Top / 自由な研究 / 訴訟 / h31 / 少コ8

代金返還請求、及び損害賠償請求 事件

平成31年(少コ)第8号

口頭による訴えの提起(民事訴訟法 第二百七十一条

 約1時間30分を、要するに至った。

関連する課題

書式の設定

  • 原告
  • 被告
      • Yahoo!auctions 出品者
  • 担当裁判体
      • 立川簡易裁判所

立川簡易裁判所

  • 担当裁判官
    • 羽山 秀樹(はやま ひでき) - e-hoki
  • 担当書記官
    • 福島 栄子(ふくしま えいこ)
  • 『口頭による訴えの提起』を、受けた書記官
    • 赤池 義美(あかいけ よしみ)

概要

訴訟の費用

訴額1000円
郵券の予納****円

経過

甲から、丙へ、提出を行った書類、連絡など

平成31(皇紀 2679;2019)年01月28日 - 提出

  • 口頭による訴えの提起(民事訴訟法 第二百七十一条
  • 証拠
    • 甲第一号証
      • 取引の証拠

平成31(皇紀 2679;2019)年01月30日 - 連絡

  • [準備の書面]
    • 1
      • 「提出の用意が、有る事」を、伝えた。
      • 丙が、「乙は、刑事に、着手を、行った」と、判断を行える時は、『職権で、告発を、行う事』(刑事訴訟法 第二百三十九条)を、伝えつつ、それを『準備の書面』にも、記す事を、伝えた。
  • [証拠]
    • 甲第二号証
      • 「提出の用意が、有る事」を、伝えた。

平成31(皇紀 2679;2019)年02月06日 - 提出

  • [証拠]
    • 甲第二号証
      • 支払いの証拠
  • [準備の書面]
      • 移送の件
      • 訴訟の手順
      • 法廷外(裁判所を介さない)での和解を、拒絶する件
      • 丙が、「乙は、刑事に、着手を、行った」と、判断を行える場合に付いて(刑事訴訟法 第二百三十九条
  • [願い申出書]
      • 外事件(平成31年(ワ)第153号)と、同一の裁判体で、される事。
      • 送達物を、全て窓口に取りに行く事。
      • 郵券の予納 - 現金、半額
      • 甲へ、連絡を行う時間。
  • [訴訟の記録]
    • 謄写
      • 口頭での訴え等

提出の準備中断

  • [事情説明書]

丙からの決定、命令、連絡など

平成31(皇紀 2679;2019)年02月06日 - 手交

  • [送達]
    • 通知書
      • 通常訴訟手続への移行
    • 決定書
      • 移送の決定 - 東京地方裁判所 立川支部

平成31(皇紀 2679;2019)年02月13日 - 連絡 <移送後> 

  • [東京地方裁判所 立川支部の番号]
  • [郵券予納分に付いて]
    • 現金での扱いに付いて、準備が、完了。
  • [担当する裁判体に付いて] - 要望書に付いて
    • 要望に叶わないが、『民事 第三部』で、扱う。
      • 担当と成った書記官の名
      • 担当と成った裁判官の名

判決

補足

書記官との対話(音声)

成果

後書き

関連する法規

民事訴訟法(電子的政府

平成二十九年六月二日公布(平成二十九年法律第四十五号)改正

第六十八条(和解の場合の負担)

 当事者が裁判所において和解をした場合において、和解の費用又は訴訟費用の負担について特別の定めをしなかったときは、その費用は、各自が負担する。

第七十二条(和解の場合の費用額の確定手続)

 当事者が裁判所において和解をした場合において、和解の費用又は訴訟費用の負担を定め、その額を定めなかったときは、その額は、申立てにより、第一審裁判所(第二百七十五条の和解にあっては、和解が成立した裁判所)の裁判所書記官が定める。この場合においては、前条第二項から第七項までの規定を準用する。

第八十九条(和解の試み)

 裁判所は、訴訟がいかなる程度にあるかを問わず、和解を試み、又は受命裁判官若しくは受託裁判官に和解を試みさせることができる

第二百七十条(手続の特色)

 簡易裁判所においては、簡易な手続により迅速に紛争を解決するものとする。

第二百七十一条(口頭による訴えの提起)

 訴えは、口頭で提起することができる

第二百七十二条(訴えの提起において明らかにすべき事項)

 訴えの提起においては、請求の原因に代えて、紛争の要点を明らかにすれば足りる。

第二百七十三条(任意の出頭による訴えの提起等)

 当事者双方は、任意に裁判所に出頭し、訴訟について口頭弁論をすることができる。この場合においては、訴えの提起は、口頭の陳述によってする。

民法(電子的政府

第四百十五条(債務不履行による損害賠償)

 債務者がその債務の本旨に従った履行をしないときは、債権者は、これによって生じた損害の賠償を請求することができる。債務者の責めに帰すべき事由によって履行をすることができなくなったときも、同様とする。

第四百十六条(損害賠償の範囲)

 債務の不履行に対する損害賠償の請求は、これによって通常生ずべき損害の賠償をさせることをその目的とする。

二項
 特別の事情によって生じた損害であっても、当事者がその事情を予見し、又は予見することができたときは、債権者は、その賠償を請求することができる。

第四百十七条(損害賠償の方法)

 損害賠償は、別段の意思表示がないときは、金銭をもってその額を定める。

刑法(電子的政府

平成三十年七月十三日公布(平成三十年法律第七十二号)改正

第二百五十二条(横領)

 自己の占有する他人の物を横領した者は、五年以下の懲役に処する。

二項
 自己の物であっても、公務所から保管を命ぜられた場合において、これを横領した者も、前項と同様とする。

第二百五十三条(業務上横領)

 業務上自己の占有する他人の物を横領した者は、十年以下の懲役に処する。

刑事訴訟法(電子的政府

平成二十九年六月二十三日公布(平成二十九年法律第七十二号)改正

第二百三十九条

 何人でも、犯罪があると思料するときは、告発をすることができる。

二項
 官吏又は公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、告発をしなければならない
閲覧数 総計:36 今日:2 昨日:0


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-01 (水) 20:55:33 (226d)