Top / 自由な研究 / PC / 研究 Server 01

設置の趣旨 - 軍事 Simulation GAME の Server を構築

 Server 専用機での研究から、経済性(経費の削減など)の追求を前提に、PC(Personal Computer)での運用に移行を行い、研究を続ける。

運用の状況

  • 第七期 - 準備中
  • 第六期 - 平成30(皇紀 2678;2018)年02月15日から
  • 第五期 - 平成30(皇紀 2678;2018)年01月01日から
    • 中断 - 平成29(皇紀 2677;2017)年11月30日から
      • 構成の企画が更新され、IP の設定が、行えなく成った。
    • 専用機での運用へ、再移行(運用の再開)
  • 第四期
    • 再稼働
      • 平成29(皇紀 2677;2017)年05月28日から
    • 保安
      • Firewall の再設定、調整
      • IP の設定を調整 - 利用者が居る事を確認 - 平成29(皇紀 2677;2017)年05月29日
    • 中断
      • 平成29(皇紀 2677;2017)年05月21日から
      • 不正な接続における侵入の経路と成っている疑いが、有る。
    • 継続的な運用の開始
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年12月03日から
  • 第二期
    • 随時の稼働に、変更
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年09月15日
  • 第三期
    • Webserver での運用へ、移行。
    • 常時の稼働
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年05月14日から
  • 自由な研究/Server/研究/第一期 - Server 専用機での課題
    • 随時の起動で、運用を開始

関連の課題

  1. 国 Network GAME 税の設置 - 日誌/進捗/平成26年度/262
  2. 国 Network GAME 設置者に風営法を適用 - 日誌/進捗/平成26年度/263
  3. 国 仮想的現実での軍事的な訓練 - 日誌/進捗/平成28年度/8
    1. 国 仮想的現実 軍事 - 偵察機 - 日誌/進捗/平成28年度/9
    2. 国 仮想的現実 軍事-銃火器、射撃 - 日誌/進捗/平成28年度/10
      1. 国 仮想的現実 軍事 - 狙撃兵 - 日誌/進捗/平成28年度/78
    3. 国 仮想的現実 軍事 - 車両 - 日誌/進捗/平成30年度/158
    4. 国 仮想的現実 軍事 - 体感 - 日誌/進捗/平成28年度/13
    5. 調査 仮想的現実 軍事 - 医療 - 日誌/進捗/平成28年度/15
    6. 国 仮想的現実 軍事 - 無線 - 日誌/進捗/平成28年度/16
    7. 国 仮想的現実 軍事 - AI - 日誌/進捗/平成28年度/56
    8. 国 仮想的現実 軍事 - 地形 - 日誌/進捗/平成28年度/57
    9. 国 仮想的現実 軍事 - 格闘 - 日誌/進捗/平成28年度/59
    10. 国 仮想的現実 各国の現的な軍隊 - 日誌/進捗/平成28年度/98
  4. 国 仮想的現実 航空機の操縦 - 日誌/進捗/平成28年度/11
  5. 国 仮想的現実 自動車 - 日誌/進捗/平成28年度/14
  6. Server 研究 ARMA 用の Server を構築 - 日誌/進捗/平成28年度/51 - 旧課題
    1. 自由な研究/PC/研究 Server 01 - Server の運用を PC へ移行
留意
 PC Server での運用へ移行を行った後に設置された課題も有る。

Game Server 運用者に対する、設置の申告と、税の導入を推進

 近年の、Gameは、国際的な規模で言語や国境に拘らず、Internetを介して、参加が行える物が増えている。

 その中でも射幸心を煽るようなGAMEで、Serverを設置する場合は、風俗を架空に運用するにも該当すると想える。

 よって、以前に『出会い系』の運用に付いて規制の促進を行っているが、それと等しくGame Serverを運用する事に付いても、『(あ)設置の申告、(い)課税の対照』とする事を、国家(日本国)に推奨する事を検討する。

