Top / 自由な研究 / PC / WebSite

現在の動作環境

第十五期 中性能なPC*1で、多種作業運用

本体 Primary
期間開始:平成28年12月03日 ~ 稼動の状態:常時の可動
機体Lenovo 3626RZ4CPU:Intel Core i 5 M520 2.4GMemory:4GBHDD:250G
OSUbuntu 12.04.5 LTS Edition ( Desktop 版 )Web ServerApache 2.2.22
研究 ServerGame Server
録画機(防犯)Camera Server
奉仕的活動BOINC Server
予備の機体 ( Secondary )稼動の状態:随時の可動
機体CPU:Intel® Core™2 Quad CPU Q8200 @ 2.33GHz × 4*2Memory:4GHDD:250G
補足
 当初は、Ubuntu 12.04のOS開発における保証の期間が迫って居たので、『(一)Debian8、(ニ)Ubuntu 16.04』での運用を検討していたが、構築の段階で、『(甲)Apacheの設定が規格的に変更されていた事が解り、(乙)更に、OSとPC本体との相性の問題』から断念。結果的に、Ubuntu 12.04 での運用を継続する事と成った。
追記
 今後においても(Ubuntu 12.04のOS開発における保証の期間を過ぎても)、OSを変更せずに運用を続ける事も検討するが、『(一)Debian8、(ニ)Ubuntu 16.04』での構築(実験)に成功した場合は、その時に改めて移行を検討する。

運用

初期の装備

  1. Server
    1. Web
    2. ../研究 Server 01
  2. 録画
    1. 防犯を兼ねた監視と、その映像を記録する。
      1. 赤ちゃん、飼っている動物』などを監視する等にも使える。
  3. 奉仕の活動
    1. 自由な研究/PC/BOINC

課題

  1. 超長期的な運用
    1. OS の 保守的開発( Support )等の終了後でも、長期的運用を行う。
      1. 可能なら、OS を Support 可能な物に変更を行う。

問題

  1. 不正な接続者
    1. (精神病質者による)侵入の防止
      1. Network の設定を改善
      2. 対策 Program の導入
    2. 監視、映像の収録を外部から操作される
      1. 設定の変更
  2. 自動化されているはずの正引きが、無機能
    1. Cronと、IPの正引き - 平成29(2017)年01月23日
      1. Cronと、IPの正引き - 稼動の確認(補正:権限の修正) - 平成29(2017)年04月18日
  3. 監視機の調整
    1. Motion の設定を再学習 - 平成29年03月07~08日
  4. 研究 Server 01の利用者が居ない件
    1. 旧設定のままで、IP の割り振りが不適切だった。 - 平成29年03月20日 修正済み

その他

次期の構築予定

未定
稼動期間開始:平成**年**月**日稼動状態:常時稼動
機体?CPU:?Memory:HDD:100G
OSDebian 8 ConsoleWeb ServerApache2
予備機体 ( Secondary )稼動状態:常時停止
機体IBM Thinkpad 240CPU:Celeron 400MHzMemory:119.192MHDD:100G

過去の環境など

~第十期第十一期第十二期第十三期第十四期

課題



閲覧者数 総計:1982 今日:2 昨日:1

*1 既に、i 7 が販売されているので、i 5 を一代前(旧世代:中性能)と判断。でも、僕の研究における環境では、高性能に該当する。
*2 作業用のPCで、臨時の稼働を行う

トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS