Top / 自由な研究 / 防犯

趣旨

課題

調査(自警を兼ねる)

一般的な不当、不法行為への対処

Inter Net

不良集団の抑制

 不良集団の粉砕方法として、中学生時期の少年達が、比較的にと集まっている地域で、不良な素行が見られる場合には、告発しておく必要があり、初期に集合点を根絶しておくと不良な素行を抑制することが可能であることも解っています。

 逆に、野放しにしておくと、不良な素行が悪化する傾向にあり、青年期に不良活動が活発化するようです。

 私の場合は、中学生時期に集まって不良な素行を見せる少年達を観察しつつ、煙草の喫煙、改造車両などの公園乗り込みを発見すると、告発の対象とします。

 煙草や恐喝、虐めなど、緊急性の有る場合には、「おう♪おう♪」っと、乗り出して行く事も有りますが、最近だとStealth(すてるす)活動が主なのでさり、気なく、110番通報する。

戦略

Stealth(すてるす)活動の効果

 意外に効果的で、悪意ある行為者が、誰から通報されたかも不明確であるが、どこで監視、目撃されて通報されたか不明確となり、悪意ある行為が監査されていると想わせることが可能。

 ちなみに、それを逆手に取った集団的な嫌がらせで言う、Anchoringがある。

情報

警視庁

その他

告訴、告発



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:52:10 (342d)