 なお、近代の世間的な現象における、NEETや、Network廃人の存在への対策を兼ねる。

ー平成28(皇紀 2676;2016)年12月11日

民間による人工知能の開発

 GAME SOFT が軍事的訓練などへと転用される事を懸念する他に、民間などによる AI(人工知能)に関する開発の事情を把握する事を兼ねる。

 既に、「 AI に付いては、外部からの誘導で洗脳が可能だ」と解っており、それらの関連からも注目される。

  • 平成28(皇紀 2676;2016)年04月01日

機体

第七期

期間開始:平成**年**月**日 ~ 稼動の状態:常時の稼働
機体Lenovo X201iCPU:Intel Core i 5 M460 2.53G X4Memory:3.7 GBHDD:160 G
OSUbuntu 18.04.4 LTS Desktop Edition ( 64 bit )用途: GAME Server*1
追加
 「 Server 機能の為だけで運用するのは、不経済に想える 」ので、BOINC も導入する。

構築、及び整備など

過去の機体と企画

第六期 専用機での運用

経緯
 Server Soft の企画が更新され、Webserver との併用だと、設定に色々な不具合が生じる事から、運用の方法を再検討。
結果
 「 Web Server、File Sserver、無線用PCの三種における予備機が有るので、それを専用機とするを決定。
期間開始:平成30(皇紀 2678;2018)年01月01日 ~ 稼動の状態:常時の稼働
機体Lenovo X201iCPU:Intel Core i 5 M460 2.53G X4Memory:3.7 GBHDD:160 G
OSUbuntu 16.04.4 LTS Desktop Edition用途: GAME Server*2
追加
 「 Server 機能の為だけで運用するのは、不経済に想える 」ので、BOINC も導入する。
  • 平成30(皇紀 2678;2018)年01月01日

第五期 Webserver との併合(統合)

 Webserverに、機能を統合(移行)。

  • 平成29(皇紀 2677;2017)年03月20日

第四期 常時の稼働を終了

 今後においては、随時の稼働に変更。

  • 平成28(皇紀 2676;2016)年09月15日

第三期 PC( Webserver ) での運用に移行

 Server の専用(業務用)機は、機体が大きい割に『(甲)耐熱性と、空冷に伴う静穏性、(乙)消費の電力、(丙)整備性』において、Note 型の PC( Personal Computer ) と比べて、「一般的な事務の部屋で管理すると言う点では、劣っている」と判断するに至った。つまり、維持費(機体の整備、部品の確保、管理などに費やされる時間や費用、並びに運営中の電気代を含む:つまり経費)を考慮すると、効率が悪い。

 僕の部屋では、夏場において比較的に高温と成る(基本的に空調機を使わない)ので、『(あ)冷却や、(う)その為に生じる騒音、(え)設備の管理や費用』を考慮すると、現状の Server 専用機を常時の稼動用の Server として使い続ける事が、経済的だと判断できない

 また、Note 型の PC だと、『(一)高温に対する耐久性があり、(ニ)冷却性、及び静穏性にも優れており*3、(三)機体の大きさとしても、Desktop 型よりも小型』など、あらゆる面で効率的だと判断するに至っている。

 ちなみに、機体の物理的な性能と言う観点では、例えば同等の性能を比較すると、『 Note 型の方が小型に成り、精密性が問われつつ、その耐久性も問われる』が、どのような物でも、小型化すると若干に劣ってしまう部分が有るのも事実だが、求められる性能に付いて、CPU(電算機部分)の世代で同時期の Desktop、Note 型、Server専用機を比較するならば、やはり優位性は、Server 専用機、Desktop、Note型の順かと想えるが、僕の実験では、もともと時代相応における過剰な最先端機能を求めてないので、それで想えば、「 Note 型の PC でも代用が行える」のかと判断するに至った。

 よって、実験用 Server は、常時の稼動を止めて、随時の稼動に変更を行い、常時に稼動する Server としては、Note 型の PC へ移行を行い、部門も PC 側へと移行を行うが、既に設定されている環境に付いては、予備や、高性能な処理(大容量の情報を処理する課題:大型の地形や、AI に高度な演算を必要とする等)が求められる課題に付いてを、非公開で実験するのに用いる。( IBM 側の Server 専用機にも、機体的な性能の比較を実験する観点から、後に同等の環境を設定する事を予定している)

  • 平成28(皇紀 2676;2016)年05月14日 - 移行の完了

第ニ期

期間開始:平成28(皇紀 2676;2016)年05月14日 ~ 平成28(皇紀 2676;2016)年09月15日稼動の状態:随時の稼働
機体Lenovo 3626RZ4CPU:Intel Core i 5 M520 2.4GMemory:4GBHDD:250G
OSUbuntu 14.04.4 LTS Server Edition用途:GAME Server *4

第一期

導入される内容の特質

 主に、以下の二点を主眼点に導入を検討する。

人工知能(AI)
広く世界中に公開をされ、多くの人達から高い評価を得ている物を導入する
開発の事情
日々に開発が進められている
地形(MAP)
架空の地形が多く作られているが、主に世界各国の地形を特徴とする内容の地図が多い
各国の特徴
地形などを、ある程度の範囲で作る込む事が可能

副課題

  1. ARMA の動向
    1. 軍事の訓練に代用されるのかを鑑査
      1. 海外で、実際に銃火器を手にとって発射を体験する事を勧める等があり、その後にSurvival GAME(サビアバルゲーム)等へと遊び感覚で誘いつつ、簡易的な軍事の体験、及び訓練へと誘導する等の人間関係の動向。
  2. 参加者の動向を観察
    1. 人間の心理、行動、経済などの観察 - 僕を含む
      1. 個人の動向を観察
      2. 大衆性の観察
  3. GAME を介して、実践的な軍事の活動へと誘導する輩を把握する
    1. 似非宗教団体
      1. 本邦では、Islam 原理主義者よりも脅威名団体が複数ある。
    2. 軍事愛好家
      1. 銃火器、軍事品の愛好家だが、それらの武器で自然や飼われている小動物の殺傷、無許可で他人の物品を破壊する人格を有する輩が居る。

BOINC の導入

 通常の起動中において、誰も利用されて無い場合でも、公益性を図れるような体制を整える為(つまり、無駄にと利用が無い状態で起動を継続させ、電気代などの経費を消費させない為に)に、BOINC を導入して公益性の貢献度を高める。

 また、BOINC への貢献として、これまでよりも高い貢献度が期待され、実際の稼動が始まれば、数倍に成るのかと想われる。

  • 設置の完了
    • 平成28(皇紀 2676;2016)年ん04月02日

併合

 Webserverとの統合を行っており、そのPCで運用を行っている。

  • 平成29(皇紀 2677;2017)年03月20日

再開

 第五から、単体の専用機に導入される。

  • 平成29(皇紀 2677;2017)年01月01日

終了、完了、中止と成った課題

MOD

 他者が作った公式の追加機能。

中止の理由 平成29(皇紀 2677;2017)年03月20日
 移行の時に純正の機能だけで運用する事を決定。

ALiVE の導入

  • [理由]
    • 以前から、他 Simulation でも、AI(Artificial Intelligence:人工知能)の動作に付いて軍事的な転用を危険視しているので、その観察を兼ねる。
  • [内容]
    • 対人的対戦の他に、自動で作成される戦場において AI が対戦をする。
      • 見方の AI も出現する。
ALiVE YouTube
  • [地形の検討] - 却下*5
    • Taviana_A3_Map
      • CBA_A3

AI系

 AI の行動が、より現実的にと行動の解析が継続的に行われつつ、随時に開発が更新をされている。

  1. A.I.S.S.
    1. 特徴
      1. AI による歩兵、機甲、航空部隊が無線で連携して、協同作戦を行うように成る。
      2. Singleplayで適用され、Server を介した Multiplay だと適用されないので、本件の課題としては、棄却する。(別課題の、AI 調査で、性能などを確認する)
  2. Realistic Tank Crew - Server への導入で不具合が発生
    1. 戦車の AI 搭乗員を現実的に仮想化

Task force Arrowhead Radio - TS3 に伴って導入される MOD

 現実の世界と同じような音声の環境(音響)を作り出しつつ、無線での交信を現実化する。

 特に、無線の利用における仮想的現実化に付いて感心を抱いている。



*1 国際的な規模で提供(公開:Internet上に公開)される 無料で利用が可能な 特定の GAME 専用の Server
*2 国際的な規模で提供(公開:Internet上に公開)される 無料で利用が可能な 特定の GAME 専用の Server
*3 連続の運用だと補助的冷却を必要も求められるが、小型の送風機(100円均一で売られているような物)でも効果が有る事が実験で解った
*4 ARMA3専用:仮想的な軍事の環境における開発を、平和的利用へと転化する事が可能なのかを研究(鑑査、観察)する
*5 別枠で、もう一つ専用の Server を設置する事に決定

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:52:03 (532d)