Top / 自由な研究 / 訴訟 / r01 / モ219

担当裁判官 忌避 事件

 本件で、対象の裁判官は、「(A)令和元年(モ)第146号件で、職権の濫用を、働いた(僕から、忌避権を、奪った)裁判官の一人に、該当、(B)それ故に、令和元年(ワ)第2073号の事件を、担当する事が、解った時点で、担当の書記官に、『裁判官の意思で、回避(かいひ)する事』(民事訴訟規則 第十二条)を、請求、(C)後日の返答では、書記官から、『裁判官は、回避を、行わない』と、主張されたが、(D)意思の表示だけ(未実行:無実)だったので、(E)第一回 口頭の弁論 開廷日迄には、改まる可能性も、有ったが、(F)第一回 口頭の弁論 開廷日に、担当裁判官は、改まり、無く、登場するに、至り、(G)序に、僕が、裁判官の能力を、一般人の観点から、確認を、行ったが、『危険の回避、危機の解決』における能力に、欠けている事を、確認するに、至った」、故に、改めて、忌避を、行うに、至った、次第。

 なお、本件の理由から、既に、別事件で、僕から、慰謝料の請求を、提訴されている裁判官にも、該当する。

令和元年(モ)第219号

訴訟の費用

訴額印紙500円
郵券の予納---

関連する事件と、課題

関する、課題

  • 民事 事件の関係者に、訴状が、配転された、事 - 国(裁判所) - 日誌/進捗/令和元年度/81
    • 令和元年(ワ)第1870号

書式の設定

  • 原告
  • 被告
  • 担当裁判体

丙 東京地方裁判所 立川支部 合議

留意
 事前に、裁判体の紹介は、無かった。故に、決定書を、基に、記載。
注意
 本件の裁判体は、別事件で、『(A)異常な訴訟の指揮を、行った、裁判官が、含まれ、(B)既に、甲から、『罷免の請求』(請願)が、二度も、行われている、主任書記官』によって、決定が、行われた。
 故に、本事件関連における、丙の各行為(職権の濫用、等)は、『報復(ほうふく)、及び、甲の精神を、害する目的の工作』と、暫定(ざんてい)。本件の外にも、不法な行為の着手が、有る可能性も、疑える事から、別途で、『調査(業務の鑑査)の要請』を、相応な機関へと、行っている。
警戒
 『外事件の事情から、工作性を、疑う』に、至っている。
対処
 本件の各担当裁判官、並びに、堪能書記官を、別事件と、同等に、慰謝料の請求を、行う。
対象 例
 (編集中)
  • 合議
    • 裁判長
    • 外裁判官 A
    • 外裁判官 B
  • 担当書記官 - 主任
    • 松島 克宏(まつしま かつひろ)

経過

甲から、丙へ、事務的な連絡

甲による、丙(乙を、含む)へ、提出を、行った、書類、等

提出待

書類の作成

令和元(皇紀 2679;2019)年12月04日

  • 忌避の申出
    • 訴額
      • 印紙 500円

乙からの書類、等

丙からの連絡、送達、手交、等

令和元(皇紀 2679;2019)年12月26日 - 窓口

  • 手交
    • 決定書

令和元(皇紀 2679;2019)年12月19日 - 留守電

前提
 民事 第一部 書記官 松島(まつしま)(男と、想われる)を、名のる者から、連絡。
  • 決定が、行われた件
    • 決定書の謄本を、渡す。
      • 受取に、来られたい。
      • 指定の日迄、受取に、来なければ、郵送する。
留意
 裁判体の紹介は、無い。
不明の裁判体による、決定
 (A)担当裁判官、担当書記官が、不明だけに、留まらず、(B)民事 第一部 主任書記官は、二名共、並びに、特定の裁判官二名は、忌避の対象者と、成るが、(C)誰が、担当なのかも、不明。
補足
 甲は、「忌避権の阻害を、無くす為、『裁判体の紹介を、行う、事』を、長年に、求めている」が、民事 第一部に、限り、甲の警告、注意が、無い、場合は、裁判体の紹介が、明瞭にと、行われて、無い。なお、現行の『(a)部統括判事、(b)次席書記官、及び、次長、(c)支部長』が、他の事件例を、含め、『黙認、及び、担当書記官が、故意で、行っている』とも、暫定。
警戒
 甲は、受付時に、『民事 第一部へ、転送される事が、判った』ので、事前に、応対者へ、『口頭で、回避の請求』を、行っていた。

丙からの決定、命令、判決、等

令和元(皇紀 2679;2019)年12月19日付

  • 主文
    • 本件申立てを却下する。

補足

 - 庶務 第二課

  • 民事予納金 還付
    • ***円
      • 証明申請雨書
  • 郵券の予納 返還

記録

甲による、謄写

書記官との対話(音声)

成果

後書き

関する、法規

日本国 憲法(電子的政府

昭和二十一年 憲法

前文 第二段落目

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

第十七条

 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。

第九十九条

 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

民法(電子的政府

公布
 平成三十年七月十三日|
改正
 平成三十年 法律 第七十二号

第四百十五条(債務不履行による損害賠償)

 債務者がその債務の本旨に従った履行をしないときは、債権者は、これによって生じた損害の賠償を請求することができる。債務者の責めに帰すべき事由によって履行をすることができなくなったときも、同様とする。

第四百十六条(損害賠償の範囲)

 債務の不履行に対する損害賠償の請求は、これによって通常生ずべき損害の賠償をさせることをその目的とする。

二項
 特別の事情によって生じた損害であっても、当事者がその事情を予見し、又は予見することができたときは、債権者は、その賠償を請求することができる。

第四百十七条(損害賠償の方法)

 損害賠償は、別段の意思表示がないときは、金銭をもってその額を定める。

第七百九条(不法行為による損害賠償)

 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

第七百十条(財産以外の損害の賠償)

 他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。

第七百二十二条(損害賠償の方法及び過失相殺)

 第四百十七条の規定は、不法行為による損害賠償について準用する。

二項
 被害者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の額を定めることができる。

第七百二十三条(名誉毀 損における原状回復)

 他人の名誉を毀 損した者に対しては、裁判所は、被害者の請求により、損害賠償に代えて、又は損害賠償とともに、名誉を回復するのに適当な処分を命ずることができる。

民事訴訟法(電子的政府

公布
 平成二十九年六月二日
改正
 平成二十九年 法律 第四十五号

第二条(裁判所及び当事者の責務)

 裁判所は、民事訴訟が公正かつ迅速に行われるように努め、当事者は、信義に従い誠実に民事訴訟を追行しなければならない。

裁判所法(電子的政府

公布
 平成二十九年六月二十一日
改正
 平成二十九年法律第六十七号

第六十条(裁判所書記官)

 各裁判所に裁判所書記官を置く。

二項
 裁判所書記官は、裁判所の事件に関する記録その他の書類の作成及び保管その他他の法律において定める事務を掌る。
三項
 裁判所書記官は、前項の事務を掌る外、裁判所の事件に関し、裁判官の命を受けて、裁判官の行なう法令及び判例の調査その他必要な事項の調査を補助する。
四項
 裁判所書記官は、その職務を行うについては、裁判官の命令に従う。
五項
 裁判所書記官は、口述の書取その他書類の作成又は変更に関して裁判官の命令を受けた場合において、その作成又は変更を正当でないと認めるときは、自己の意見を書き添えることができる。

刑事訴訟法(電子的政府

公布
 平成二十九年六月二十三日|
改正
 平成二十九年 法律 第七十二号

第二百三十九条

 何人でも、犯罪があると思料するときは、告発をすることができる。

二項
 官吏又は公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、告発をしなければならない。

刑法(電子的政府

公布
 平成三十年七月十三日
改正
 平成三十年 法律 第七十二号

第百九十三条(公務員職権濫用)

 公務員がその職権を濫用して、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害したときは、二年以下の懲役又は禁錮に処する。

第二百二十三条(強要)

 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。

二項
 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
三項
 前二項の罪の未遂は、罰する。

国家賠償法(電子的政府

昭和二十二年 法律 第百二十五号

第一条

 国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員が、その職務を行うについて、故意又は過失によつて違法に他人に損害を加えたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責に任ずる。

二項
 前項の場合において、公務員に故意又は重大な過失があつたときは、国又は公共団体は、その公務員に対して求償権を有する。

第二条

 道路、河川その他の公の営造物の設置又は管理に瑕疵があつたために他人に損害を生じたときは、国又は公共団体は、これを賠償する責に任ずる。

二項
 前項の場合において、他に損害の原因について責に任ずべき者があるときは、国又は公共団体は、これに対して求償権を有する。

第三条

 前二条の規定によつて国又は公共団体が損害を賠償する責に任ずる場合において、公務員の選任若しくは監督又は公の営造物の設置若しくは管理に当る者と公務員の俸給、給与その他の費用又は公の営造物の設置若しくは管理の費用を負担する者とが異なるときは、費用を負担する者もまた、その損害を賠償する責に任ずる。

二項
 前項の場合において、損害を賠償した者は、内部関係でその損害を賠償する責任ある者に対して求償権を有する。

第四条

 国又は公共団体の損害賠償の責任については、前三条の規定によるの外、民法の規定による。

第五条

 国又は公共団体の損害賠償の責任について民法以外の他の法律に別段の定があるときは、その定めるところによる。

第六条

 この法律は、外国人が被害者である場合には、相互の保証があるときに限り、これを適用する。

国家公務員法(電子的政府

公布
 平成二十七年九月十一日
改正
 平成二十七年 法律 第六十六号

第九十九条(信用失墜行為の禁止)

 職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

民事訴訟規則 - 最高裁判所

交付
 平成8年12月17日 最高裁判所 規則 第5号
改正
 平成27年6月29日 最高裁判所 規則 第6号

第十二条(裁判官の回避)

 裁判官は、法第二十三条(裁判官の除斥)第一項又は第二十四条(裁判官の忌避)第一項に規定する場合には、監督権を有する裁判所の許可を得て、回避することができる。

第十三条 (裁判所書記官への準用等・法第二十七条)

 この節の規定は、裁判所書記官について準用する。この場合において、簡易裁判所の裁判所書記官の回避の許可は、その裁判所書記官の所属する裁判所の裁判所法(昭和二十二年法律第五十九号)第三十七条(司法行政事務)に規定する裁判官がする。

閲覧数 総計:66 今日:1 昨日:1


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-30 (月) 15:35:53 (159d)