Top / 自由な研究 / 集団的な嫌がらせ

趣旨

 集団性が感じられる嫌がらせ(Harassment)の現象に付いて、 色々と調査を行いました。

 Internet上では、『 集団ストーカ 』と記されていますが、 語句の意味合いから不適切であり、『集団性の感じられる嫌がらせ』 と解するのが適切だと判断をしています。

 また、我国で言う所のStalker(すとーかー)行為等の規制等に関する法律があります。(参照 - Wikipedia

 集団的な嫌がらせを受けた者は、精神的な被害を受けるとされ、 被害者にとってかなりの苦痛となるようです。

 そうした被害を避ける必要もありますが、防御が難しいとの事が 指摘をされています。

 こうした人間関係における工作ですが、不当、不法性などが 問われつつも、摘発、告発に付いては、難しいようです。

 尚、人間関係が孤立して自己の精神理性を保てない状態に陥ると、 何だかの人間関係上における不具合(不信など)が生じます。が!

 その精神的に弱った時が、洗脳や服従をさせる最も効率の好い機会と なっており、基本的な人間関係における絆の深まる要因とされてます。

 ちなみに日本の国民には、憲法や法律があるのだから、何だかの宗教、主義にと過剰に頼る必要も無いのですが、それらを阻害しつつ、逆手にとって「人を経済的な観点から救済する名目で、同胞集めをするのが、近年における宗教団体、政治団体などの特徴」に成っています。

誤解

 既に精神的な病(統合失調症など)に陥っている場合は、何でもが 『 集団性のある嫌がらせ 』と判断してしまい、悪化すると鬱病に なって、自殺、自傷など、日常生活において不健全で且つ不本意なる 行動を行ってしまう状態に陥るようです。

 逆に、統合失調症へと陥らせれば、相手に何だかの被害を与えると 言うことが可能になる。

探偵などによる尾行

 普通は、尾行などをされていることに気付かれないように追尾者が注意をしたり、 相応の技能を身に付けます。

 しかし下手な追尾者などによって、尾行を察知されことが有る。

 逆に、「的(相手)に対して、追尾されていることを、露にして、 何だかの不安感を抱かせる」ことが目的のこともある。

 よって大枠で、下記の二種がある。

  1. 尾行
    • 下手な尾行
  2. 心理戦での追尾
    • 精神的に追い込む時などに行われる。
    • [例外] - 統合失調症に陥っていると、自然的な人間関係で生じる現象でも、Allergy(あれるぎー)的に過敏と成って、更なる不安や恐怖心を抱いてしまう事がある。
    • ちなみに、反世間的(つまり世間不信)を抱かせるのは、意外に簡単な人間関係における工作で抱かせることが可能な事が判っており、特に世間から孤立している民は、注意をする必要が有る。
    • [防御] - 基本的には、憲法や法律を把握しつつ、それに準じた生活をすることで、人(他人)を信じるのも好いが、まず憲法、法律を把握する事である。
      • 悪い教えに、取り込まれないように・・・w

現象

 孤立してしまった個人や家庭などに対して、周囲の人から排他的 行為など受ける人間関係を意味します。

 また人は、簡単な方法で統合失調症に陥ることが解っています。

  1. 恋愛
  2. 職場
  3. 近所
  4. 政治、思想
  5. 他の人間関係的な工作

人間関係における工作

 特定の人員が、同胞に対して不利益をもたらすと解った場合、 その者を駆逐する必要が出てくる。

 また、駆逐された者は、防御を行う必要があるが、一般的に 防御術に欠けている関係から、何だかの被害を受ける事になる。

連鎖的な嫌がらせ と 集団的な嫌がらせ の違い

 『集団性のある嫌がらせ』の他に、『連鎖的な嫌がらせ』が あることも解っている。

 集団性の場合には、特定の集団を構成する人員によって発生 するが、連鎖的な嫌がらせの場合には、集団の構成員でわない不特定の人員が関与する

連鎖的な嫌がらせ

 一般的には、流布である。

    1. 近所での噂
    2. 仲間内での噂 
  1. 簡易的な仄めかし行為
    • 「○○は、××である」と該当者が接触する人員に、予め伝える。
      • また見せかけ工作があり、例えば、面識の有る付きまとい者が、買い物中に店員と世間話などをしている状態を該当者に見せ付けたり、その時に該当者の方を見るように会話すると、自然と対話の相手(本節では、店員)も、つられて視線方向を無意識に見てしまう為に、表見的に何だかの噂をされていると誤信させることがある。

付きまとわれている?

 外出すると、やたらと警察官に出会ったり、郵便局員に会うとの 現象が指摘をされている。

 しかし両方とも一般に多く見かける職務者であり、且つ、それら 人員が、特定者に付きまとうことは、無い。

 車のNumberなどを含めて、人が目に付き易い物を指定することで、 集団的な付きまといに、それらが関与をしていると過信させる為と 想われます。

 ちなみに探偵による尾行ならば、基本的に対象に解らないように 心がけているのかと想われます。

 逆に、あからさまに追跡者だと知らしめるAttacker(あたっかー: 攻撃者)であるならば、Counter Attack(つまり反撃)や、防御を 行っておく必要があるのかとも想われます。

 よって下記の項目を、ありがちな現象とした。

  1. 警察官を、よく見かける?
  2. 郵便局員を、よく見かける?
  3. 自動車のNumber
  4. 携帯電話や、Ear Phone(いやーふぉん:すてれお)Chordの色見せ付ける?

 ちなみに、工作的に行っている輩が居ても、人としての存在的には、 大したことが無く、それらを行っている人員の社会性や人間性も、適正 だと想えない。

 つまり憲法の前文で言う所の「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から 免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」との節からも、 他人に恐怖を与えるような違憲活動(非国民的な活動)を、除去する必要が あるのかとも想われます。

 また、Anchoringと言う心理を悪用して、統合失調症を誘発することを 試みる輩も居るらしい。

警察官を、よく見かける? 

 不審者として通報される可能性があります。

 嫌がらせなどの関係から近所の人が、特定の人員を発見すると、 その外見を伝えて110番で不審者の発見の通報を行うことがある。

 逆に、他人から崇められるようなVIPな人員だと、警備要員として 警察人員が配置されるらしい。

郵便局員を、よく見かける?

 一般的に郵便局員は、赤い乗り物で目立つ関係から、それらを 意識させると、世間的な不信感を抱く原因に成る。

 つまり郵便局員が、集団での付きまといに関与をしているのだと 想わせることにより、世間不信を煽りつつ統合失調症へと陥らせて いるに過ぎないと判断している。

自動車のNumber

 これは、一般的に個人の趣味で習得したりするのだが、ぞろ目の 番号だと目に付き易く、気に成り易い。

 つまり、世間不信に繋がる要素として、日常によく目にする物を 意識させることで、統合失調症を誘発させる傾向にあるようです。

携帯電話や、Ear Phone(いやーふぉん:すてれお)Chordの色見せ付ける?

 携帯電話を見せ付けたり、Ear Phone Chordの色を見せ付けたりするなど 色々とあるようですが、基本的に目を合わせてくるのが特徴です。

 人は、目と目が合うと「知人かな?」っと言う観点から、その特徴を探る 傾向にあります。

 そうした人の心理を踏まえて、監視されている意識を抱かせる輩も居る ようです。

 逆に、怪しい奴が居たら、110番で通報するのも手段かと想われ、私の場合には、 かなり告発していますが、報復的に告発されてたりすることも、あったようです・・・w

(つまり不審者発見に伴う110番通報をされて、警察官の監視を受けることがある)

落とし込み

 人を、何だかの状況に落とし込めることを意味する。

 人間関係で、「何だかの目的結果を得るために、他人を 陥れる」など、不当、不法性の高い事件も有るようです。

 なお、政治、宗教、過剰な仲間意識(同朋意識)によって、 特定の人員を排他しつつ、行われる事も有るようです。

公務員による、落とし込み

 裁判所、警察など、行政機関として『 法 』を主張する職務に 携わっている人員は、その人格形成において、特徴的な落とし込み などを展開する事が有ります。

 逆に、その行為が単純なので、行為者の学歴、地位などの背景も 見えてくる事があります。

 ちなみに悪質的(明らかに、違憲、不法)な行為は、告発をする 予定です。

裁判所で経験した、落とし込みに近いHarassmentの特徴

 基本的に軽蔑的な対応をされることが多かったのですが、それらの主原因が「公務員側で、(A)対応能力に欠けており、(B)威厳的な対応や、(C)何だかの手段で相手を憤慨させ、対応関係を破綻させる」との事が多かった。

