Top / 自由な研究 / 鑑査 / 一般請願

請願の方法

 憲法・第十六条により民へ権利が与えられ、それに基づく法規によって規制されている。

請願権

 主に、憲法・第十六条の存在を意味する。

請願法

 憲法・第十六条の基に施行された法律を意味する。

第一条第一項請願については、別に法律の定める場合を除いては、この法律の定めるところによる。
第二条第一項請願は、請願者の氏名(法人の場合はその名称)及び住所(住所のない場合は居所)を
記載し、文書でこれをしなければならない。
第三条第一項請願書は、請願の事項を所管する官公署にこれを提出しなければならない。
天皇に対する請願書は、内閣にこれを提出しなければならない
第二項請願の事項を所管する官公署が明らかでないときは、請願書は、これを内閣に提出することができる。
第四条第一項請願書が誤つて前条に規定する官公署以外の官公署に提出されたときは、その官公署は、請願者に
正当な官公署を指示し、又は正当な官公署にその請願書を送付しなければならない。
第五条第一項この法律に適合する請願は、官公署において、これを受理し誠実に処理しなければならない。
第六条第一項何人も、請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。

各種の請願

一般的な請願

 基本的に個人でも請願を行え、『(一)書面で行い法に定められた必要事項を(請願法・第二条、第一項)、(ニ)請願の事項を所管する官公署宛、天皇陛下に対する請願書では、内閣宛*1に成る』との対応と成る。

公務員の罷免

 公務員の罷免は、請願形式で行われる。

  • 公務員の./罷免

嘆願

閲覧者数 今日:1 昨日:1

*1 宮内庁でも受けるが、内閣へと転送される(請願法・第三条、第四条)。これは、「総理大臣(民の大代表者)から、陛下にと渡される形式を建前とする」からだと想われる)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:52:07 (368d)