Top / 自由な研究 / 防災 / 地震予測

趣旨

 私の個人的な研究から、地震の予測をかなり高い確率で行えるように成ったので、その情報を公開する。

 なお、仮に地震の発生が解っても、それを公開する事が必ずしも良い とは、人間関係上の倫理的観点から想ってないので、公開をひかえることがあり、 そもそも自衛的に一般人でも予測が行え、災害に備える事が可能であると 言う程度を立証する為に、本頁を作った。

他の情報源

  1. 地震調査研究推進本部事務局 - 文部科学省研究開発局地震・防災研究課 
    1. 確率論的地震動予測地図

予測

 基本的に、私が居住する地域において、震度5以上の発生を警戒する予測である。つまりは、広くても関東地方と、それに隣接する関東以外の県で発生する予測と成る。また、沖合いも含まれる。

回数警戒する期間震源方面予測の対象発生の有無
0101月11日16:10~01月18日千葉、茨城、東京(各沖合いを含む)*2、人*3、公*4
0201月11日19:25~01月18日西日本*5*6
0301月25日16:30~02月02日千葉、茨城、東京(各沖合いを含む)鳥、公*7
0402月04日10:00~02月11日国内の領域公、月




0502月11日16:35~02月18日千葉、茨城、東京(各沖合いを含む)*8*9
06観測中
07
08
09
10
平成27年度 - 準警戒年度


  • [注意]
    1. 関東圏では、震度の予測から下方に2以上の差がある時は、記録を行わない。
      • なお、震度2以下の地震しか発生しなかった場合は、初めに発生した地震で記録をする。
  • [東日本地域での地震に付いて]
    • 北関東地域では、既に「大きな地震が発生する」と公的機関なども予測を公表している。
    • [警戒地域]
      1. 北海道、東北(沖合いを含む)
      2. 北関東
      3. 静岡(沖合いを含む)
  • [西日本に付いて]
    • 『南海とらふ』などの予測も有るが、個人的な生活管理における予測の範疇外。

大型地震の警戒を要する地域

 主に、群発的な地震が発生している地域。

宮城県
福島県
茨城県北部(沖合いを含む)
千葉県(沖合いを含む)
栃木県北部
岐阜県飛騨地方
岩手県

地球上の全体規模における地殻変動など

 主に太陽活動に伴う予測に成るが、震源地の予測が(私的に)行えない。でも地質学者などであれば、太陽活動に限らず、『重力などの関係からでも予測が行える』のかと想われる。

 また、Proton現象による影響では、「地殻の変動だけでなく火山の噴火など、地球内部の活動が活発化する」のかとも、個人的に判断をしている。

 なお震度に付いては、基本的に『5以上』の予測である。

  • [記号]
    • は、火山の発生を意味する。
回数警戒する期間予測の対象発生の有無
(火山の噴火など:AFP BB NEWS)
01
観測中
02
03
04
05
06
07
08
09
10
平成26年度 - 準特別、警戒年度

Proton(プロトン)現象

goes-proton-flux.gif

統計

  1. 予測中の内容を、含まない。
    1. 予測の期間から、一週間以上を経過している結果を確定値とする。
  2. 予測の回数と、発生回数では、その値が等しく有りません。
    1. 予測期間中に複数発生する事が有る
      1. 余震など

国内(関東)

予測数×
5140010400

地球上における全体の規模

予測数×
00000
    • 他の自然災害

過去の予測

記号

 予測表の記号における Link 先は、tenki.jp の『 災害情報>地震情報 』です。

  • ◎ - 予測の的中。
    • 方向、震度の的中。
    • 震度が5以上。
  • 〇 - 予測の準的中。
    • 方向の的中。
    • 震度が3以上、5未満。
  • △ - 発生したが、震源方向の的確性に欠ける。
    • 予測した方面に隣接した地域で発生。
      • 震度が3以上、5未満。
  • ▲ - 予測した震源方向の近隣地域で大型の地震が発生。
    • 震度5以上
  • □ - 発生したが、震度が2以下
    • 基本的に震度5以上を予測する事を目的にしているので、震度2以下の発生を意味する
      • 該当が多発する事も有るので、基本的に関東地区では、詳細の記載を行わない
    • 既に『 X 』以外の記号が該当している場合には、追記しない。
  • X - 発生が無い。
  • ● - 予測(警戒)期間の後、一週間未満(注意期間中)に、震度3以上が発生した。
    • 新たな予測が無ない場合に限る。
  • ◇ - 予測(警戒)期間の後、一週間未満(注意期間中)に、予測した地域に近隣する地域で、中型の地震が発生。
    • 震度3以上、5未満
  • ◆ - 予測(警戒)期間の後、一週間未満(注意期間中)に、予測した地域に近隣する地域で、大型の地震が発生。
    • 震度5以上

予測の対象

  • [気象、自然現象]
    •  - 地震雲など。
    •  - 太陽活動が活発化。
      • P - Proton現象の発生。
    • A - Aurora(オーロラ)は、太陽活動の活発化によって生じる自然現象で、その目安と成る。
      •  - 電波障害。
    • 差しの状態
      • 日差しの状態に異変が有る。
  • (つき)
    • 満月
      • 引力の関係から地殻変動が生じやすいと想われる。
      • 人間関係に摩擦が生じる。
      • 交通事故、犯罪が増加する。
  • [地震]
    •  - 群発な地震
      • 大型の地震が発生する前後に、極小、小、中規模の地震が連続的に発生する。
  • [動物など]
      1. 烏(からす)の鳴き方*10
      2. 最近*11に椋鳥(むくどり)の鳴き方でも解るように成った。
    •  - 魚の異常行動。
      1. 海、川に限らず魚の活動に異変が見られる事がある。
      2. 室内などで飼育されている水槽の魚でも見られることが有る。
    • 異常なけさ
      • 他の生物達などを含めて、奇妙な(他の生物達が何かに怯えるような)静けさを感じる。
    • 間の関係
      1. 『満月の狂気』と等しく、地震の発生前に、人間関係が乱れる事が有る。
      2. 人によって、『頭痛や倦怠感、憂鬱な気分、攻撃的に成る』など感情の乱れが生じ、地震が発生すると治る。(震度4以上の時に、見られる傾向*12
    • 訃報(ふほう)
      1. 報道機関からの情報で、有名人の訃報が増える。
  • [電波の状況] -  太陽活動が活発な時には、異変が生じる。
    • A無線(周波数帯) - Amateur無線
      • 145MHz帯の電波状況における変化で予測が行えると言われているので、観測の対象としている。
      • 430MHz帯の電波状況における変化で予測が行なえるのかを調査中。*13
      • 他の周波数帯も、観測対象と成っている。
    • R - Radio
      • 太陽活動が活発な時には、Radio(ラジオ)の受信感度も低下する。
  • [公的機関の活動]
    •  - 特定機関の観察
      • 大き目の地震が発生する情報を得ている場合には、特殊な動きが有ると判断している。

観察の対象

 『宏観の異常現象』とも呼ばれる。(参照 Wikiepdia

気象

  • 雲 - 地震雲の発生 - Wikipedia
  • 太陽活動 - 太陽活動が活発だと、その後に電波障害など、地球に及ぼす影響が多く、その一つに地震も含まれると判断しており、簡易的な観察を行っている
    • Aurora(おーろら) - 太陽活動の影響で発生する
      • 太陽活動の活発度合いを把握することの目安にも成る現象である - Wikipedia
    • 電波障害 - 太陽活動の影響による目安と成る
      • 私が所有をしている無線機(送受信機、受信機)で観測される電波状況の変化を基に判断する。なお現在は、「一般人でも所有が可能なAM、FMのRadio(ラジオ)で、地震を予測することが可能なのか?」との課題を基に、調査中を行っている。

動物、植物など

  • 烏(からす)の鳴き声
  • 魚の異常行動
    1. 昔から、「深海魚が頻繁に浮上していると、後に大きな地震が発生をする」っと言われている。
    2. 海豚(いるか)、鯱(しゃち)、小型の鯨(くじら)等が集団で、砂浜に打ち上げられる。
      • 現象的には、「むしろ、砂浜から地上に上がろうとする」ような状態で、海へと返そうとしても、戻って来てしまう事が多く、その現象を「他の仲間が砂浜に居るので、戻って来てしまう」とも言われている。

他の観察対象

 他の観察を行うことでも予測が行えるのかと判断しており、以下が観察の対象に成っている。

とある公共機関

 実は、とある公共機関が、大きめの地震が発生する以前に、訓練を行っている可能性がある。  つまり特定の公共機関は、事前に地震の発生を把握している可能性がある。  しかし、その事実性に付いて私が個人的に追求する必要性や、経済性の倫理などに伴う観点からも義務が無いのかと判断しています。 よって興味が有る人は、自分達で調べて下さい。

  • 平成25年度より、観察の対象に加えた

Auroraの発生に付いて

 太陽活動が活発に成ると、太陽風が発生する関係からAurora現象も生じ、それを目安に地殻変動の活発化も予測されるので、簡易的な観察中である。

  • 簡易的な観察期間
    1. [開始] - 平成24年01月01日
      1. [終了] - 平成24年12月31日 (予定)
      • [結果] - Internetを通して他者が観測している内容を閲覧して観測する予定だったが、手が回らなかった。またの機会に検討する。

電波の状況

 電波の関係では、二種の観測視野が有る。

  1. 太陽風による影響
    1. Auroraの発生原因にも有るが、地殻の活動も活発化するのかと想われる。
  2. 地殻の変動により生じる電磁状況
    1. 活断層など、地殻の変動生じる『大規模な地形的圧力により生じるEnergy(エネルギー)の影響』で、電波が乱れる。
      1. これは、『(仮説に伴う)観察の段階』にあって、まだ正式に予測の為の観察対象としてない。 - 平成25年01月16日

他の情報

地震の発生が多い地域

閲覧者数 総計:1269 今日:1 昨日:0


*1 平成25年12月07日から
*2 01月16日の昼頃から、むっく一家が騒がしく成っている
*3 01月15日から確認
*4 01月15日から確認
*5 静岡県から西
*6 01月11日19:11より、電波の乱反射を確認:29MHz帯
*7 27日に確認
*8 11日10時頃に確認
*9 16日16:50頃に確認
*10 『生ごみ』の回収日には、『ごみ』に群がる関係から騒がしくなる事が有るので、注意をされたい
*11 平成25年02月02日現在
*12 平成25年12月07日現在での判断
*13 大方で可能であると判断している:平成24年12月21日現在

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:52:10 (544d)