 それらの行為を行えば、倫理的な観点から公務員職権濫用罪(Wikipedia:刑法)や、信用失墜行為(国家公務員法・第99条)が問われ、「公共職員が故意に相手の心情を憤慨させ、発言など権利行使を阻害する」などを意味する。

資料

 昔から公共機関と民の間で生じる事柄ですが、それらが映画 でも解り易く描かれています。

  • 映画
    • Terminal - 予告(Youtubu) - Wikipedia
      • [見所] - 主人公を不法入国者として、処理する為に、色々な公務員職権濫用罪 (Wikipedia)的なHarassment(はらすめんと:嫌がらせ)が展開します。

 公務員の個人的な性格における嫌がらせとして、下記がある。 ちなみに私の知る限りでは、民間企業などの人材教育で、対応した 相手に不快な想いをさせたりので、禁じられているが公務だと 容認されている・・・ことは、無い。

  • 不適切な応対事例
    1. 言われた事を繰り返して言う(おうむ返し)。
    2. 「はい、はい、はい、はい・・・」と不必要に連続して、軽率な対応をする。
    3. 発言中に、故意で咳、くしゃみ、や、雑音、騒音を聞かせて、相手の発言を中断させたり、不快な想いをさせる。
    4. 相手を感情的に怒らせた後、「続けて下さい♪、言って下さい♪」など発言を強要する。 - 最高裁判所の広報課(電話問合せ)で体験した。

Internet上での情報

 以下の種類が大枠である。

  1. 探偵
  2. 警察
  3. 宗教関係
    1. 創価学会
      • 検索をすると、多くの情報が出てくる。
  4. 在日 - 本節では、組織犯罪系で活動している輩達を意味する。(留学生など好い人も多く居ます)
    1. 韓国系
      • これは、私の実親(父)が大韓民国人と再婚した関係で、私も経験した。
    2. 中国系
  5. 指定暴力団
    1. 10年前に、『覚せい剤の乱売抑制』に関する活動で、色々と嫌がらせを受けた。
      1. [逸話1] - 覚せい剤を濫用していた暴力団関係者の女性を、うっかり男気で押し倒してしまい、それ以後において男女関係が始まった事に基づき、覚せい剤の乱売抑制(つまりは、彼女*1の救済活動)」を展開した。
      2. [逸話2] - 深夜、野菜市場での運送業に着務していた時に、同僚などが覚せい剤を濫用して運送業務を行っていたことを発見して、それらの観点から改めて、覚せい剤の乱売における抑制戦略を、再展開している。

探偵

 御仕事の関係上で付きまとう事があるようですが、法律上の観点で 相手に何だかの被害を与えることは、許されてません。

  • 参照
    • 探偵業の業務の適正化に関する法律 - Wikipedia

 なお、悪質な人間関係の工作に探偵業者が着手をしている可能性も、 有るのかと判断をしています。

警察

基本的に警察官が一般人を理由もなく付きまとわないが、下記の場合が主な監視の対象となる。

  1. 観察対象
  2. 事件容疑者
  3. 不審者として通報された場合など

 

おまけ

 ちなみに中央大学・通信教育学部の在籍中に、嫌がらせを受けた事があり、 これまた、ひどいの、なんの・・・w

 実は、犯罪心理を把握している法学系の人員による悪意ある行為などは、 一通り経験しており、経験上だと指定暴力団によるHarassmentより卑劣。

 その経験から、司法関係の公務員が、それらの特徴ある嫌がらせをすると どこの大学出身か解るのである。

 なお、独自のCounter AttackをMasterしており、攻撃者に対しては、手厳しい 私からの制裁(反撃、迎撃)を受けることに成り、攻撃者の上司が私に白旗を あげることが多く、白旗を揚げない上司は、更なる上役へと、段階にあがって行き、 部長(裁判所だと事務次官)程度まであがる事もある。

 ちなみに私のCounter Attackは、暴力団の攻撃方法を正当方法に転化した ものであるが、Sphinx戦略とも呼称している。

ちなみに・・・

 現在も、とある人達を観察中で、迷惑行為などを踏まえ、国内に居る者の告発を検討している。


*1 『地元の強か姉御だった』らしく、そんな彼女も派遣社員として働くように成り、後に別れた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:52:10 (535d)