Top / 自由な研究 / 訴訟 / r01 / ワ1003

『侮辱』に伴う損害賠償請求 事件

 原告は、本件の被告から、本事件に、関連する事件(平成31年(ワ)第243号)で、答弁書を、用いて、侮辱された。

 よって、原告は、被告へ、侮辱に伴う、慰謝料の請求(損害賠償請求)を、行う。

補足
 本件は、併合的な処理を、了承されている。

令和元年(ワ)第1003号

  • 提起
    • 令和元(皇紀 2679;2019)年05月08日

関連する、課題

関連する事件

書式の設定

東京地方裁判所 立川支部

留意
 平成31年(ワ)第243号と、同じ。
  • 担当裁判官
  • 担当書記官 - 主任書記官
    • 高本 敬之(たかもと ひろゆき)

概要

訴訟の費用

訴額1000円
郵券の予納****円

経過

甲から、丙へ、事務的な連絡

甲による、丙へ、提出を、行った、書類、等

乙からの書類、等

丙からの連絡、送達、手交、等

令和元(皇紀 2679;2019)年05月17日 - 連絡

  • 平成31年(ワ)第243号と、併合的な処理
    • 要望は、承諾。
      • 予納する郵券は、『平成31年(ワ)第243号』と、同じ、扱い。
  • 答弁書
    • 乙から、提出された。
      • 甲に、渡す準備も、完了、取りに、来られたい。
      • [甲からの返答] - 答弁書は、開廷日の当日に、受取る。
  • 乙の出廷
    • 丙は、乙から、「出廷する」との予定を、聞いている。
      • 第一回 弁論

令和元(皇紀 2679;2019)年05月21日 - 窓口

  • 送達
    • 乙の答弁書
      • 令和元(皇紀 2679;2019)年05月17日付
  • 手交
    • 事務の連絡
      • 令和元(皇紀 2679;2019)年05月10日付分
      • 併合の決定

開廷

第一回 弁論 - 令和元(皇紀 2679;2019)年05月21日

  • 和解
    • 甲からの請求を、乙は、全て、受け入れる。
    • 甲は、乙から、法廷内で、謝罪の行為を、受けた。
      • 甲は、乙の謝罪に、基づき、慰謝料請求額(五万円)の内、二万円を、減額する(実質的な慰謝料請求額は、三万円)。
  • 訴訟の費用
    • 双方で、生じた費用は、各自の負担。

丙からの決定、命令、判決、等

和解 - 令和元(皇紀 2679;2019)年05月21日

記録

書記官との対話(音声)

成果

後書き

関連する、法規

民法(電子的政府

平成三十年七月十三日公布(平成三十年法律第七十二号)改正

第四百十七条(損害賠償の方法)

 損害賠償は、別段の意思表示がないときは、金銭をもってその額を定める。

閲覧数 総計:65 今日:1 昨日:0


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-22 (水) 15:22:15 (74d)