地方裁判所 立川支部

  • 担当裁判官
  • 担当書記官
    • 小佐野 祐一( おさの ゆういち)
  • 主任書記官
    • 村上 裕代(むらかみ ひろよ)
    • 松島 克宏(まつしま かつひろ)
    • 長岡 正美(ながおか まさみ)

概要

訴訟の費用

訴額印紙1,000円
郵券の予納現金3,000円内 還付1,118円
切手1,300円分内 返還170円分

関連する課題

経過

甲から丙への事務的な連絡

令和元(皇紀 2679;2019)年08月19日

  • 判決が、確定する期日の確認
    • [事情]
      • 「担当書記官、その上司、主任書記官による、応対が、行えない」ので、臨時で、別の主任書記官にと、対応を、行って、もらった。
    • [別の主任書記官による、返答]
      • 『令和元(皇紀 2679;2019)年08月19日迄が、期日』と、成っていますので、その翌日(同年同月20日)に、確定と、成ります。

令和元(皇紀 2679;2019)年08月05日

  • 「これ迄、主任書記官を、介する形式で、行った連絡は、調書が、作られているのか」の確認
    • [主任書記官からの返答]
      • その時々です。
  • 第一、二回弁論調書の謄写を、本日に、行いたい。
    • [主任書記官からの返答]
      • 可能。

令和元(皇紀 2679;2019)年07月05日

  • 第一、二回弁論調書の謄写を、行いたい。
    • [主任書記官からの返答]
      • 書類は、裁判官が、持っているので、無理。
    • [結果]
      • 甲は、丙(主任書記官)から、『(A)不十分な説明、(B)挑発的な逆質問など、(C)職権の濫用』を、被った。
      • また、甲は、丙(主任書記官)から、侮辱を、被りつつ、紛争と、成った。
      • よって、甲の被害は、後日に、国へ、損害賠償請求を、行う。
    • [参考]

令和元(皇紀 2679;2019)年06月12日

  • 第一回 弁論の記録を、再確認 - 09時00分頃
    • [返答]
      • 記録は、無い。
    • [防御]
      • 担当裁判官は、『乙による、答弁書の提出が、遅延と、成った、理由』を、「どのように、受け止めているのか」を、確認する。
      • なお、その返答は、本日の午前中まで、待つ。
    • [結果] - 12時00分の時点
      • 丙からの返答は、無かった。
      • (A)丙から、侮辱を、被った。
      • (B)被告に、有利な対処を、行われた。

令和元(皇紀 2679;2019)年06月11日

  • 第一回 弁論の記録を、確認
    • [返答]
      • 他の用が、有るので、即答は、行えない。
      • 後日に、対応を、行う。
  • 『証人の尋問申出書』を、提出する準備が、有る。
    • 証人の尋問を、求めるので、相応の準備を、行っている。

令和元(皇紀 2679;2019)年05月20日

  • 次回の開廷日
    • 関連の書面を、貰いたい。
      • [返答] - 要望は、担当者に、伝えておく。

令和元(皇紀 2679;2019)年05月15日

  • 無線機を、持ち込む事に、付いて
    • 甲は、開廷時に(法廷内で)、乙へ、直接に、無線機を、渡す、予定が、有るので、乙の出廷が、有るのかを、確認する。
      • [丙の返答 1] - 乙の出廷に付いては、お答え、できません。
      • [丙の返答 2] - 無線機の持ち込みは、了承。

平成31(皇紀 2679;2019)年04月02日

補足
 担当書記官は、不在。代わりに、主任書記官が、応対。
  • 甲の事情
    • 生活の状況に、変化が、生じた事。
  • 再警告
    • 裁判所は、民事訴訟法 第二条の責務に、基づき、適切な訴訟の手続きを、行え。
      • 担当書記官からは、「乙には、開廷日から、一週間前迄に、答弁書を、出す事を、求めた」と、最終的に(聞き出すまで、約1時間を、要するに、至った)、聞いている。
      • 甲は、「乙からの答弁書は、開廷日から、一ヶ月前に、提出する事」を、求める。
    • 告知
      • 「甲は、丙からの被害は、別件で、提訴を、行う事を、決意」、その旨を、伝えておく。

