Top / 自由な研究 / 減災 / 地震予測 / R01

予測

※ 留意
 本年度では、満月に限らず、新月との関係も、記録する。

情報

地球上の全域(国内の全域を含む)における、大地震、火山の警戒 - 第一

 主に太陽活動に伴う予測と成るが、震源地の予測が(僕的に)行えない。でも、地質学者等であれば、太陽の活動に限らず、『重力などの関係からでも、予測が、行える』のかと、想われる。

第一の予測

回数警戒(注意)する期間震源の範囲予測の対象発生の有無備考
開始
0105月12日16時20分05月19日(05月26日)地球上の全域鳥、月*1、人*2、動物*3[警戒中]
02
03
04
05
06
07
08
09
10
準警戒年度(平成32年まで)

Proton(プロトン) 現象 - 第ニ

 Proton 現象による影響では、「地殻の変動だけでなく、火山の噴火など、地球の内部における活動が、活発化する」と、想われる。

latest_proton_flux.png

第ニの予測

回数発生の確認終了時警戒(注意)の期間災害の発生における有無
開始
01[観察中]
02
03
04
05
06
07
08
09
10

関東 - 第三

 基本的に、僕が居住する地域(関東、及び海域を含む)において、震度5以上の発生を警戒する事が目的で、震源地を予測する。

 つまり、広くても関東と、それに隣接する周辺の地域で発生する地震の予測が、主と成る。

 また、海域も、含まれ、都、各県が管轄する範囲が、対象。

第三の予測

回数警戒(注意)する期間震源の範囲予測の対象発生の有無備考
開始
01[観察中]
02
03
04
05
06
07
08
09
10
準警戒年度(平成32年まで)

注意

統計

第一 - 地球上における全体の規模

予測数×
00000000

第ニ -  Proton 現象

予測数×
0000000

第三 - 国内(関東)

予測数×
0000000000

記号

 予測表の記号における Link 先は、tenki.jp の『 災害情報>地震情報 』です。

 なお、平成30(皇紀 2678;2018)年度より、『継続的警戒(初期の設定では、『注意期間中』)』も、『警戒』の期間と同等に扱い、集計も同じ。

観察の対象

 予測における観察の対象と、記号。

気象、自然現象

太陽の関連

電波の状況

 太陽の活動が活発な時は、異変が生じる。

月(つき)

地震 

動物(魚を含む)など

人間の関係

 『満月の狂気』と同じく、地震の発生前に、人間の関係が乱れる事が有り、主に感情の乱れが生じつつも、地震の発生後には、治る。(震度4以上の時に、見られる傾向*5

公的機関の活動

民間の企業

株式市場の動向

怪奇的現象

Aurora(オーロラ)の発生に付いて

 太陽の活動が、活発に成ると、太陽風が発生する関係から、Aurora 現象も生じ、それを目安に、地殻の変動が活発化する事も、予測される。

 太陽の活動における活発度合いを、把握する事の目安にも成る現象である。

 また、関連的に電波の障害も生じる事が有る。

 更に、所有する無線機(送受信機、受信機)で、観測される電波の状況に、異変が生じる事も、予測の判断に、用いられる。

 なお、現在だと「一般人でも所有が可能なAM、FM の Radio(ラジオ)で、地震を予測する事が、可能」とも、想える。

動物、植物など

外の対象

 「外の観察を行う事でも、予測が行える」と判断、以下が観察の対象に成っている。

閲覧者数 総計:72 今日:2 昨日:0


*1 05月19日06時12分頃は、満月。
*2 05月14日に、確認。
*3 05月14日に、確認。
*4 可能と判断:平成24(皇紀 2672;2012)年12月21日現在
*5 平成25(皇紀 2673;2013)年12月07日現在での判断。
*6 『自然からの(危機的)情報を察知する事が行えなかったり、それへの理解が無いような人達との交流は、日本国の民、その一人との立場で、あまり求めてない』が、それへの理解が有っても、利己的に悪用する宗教や思想などの団体(その構成員を含む)や個人とも、交流を避けている。

トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS