国 次世代の学習

趣旨

 少子化の外に、教員の人材が、減っている状況が、危惧されている。

 対策的には、『(一)録画的、(ニ)人工的知能』による学習が、検討されている。

(一)録画的
 教育の内容が、教員によって、偏る事が、無く、同じ品質の学習が、平等的に、展開される。
一人の講師
 一人の講師による講義が、展開され、その録画が、配信される。
講師は、人に、限らない
 講師役は、人に、限られない。
動画的な、演出者
 これまで、「人材による教師が、学習を、指導する事が、当然に、成っていた」が、人に限らず、演出する者(物)が、講師を、行える。
(ニ)人工的知能
 前出の『講師は、人に、限らない』でも、解る通り、人工的な知能が、講師と成って、生徒の個々における学力に伴った指導を、展開する事が、可能に、成る。
一人の教員が、複数の生徒を、個々に指導するよりも、故意率が、良い
 一人の人材的教員が、複数の生徒を、個々に指導するのには、限界が、生じる。

:::人工的な知能では、贔屓(ひいき)、差別も無く、生徒の個々が、標準(目的)の学力に、達する迄、各性格や能力に伴った指導が、展開される事が、期待されている。つまり、生徒による過不足な能力に合わせて、学習が進められるが、『最終的な目標』(標準値)に至るまでは、各々の理解力で、異るので、主に、個々の不足と成っている部分を、人工的な知能で、検知され、その部分を、個別に補う形式で、学習が、進む。また、『生徒の理解力』と言う観点では、「生徒は、何を、理解する事が、行えないのか」(生徒が、理解を、行えない理由)を、人工的な算術で、解読され、あらゆる観点で、「生徒が、理解する事への追求が、行われる」ので、人材的な教員よりも、能率的な教育が、可能と、想われる。



トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS