Top / 自由な研究 / 訴訟 / h31 / ワ153

一部債務不履行に伴う、取引の解除、並びに代金の返還、及び損害賠償請求 事件

平成31年(ワ)第153号

書式の設定

東京地方裁判所 立川支部

概要

訴訟の費用

訴額1,000円
予納を行った送料現金3,000円内 還付1,118円
切手1,300円分内 返還170円分

関連する課題

経過

甲から丙への事務的な連絡

令和元(皇紀 2679;2019)年08月19日

令和元(皇紀 2679;2019)年08月05日 - 電話

令和元(皇紀 2679;2019)年07月05日 - 電話

令和元(皇紀 2679;2019)年06月12日 - 電話

令和元(皇紀 2679;2019)年06月11日 - 電話

令和元(皇紀 2679;2019)年05月20日 - 電話

令和元(皇紀 2679;2019)年05月15日 - 電話

平成31(皇紀 2679;2019)年04月02日 - 電話

補足
 担当書記官は、不在。代わりに、主任書記官が、応対。

平成31(皇紀 2679;2019)年03月29日 - 電話

平成31(皇紀 2679;2019)年02月15日 - 電話

平成31(皇紀 2679;2019)年02月12日 - 電話

平成31(皇紀 2679;2019)年02日05日 - 電話

甲が、提出を、行った、書類など

令和元(皇紀 2679;2019)年06月13日 - 窓口

令和元(皇紀 2679;2019)年06月03日 - 窓口

令和元(皇紀 2679;2019)年05月16日 - 窓口

平成31(皇紀 2679;2019)年03月05日 - 窓口

平成31(皇紀 2679;2019)年01月28日 - 窓口

提出待

書類の作成

中断

保留

甲が、行った、謄写

令和元(皇紀 2679;2019)年08月05日

乙からの書類など

令和元(皇紀 2679;2019)年05月16日 - 窓口

丙からの連絡、送達、手交など

令和元(皇紀 2679;2019)年08月05日 - 手交

令和元(皇紀 2679;2019)年05月21日 - 手交

令和元(皇紀 2679;2019)年05月15日 - 連絡

平成31(皇紀 2679;2019)年04月16日 - 窓口

平成31(皇紀 2679;2019)年03月14日 - 連絡

平成31(皇紀 2679;2019)年03月13日 - 連絡

平成31(皇紀 2679;2019)年03月12日 - 連絡

平成31(皇紀 2679;2019)年02月21日 - 連絡

開廷

第二回 弁論 - 令和元(皇紀 2679;2019)年06月17日

第一回 弁論 - 令和元(皇紀 2679;2019)年05月16日

決定、命令など

平成31(皇紀 2679;2019)年03月14日 - 決定 - 連絡

平成31(皇紀 2679;2019)年02月21日 - 決定 - 連絡

判決

令和元(皇紀 2679;2019)年07月29日付

補足 - 令和元(皇紀 2679;2019)年08月10日 現在

 本事件は、『(A匿名の取引で、開始され、(B)乙が、一部債務不履行(商品の一部が、欠品)を、発生させ、(C)乙が、自らの居所を、明かさず、(D)『欠品の部分を、送付する』との名目で、甲の住所を、先行的に、聞き出そうと、試みられ、(D)応じなければ、欠品のままでの取引を、甲が、追認を、行ったと、見なす旨を、告げられ、(E)後に、原告から、取引の解消を、申出て、それに、被告も、応じたが、(F何故か、発送先に、乙の居所(東京都)から、遠方で、『在日朝鮮・韓国人が、比較的に、多く、住んでいる』と、言われている、神奈川県の某所に、在る、郵便局へと、『局留め』で、指定されつつ、その理由も、法廷内で、弁明されず、(G)更に、『局留め』の対処には、『乙の居所が、郵便局から、求められる』が、甲には、不明と、成っているので、送れない』との事から、提訴するに、至っている」が、判決書では、甲の主張における、(A)、(F)、(G)の部分(提訴の主原因)が、無視された(判決の対象に、成って、無い)、判決と、成っている。

 また、外に、第二回 口頭弁論後、法廷内で、甲が、乙に、「甲と、『令和元年(ワ)第1106号』で、争われている、政治的集団との関係を、釈明するように、求めたら、『過去に、関係が、有ったが、現在は、無い』との返答を、得ている」が、『令和元年(ワ)第1106号』の提訴時における、甲からの証拠では、本件の乙が、顔写真付きで、学歴などの経歴を、含めた、紹介が、政治的集団の Website 上で、行われていた事が、立証されている

 更に、「担当書記官、主任書記官による、事務的な対応上での不作為などが、多く、生じており、既に、令和元年(ワ)第1734号令和元年(ワ)第1735号等、提訴されている」が、後にも、関連の事件を、提訴する、準備中。

 外に、本事件で、甲は、乙から、公然と、侮辱されるような主張を、『(a)答弁書、(b)準備の書面、(c)法廷内での主張』で、行われた事から、改めて、それらの個々に、慰謝料の請求を、行う事も、準備中。

 なお、「本件の担当裁判官も、判決書を、介する形式で、甲の侮辱を、試みた」と、判断、別事件で、国へと、『慰謝料、損害賠償請求の請求』等を、行う。

再審の手続き - 令和元(皇紀 2679;2019)年08月20日

 本件は、再審の手続きを、行う。

書類の作成

慰謝料の請求

 「本件の担当裁判官は、判決書を、介する形式で、原告の侮辱を、試みた」と、判断。

 よって、慰謝料の請求を、行う。

関連する書記官との対話(音声)

(準備中)

成果

後書き

関連する法規

民事訴訟法(電子的政府

平成二十九年六月二日公布(平成二十九年法律第四十五号)改正

第二条(裁判所及び当事者の責務)

 裁判所は、民事訴訟が公正かつ迅速に行われるように努め、当事者は、信義に従い誠実に民事訴訟を追行しなければならない。

閲覧数 総計:235 今日:2 昨日:1


トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS