Top / 自由な研究 / 訴訟 / r01 / ワ1500

欠陥品の取引、並びに、送料過払い返還請求、及び、侮辱などに、伴う、損害賠償請求 事件

 本件の甲は、乙と、Yahoo!Auctions での取引において、(A)宅配便での発送を、求めつつ、(B)相応の料金を、支払ったが、(C)定形外で、発送され、(D)商品(Digital Eyepiece(デジタル アイピース)) の品質を、確認すると、『汚れ』か、『傷』が、数箇所も、確認されたので、(E)それ(汚れ)を、掃除、(F)改めて、品質の確認を、行ったが、(G)『Lens(レンズ) に、傷』か、『録画の画面における、ドット抜け(ドット落ち)』が、有るとも、判断。

 また、(H)甲は、乙の日本語が、不適切に、感じられたが、(I)乙からは、「甲の日本語が、解らない」、等とも、主張(侮辱)された。

 更に、(J)甲は、送料の件で、『(a)債務不履行、(b)及び、送料の過払い』に、伴い、返金の請求を、『現金書留郵便』で、行う、事を、求めたが、(K)「金融口座振込の外は、行って、無い」、等と、初期に、拒絶(侮辱)され、(L)後の交渉から、「郵送で、送るならば、切手代を、差引く」、等との主張(侮辱)を、被った。

 よって、甲は、乙による、『(甲)債務不履行に、伴い、(乙)送料返還請求、(丙)及び、慰謝料の請求』を、行った、次第。

 なお、「日本語の理解が、無い、者による、利用は、Yahoo!の規約に、反する」と、判断するにも、至っており、「取引の自体が、無効」(乙は、Yahoo! の規約に、反する者で、乙との取引は、無効:甲は、乙が、Yahoo!の規約に、伴い、日本語の理解が、行える者と、想って、取引を、行ったが、実際には、乙が、「日本語の理解を、行えない」、等と、主張を、行っているのだから、錯誤が、生じている)と、想える。

補足
 甲は、乙から、『和解の申出』を、受けていたが、後に、乙から、答弁書が、提出っされ、通常の訴訟と、成り、第一回 弁論が、開廷された。
外 裁判所による、工作性
 本事件では、担当書記官、主任書記官、担当裁判官から、職権の濫用、等を、被っており、それによって、訴訟の手続きが、長引く、被害を、被っている。
担当裁判官
 甲から、第一回 弁論の開廷日に、法廷内で、『訴訟における、指揮の件』で、叱責を、受けており、別事件(令和元年(ワ)第1735号)でも、担当裁判官だったが、急遽に、裁判体の変更が、生じるに、至った。
担当書記官
 甲が、『(A)担当裁判官宛に、伝言を、頼んだが、それを、伝える事を、口頭で、拒絶、(B)外にも、電話聴取書の内容が、不適切』、等を、生じさせている。既に、それらの件では、録音された、対話の内容、等を、最高裁判所 事務総局 人事局 調査課へと、伝えている。なお、この書記官は、16時迄が、標準勤務時間で、「他の書記官と、比べるならば」、事務の連絡を、行い、難い。
主任書記官 - 松島 克宏
 外の事件を、含め、『数多く、苦情の申立』が、行われており、本件でも、対応の拒絶、取次の拒絶が、発生。既に、その件では、録音された、対話の内容、等を、最高裁判所 事務総局 人事局 調査課へと、伝えている。
甲が、乙から、答弁書を、受取り、その内容を、確認するに、至った、時点
 甲は、乙から、答弁書を、介する形式で、侮辱を、被ったと、判断。よって、別件で、慰謝料の請求を、行う。(参考 令和元年(ワ)第3006号

令和元年(ワ)第1500号

訴訟の費用

訴額印紙1,000円
郵券の予納現金3,000円
郵券1,480円
郵券1,440円
現金2,000円

関する、事件

関する、課題

書式の設定

丙 東京地方裁判所 立川支部

経過

甲から、丙へ、事務的な連絡

令和02(皇紀 2680;2020)年03月23日 - 受け者 主任書記官 長岡 正美(ながおか まさみ)

令和02(皇紀 2680;2020)年02月27日

令和02(皇紀 2680;2020)年02月03日

令和元(皇紀 2679;2019)年10月23日

令和元(皇紀 2679;2019)年07月16日

甲による、丙へ、提出を、行った、書類、等

提出待

書類の作成

令和02(皇紀 2680;2020)年01月14日 - 窓口

令和元(皇紀 2679;2019)年12月26日 - 窓口

令和元(皇紀 2679;2019)年10月23日 - 窓口

令和元(皇紀 2679;2019)年10月18日 - 窓口

令和元(皇紀 2679;2019)年09月27日 - 窓口

令和元(皇紀 2679;2019)年08月09日 - 窓口

令和元(皇紀 2679;2019)年08月05日 - 窓口

令和元(皇紀 2679;2019)年07月05日 - 窓口

乙からの書類、等

乙からの(本事件に関する)連絡

乙からの(本事件に関する)連絡 - 法廷外

令和元(皇紀 2679;2019)年10月08日 - Yahoo!auctions 評価

令和元(皇紀 2679;2019)年10月02日 - Yahoo!auctions 連絡掲示板

令和元(皇紀 2679;2019)年10月02日 - Yahoo!auctions 評価

令和元(皇紀 2679;2019)年10月01日 - Yahoo!auctions 評価

令和元(皇紀 2679;2019)年09月26日 - Yahoo!auctions 評価

令和元(皇紀 2679;2019)年09月11日 - Yahoo!auctions 連絡掲示板

丙からの連絡、送達、手交、等

令和02(皇紀 2680;2020)年08月16日 - 窓口

令和02(皇紀 2680;2020)年03月19日 - 窓口

令和02(皇紀 2680;2020)年01月14日 - 窓口

令和02(皇紀 2680;2020)年01月07日 - 留守電 14時18分

令和元(皇紀 2679;2019)年10月23日 - 窓口

令和元(皇紀 2679;2019)年10月21日 - 留守電 10時07分

令和元(皇紀 2679;2019)年10月15日 - 手交

令和元(皇紀 2679;2019)年10月15日 - 連絡

令和元(皇紀 2679;2019)年09月06日 - 手交

令和元(皇紀 2679;2019)年08月09日 - 手交

令和元(皇紀 2679;2019)年08月07日 - 連絡

令和元(皇紀 2679;2019)年08月05日 - 手交

令和元(皇紀 2679;2019)年07月31日 - 連絡

令和元(皇紀 2679;2019)年07月30日 - 連絡

開廷

丙からの決定、命令、判決、等

令和元(皇紀 2679;2019)年08月07日 - 調査の嘱託

令和元(皇紀 2679;2019)年08月05日 - 補正の命令

補足

記録

甲による、謄写

令和元(皇紀 2679;2019)年11月18日

令和元(皇紀 2679;2019)年09月27日

令和元(皇紀 2679;2019)年09月06日

書記官との対話(音声)