平成31(皇紀 2679;2019)年03月29日

  • 甲の事情
    • 最短で、終結する事を、望む。

平成31(皇紀 2679;2019)年02月12日

  • 『調査の嘱託』における、「郵券の扱い」に付いて
    • 別途、郵券の予納が、求められる件 - 金額は、未定。 

平成31(皇紀 2679;2019)年02日05日

  • 甲における、自己の紹介』が、必要性とされる件
  • 丙から甲への事務的連絡に付いて
    • 連絡を受ける時間
  • 要望書の提出に付いて
    • 別事件を、同一の裁判体が、担当する事
      • 立川簡易裁判所 平成31年(少コ)第8号における、『移送の決定』に伴い、同一裁判体で、事件を扱う事の要望。

甲が、提出を、行った、書類など

令和元(皇紀 2679;2019)年08月09日

  • 証明申請書
    • 民事予納金
      • 還付1,882円の受取を、兼ねる。

令和元(皇紀 2679;2019)年06月13日 - 窓口

令和元(皇紀 2679;2019)年06月03日 - 窓口

令和元(皇紀 2679;2019)年05月16日 - 窓口

平成31(皇紀 2679;2019)年03月05日 - 窓口

  • 準備の書面
  • 証拠
    • 甲第十号証
      • 乙による、断続的で、迷惑な、甲への連絡における事実
  • 郵券の予納
    • 郵券
      • 80円☓10枚=800円分
      • 50円☓10枚=500円分

平成31(皇紀 2679;2019)年02月15日 - 窓口

  • 郵券の予納
    • 調査の嘱託
      • 郵券635円分

平成31(皇紀 2679;2019)年01月28日 - 窓口

  • 訴状
    • 各種の請求
      • 代金の返還
      • 各種の損害賠償
  • 準備の書面
  • 調査の嘱託
  • 中間の確認
      • 乙商品の所有権を、確認
  • 証拠
    • 甲第九号証
    • 甲第八号証
    • 甲第七号証
    • 甲第六号証
    • 甲第五号証
    • 甲第四号証
    • 甲第三号証
    • 甲第ニ号証
    • 甲第一号証

提出待

書類の作成

中断

  • [甲における、自己の紹介] - yorozuya01 に付いて - 検討中
    • yahoo!japan での yorozuya01
      • Blog の運用
      • Website の運用
      • 知恵袋 - Best Answer(ベスト アンサー) 数が、198件、Best Answer 率は、64%。
      • Yahoo!NEWS エディタ 経験者 - 現在は、制度が、無い。 - 編集回数の上位(一位を、含む)を、数カ月維持
    • Yahoo!Japan の外
      • BOINC Team - yorozuya - 構成員(設立者)
      • Wikipedia 編集者
      • Website 運営者 - 行政に対する鑑査の活動など
  • 『行政に対する鑑査の活動』(自由な研究/鑑査)にて、 無線を、基礎に、関係の有る、機関など
    • 日本 Amateur(アマチュア) 無線連盟(JARL)
      • 会員
      • 雷保険の設置など
      • 違法電波取締への意見
      • 各種の制度に付いての意見、要望など
      • 他、各種の提案など
    • 総務省
      • 免許の制度
      • 違法電波取締への意見
      • 電波の利用に関する Web Site の運用に付いて
      • 他、各種の提案など
    • 外の取組

保留

  • 書記官の忌避 - 罷免に変更
    • 郵券の予納に伴う、口論 - 職権の乱用
      • 郵券の予納に伴い、「(A)郵券の各額面ごとの枚数を、甲へ伝える事と、(B)故意に『(A)』を、延期、(C)並びに、『(A)』が、無効化と成った」事の事実と、損害。
    • 適切に、手続きの説明を、行えない
      • 期日の請書に付いて

甲が、行った、謄写

令和元(皇紀 2679;2019)年08月05日

  • 第二回 口頭弁論調書
    • 令和元(皇紀 2679;2019)年05月16日分
  • 第一回 口頭弁論調書
    • 令和元(皇紀 2679;2019)年06月17日分

乙からの書類など

令和元(皇紀 2679;2019)年05月16日 - 窓口

  • 答弁書(+副本)
    • 令和元(皇紀 2679;2019)年05月15日付
  • 答弁書 補足
    • 令和元(皇紀 2679;2019)年05月16日付
  • 乙 証拠
    • 乙 第五号証
      • 令和元(皇紀 2679;2019)年05月16日付
    • 乙 第四号証
      • 令和元(皇紀 2679;2019)年05月16日付
    • 乙 第三号証
      • 令和元(皇紀 2679;2019)年05月16日付
    • 乙 第二号証
      • 令和元(皇紀 2679;2019)年05月16日付
    • 乙 第一号証
      • 令和元(皇紀 2679;2019)年05月16日付

丙からの連絡、送達、手交など

令和元(皇紀 2679;2019)年08月05日 - 手交

  • 判決書
  • 返還書
    • 予納された郵券の残
      • 郵券170円分
  • 事務の連絡
    • 予納金残金の還付手続きの件
      • 現金1,118円

令和元(皇紀 2679;2019)年05月21日 - 手交

  • 次回期日連絡票
    • 第二回 弁論

令和元(皇紀 2679;2019)年05月15日 - 連絡

  • 答弁書
    • 乙から、答弁書が、提出された。
      • 令和元(皇紀 2679;2019)年05月15日付(午後に、受取)
      • 甲に、渡す準備も、完了。
      • [甲の返事] - 本日は、取りには、行けず、開廷日に、受け取る。

平成31(皇紀 2679;2019)年04月16日 - 窓口

  • 送達
    • 期日呼出状
      • 平成31(皇紀 2679;2019)年04月09日付
  • 事務の連絡
    • 乙住所に関する『調査の嘱託』が、完了。
      • 結果に付いては、謄写が、可能。

平成31(皇紀 2679;2019)年03月14日 - 連絡

  • 開廷の期日
    • 期日の決定
  • 丙から、乙へ、訴状の送付
    • 翌日に、発送を、予定

平成31(皇紀 2679;2019)年03月13日 - 連絡

  • 開廷の期日
    • 期日の指定、選択

平成31(皇紀 2679;2019)年03月12日 - 連絡

  • 調査の嘱託
    • 完了
      • 被告と、想われる対象(乙)の、個人的情報を、入手(確認)。
    • 甲が、「改めて、乙を、被告と、認めるのか」を、返答されたい。 - その必要性に付いてを、反論(論争に成った)。
      • 甲は、最終的に、「認める」と、返答。
  • 開廷の期日
    • 裁判所が、指定する日時では、甲の日程に、合わない。
      • 甲の要望に伴い、裁判所の都合で、再検討を、行う。
      • 甲は、「翌日迄は、待つ」と、返答。

平成31(皇紀 2679;2019)年02月21日 - 連絡

開廷

第二回 弁論 - 令和元(皇紀 2679;2019)年06月17日

  • 甲による、丙への確認
    • 証人の尋問申出書
      • 却下
  • 丙から、乙への確認
  • 丙から、甲への確認
  • [閉廷後の法定内で、書記官に、確認]
    • 第一、二回の弁論における、調書の謄写を、行いたい。
      • [担当書記官の返答] - 閉廷の直後で、調書の作成は、行われては、無い。
    • いつに、謄写が、行えるのか。
      • [担当書記官の返答] - 解らない。

第一回 弁論 - 令和元(皇紀 2679;2019)年05月16日

  • 一部の和解
    • 商品の返金、及び、返金
      • 甲は、商品物を、乙に、返還。
      • 乙は、商品の代金を、甲に、返金。 - 甲は、領収書を、発行。
  • 乙の答弁
  • 丙による甲、乙への確認
    • 訴訟の指揮
      • 次回の開廷日など

決定、命令など

平成31(皇紀 2679;2019)年03月14日 - 決定 - 連絡

  • 開廷の期日
    • 決定

平成31(皇紀 2679;2019)年02月21日 - 決定 - 連絡

  • 『調査の嘱託』
    • 採用

判決

令和元(皇紀 2679;2019)年07月29日付

  • 言渡
    • [主文]
      • 原告の請求を、いずれも、棄却する。
      • 訴訟費用は、原告の負担とする。

補足 - 令和元(皇紀 2679;2019)年08月10日 現在

 本事件は、『(A匿名の取引で、開始され、(B)乙が、一部債務不履行(商品の一部が、欠品)を、発生させ、(C)乙が、自らの居所を、明かさず、(D)『欠品の部分を、送付する』との名目で、甲の住所を、先行的に、聞き出そうと、試みられ、(D)応じなければ、欠品のままでの取引を、甲が、追認を、行ったと、見なす旨を、告げられ、(E)後に、原告から、取引の解消を、申出て、それに、被告も、応じたが、(F何故か、発送先に、乙の居所(東京都)から、遠方で、『在日朝鮮・韓国人が、比較的に、多く、住んでいる』と、言われている、神奈川県の某所に、在る、郵便局へと、『局留め』で、指定されつつ、その理由も、法廷内で、弁明されず、(G)更に、『局留め』の対処には、『乙の居所が、郵便局から、求められる』が、甲には、不明と、成っているので、送れない』との事から、提訴するに、至っている」が、判決書では、甲の主張における、(A)、(F)、(G)の部分(提訴の主原因)が、無視された(判決の対象に、成って、無い)、判決と、成っている。

 また、外に、第二回 口頭弁論後、法廷内で、甲が、乙に、「甲と、『令和元年(ワ)第1106号』で、争われている、政治的集団との関係を、釈明するように、求めたら、『過去に、関係が、有ったが、現在は、無い』との返答を、得ている」が、『令和元年(ワ)第1106号』の提訴時における、甲からの証拠では、本件の乙が、顔写真付きで、学歴などの経歴を、含めた、紹介が、政治的集団の Website 上で、行われていた事が、立証されている

 更に、「担当書記官、主任書記官による、事務的な対応上での不作為などが、多く、生じており、既に、令和元年(ワ)第1734号令和元年(ワ)第1735号等、提訴されている」が、後にも、関連の事件を、提訴する、準備中。

 外に、本事件で、甲は、乙から、公然と、侮辱されるような主張を、『(a)答弁書、(b)準備の書面、(c)法廷内での主張』で、行われた事から、改めて、それらの個々に、慰謝料の請求を、行う事も、準備中。

 なお、「本件の担当裁判官も、判決書を、介する形式で、甲の侮辱を、試みた」と、判断、別事件で、国へと、『慰謝料、損害賠償請求の請求』等を、行う。

再審の手続き - 令和元(皇紀 2679;2019)年08月20日

 本件は、再審の手続きを、行う。

書類の作成

慰謝料の請求

 「本件の担当裁判官は、判決書を、介する形式で、原告の侮辱を、試みた」と、判断。

 よって、慰謝料の請求を、行う。

  • 参考

関連する書記官との対話(音声)

(準備中)

成果

後書き

関連する法規

民事訴訟法(電子的政府

平成二十九年六月二日公布(平成二十九年法律第四十五号)改正

第二条(裁判所及び当事者の責務)

 裁判所は、民事訴訟が公正かつ迅速に行われるように努め、当事者は、信義に従い誠実に民事訴訟を追行しなければならない。

閲覧数 総計:46 今日:1 昨日:0


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-18 (月) 13:18:29 (7h)