令和元(皇紀 2679;2019)年10月15日

実際の連絡担当書記官による、電話聴取書
事務の連絡を、強制的に、郵送すると、書記官から、脅迫を、受けた件事実と、実際の電話聴取書(万屋のBlog)
解説
 「本件の連絡は、令和元(皇紀 2679;2019)年10月15日で、同年同月16日迄に、受取に、来い」との主旨で、書記官から、突然、告げられ、「従わない場合は、郵送する」と、脅迫された、事例。なお、甲は、担当書記官の上司、つまり、主任書記官 松島 克宏(まつしま かつひろ)からも、別事件などの関係で、同じ手口を、被っているが、同主任書記官は、既に、甲から、令和元(皇紀 2679;2019)年05月16日付けで、他の理由等から、『罷免の請求』が、提出されている。
不審点 - 事務連絡書の内容
 「16日迄に、受け取らなければ、郵送されるが、その場合だと、17日の扱いで、普通郵経由から、発送され、最短だと、翌日18日に、甲の郵便受けに、郵送される」と、想われるが、文面を、見ると、「10月18日迄に、回答」と、成っており、仮に、「甲へ、18日に、郵送されていても、それを、当方で、確認するのは、同日の夕方、及び、翌日と、成る」ので、返答が、行えない事に、成る。 また、甲にだけ、『和解条項(案)』が、送られた事は、後日の問合せで、初めて、知る事と、成った。
留意
 甲は、『和解の要項書』を、令和元(皇紀 2679;2019)年09月27日に、提出を、行っており、数週間が、経過する。また、事件の提起からは、約2ヶ月が、経過する。
補足
 本件の担当書記官は、既に、最高裁判所 事務総局 人事局 調査課へ、『(A)別対応の拒絶を、被った件』でも、苦情の申立が、行われており、『(B)罷免の請求も、準備中』と、成っていた事から、その報復的対応を、被った判断。職権の濫用等で、告発を、改めて、準備中。
追記
 甲と、担当書記官の対話における、音声の内容は、最高裁判所 事務総局 人事局 調査課へと、即日に、通報済み。

成果

後書き

関する、法規

民法(電子的政府

平成三十年七月十三日公布(平成三十年法律第七十二号)改正

第九十五条(錯誤)

 意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。

第九十六条(詐欺又は強迫)

 詐欺又は強迫による意思表示は、取り消すことができる。

二項
 相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合においては、相手方がその事実を知っていたときに限り、その意思表示を取り消すことができる。
三項
 前二項の規定による詐欺による意思表示の取消しは、善意の第三者に対抗することができない。

民事訴訟法(電子的政府

公布
 平成二十九年六月二日
改正
 平成二十九年 法律 第四十五号

第二条(裁判所及び当事者の責務)

 裁判所は、民事訴訟が公正かつ迅速に行われるように努め、当事者は、信義に従い誠実に民事訴訟を追行しなければならない。

Yahoo!Japan サービスをご利用のみなさまへ - 利用規約 第8章 ヤフオク!ガイドライン

平成30(皇紀 2678;2018)年08月06日 改定

2.利用資格

 本サービスを利用するには、出品する場合、入札する場合それぞれに応じて以下の利用資格を全て満たし、かつ、本サービスの利用期間中、これを継続して維持する必要があります。また、複数のYahoo! JAPAN IDを利用する場合は、Yahoo! JAPAN IDごとに以下資格を満たしていることが必要です。

A.出品に必要な利用資格
 本サービスに商品等の情報を掲載(以下「出品」といい、出品するお客様を「出品者」といいます)するには、以下の条件を全て満たしていることが必要です。
(ア)満年齢が18歳以上であること
 未成年者が出品を行う場合は、事前に保護者等の法定代理人の同意を得ていただく必要があります。その他、利用者の年齢に関し特にご注意いただきたい事項はこちらのページに記載されていますので、よくご確認のうえご利用ください。
(イ)
 消費税の納税義務を負わない方であること(ただし、消費税相当額を徴収する免税事業者を除きます) 消費税の納税義務を負う事業者および消費税相当額を徴収する免税事業者は、当社とオークションスト ア利用約款に基づきオークションストア利用契約を締結し、ストア出店者として出品してください。
(ウ)
 日本語を理解し、読み書きができること
(エ)
 Yahoo! JAPAN IDを取得していること
(オ)
 Yahoo!ウォレットに登録していること(ただし、Yahoo!ウォレットへの登録は不要である旨当社が別途指定する場合を除きます)
(カ)
 Yahoo!かんたん決済が利用可能な状態であること
(キ)
 出品形式や出品商品等により、Yahoo!プレミアムに会員登録していること 詳しくは、こちらのページに記載されていますので、よくご確認のうえご利用ください。
(ク)
 その他、当社所定の利用登録を完了していること
閲覧数 総計:162 今日:1 昨日:0


トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS