* 国 違憲な似非政治集団 [#n49a8e99]

- 頁名: [[日誌/進捗/令和02年度]]
- 投稿者: 万屋
- 優先順位: 普通
- 状態: 提案、観察
- 種別: 自由な研究/鑑査
- 投稿日: 2020-06-09 (火) 07:23:49
- 段階、参照: 

** 趣旨 [#v3b579e3]
 「在日外国人、及び、帰化人の優位性を、図る、西洋の思想が、基礎と、成って、いる、集団が、増えて、いる」と、判断。

 また、表現の自由、人権、等を、主張するが、本邦では、「(あ)自由の定義が、定められて、おり、(い)勝手な事迄もを、自由とは、認めて、無い」が、近年の西洋的思想の配下における、裁判、等では、「勝手を、自由と、認める、傾向に、有るのか」と、疑いを、抱く、裁判も、多い。

:補足| その背景に、報道の悪用、等を、感知するに、至って、いる。

::事例 One seg([[Wikipedia>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B0]]) 事件| 該当の事件は、「故意に、裁判所が、最高裁判所まで、上げさせつつ、未払いの民から、受信料の回収を、図った、工作の事件に、該当する。

:::解説| 事件が、明るみに、成る、以前に、「&color(green){AU が、One seg 付の携帯型電話を、実質1円で、ばら撒いていた、事}; が、解かって、おり、その被害に、僕も、遭ったが、即時に、解約を、行って、難を、逃れて、いた。&br; その後に、One seg が、生じて、おり、本邦の民を、公然と、騙すようにと、利益(受信料:放送法 第六十四条)を、図った、事件だった。(参考の課題 国 One seg 事件の解消 - [[日誌/進捗/平成29年度/188]]、国 AUの販売方法に付いて - [[日誌/進捗/平成29年度/204]])

 戦後に、在日外国人、等の起用を、行う、芸能(競技を、含む)の活動が、盛んに、成った、事も、有ったが、似非な右翼の活動、等による、抑制も、生じて、いた。

 平成からは、侵略性が、強く、成った、感じも、有り、『(A)政治(各地方の自治、等)、(B)各種の公務員(消防、自衛隊、判事、検事、医師、教員、等を、含む)、(C)一般の医者(歯科医、等を、含む)、(D)弁護士、(E)企業、(F)競技、(G)民芸』、等、あらゆる分野に、帰化人、及び、その子孫が、起用されつつも、その事に、本邦の民が、過剰にと、違和感を、抱くに、至らなかったが、『(a)在日外国人、帰化人への友好性が、高まり、(b)宗教を、前提に、多産、 (c)権利、等を、民と、同等に、請求、(d)思想に、基く、平等性、(e)国境の意識における、欠乏、(f)結果的に、Freemasonry([[Wikipedia>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%B3]]:白人優位性の主義) に、利益を、回収され、(g)過剰に、増えた、大衆が、暴動を、発生させる』との策略(筋書き:「この工作は、最低でも、三十年単位の程度で、計画の実行が、行われて、いた」とも、判断)の加担者(客観的に、被害者とも、想えるが、民の一人と、言う、立場で、害を、被って、いる、状況下では、加害者と、判断するに、至る)に、成って、おり、本邦に、限らず、世界中で、生じて、いる、移民の事情と、成って、いる。

:補足 『(g)過剰に、増えた、移民、及び、その子孫が、暴動を、発生させる』との観点| 人体の医学で、言う、『大腸菌の如くで、&color(green){必要な物};(自国の民に、国家の利益性、愛国心、等を、自覚させる、材料に、都合が、好い、存在)だが、過剰に、増えれば、消化不良を、発生させる』と、同じ、原理で、『移民が、過剰に、増えれば、不経済が、生じる』との観点に、類似する。

::解説 事例| 仮に、「哀れみから、過剰に、移民、等を、受け入れれば、移民、及び、その子孫が、問題を、生じさせつつも、&color(green){誰の優位性が、図られるのか};」が、問題視される。&br; 別の例えでは、「犯罪者の居ない、世界では、検事が、何の役に、立つのか」、「軍人が、(Ⅰ)&color(green){誰を、相手に、殺傷を、行うのか};、(Ⅱ)&color(green){それ};を、好んで、志願するのか、(Ⅲ)&color(green){それ};(つまり、人間狩)を、精神病質者([[Wikipedia>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E7%97%85%E8%B3%AA]])と、学者が、指摘を、行わないのか」、等、偽善に、満ちて、いる、事も、解る。&br; 挙句の果に、『&ruby(経 済){経世済民};』は、現行の中華人民共和国([[外務省>https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/]];[[Wikipedia>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E4%BA%BA%E6%B0%91%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD]])を、名乗る、文化から、&color(green){伝承された、言葉に、該当する};が、成れの果てが、国際的にも、知られて、いる、現状。&br; なお、僕は、経済との語句を、Economy と、訳すに、至った、人物を、経済(経世済民)学の観点から、異常に、忌み嫌うにも、至って、いるが、『公務員制度、企業制度も、有る』ので、&color(green){共産、共和の主義を、本邦に、持ち込む事を、望んで、無い};。

:::解釈 『共産、共和の主義を、本邦に、持ち込む事を、望んで、無い』| 僕の判断では、『(ア)真の民主主義が、成熟すると、(イ)共和的か、共産的主義に、成る』と、判断するに、至って、いる。&br; 『(ア)真の民主主義が、成熟する』とは、民の個々達が、「属する、&color(green){国家の民と、自覚するに、至って、いる、状態};」(憲法、法律、規律、等の倫理性を、護る、事に、努めて、いる)から、&color(green){その};''志''が、『共通の理念』と、成って、国家、及び、大企業の運営が、行われるの&color(green){ならば};、それを、共産、共和と、称するのが、適当と、判断する」が、故の事と、成るが、「人間には、絵に描いた、餅の如く」で、現在だと、人工的知能(Artificial Intelligence:AI)に、頼る、事が、理想と、成って、いる。&br; 更に、「機械、構文([[Wikipedia>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E8%A8%80%E8%AA%9E#%E6%A7%8B%E6%96%87]]:Programming Language より)、及び、人工的知能(Artificial Intelligence:AI)が、人よりも、効率よく、作業を、行うのならば、『労働(人材)の存在的価値』が、問題される(僕の[[日誌]]に、YouTube の枠が、有り、そこで、[[jstsciencechannel>https://www.youtube.com/channel/UCHpFyLQgg4h9VZuFyby7RbQ]] の各工場を、頻繁に、紹介するに、至って、いるが、その本心は、「だいぶ前から、本邦の工業は、機械化が、進んでおり、今時代、及び、今後の未来では、人材の必要性が、問われる」と、言う、&color(green){経世済民性からの警告};を、兼ねて、紹介を、行って、いる)。&br; 故に、「僕が、国民、並びに、皇室へ、多産(無産と、異なる)を、求めて、無い」のが、現状で、本邦(国家)の義務教育方針でも、『生きる、事』の教育(参考 [[文部科学省>https://www.mext.go.jp/]] 検索 『[[生きづらい>https://www.mext.go.jp/result_js.htm?q=%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%A5%E3%82%89%E3%81%84&search=x#resultstop]]』)が、研究されて、いる、程なのにも、関わらず、「在日、並びに、帰化人、及び、それらの子孫による、多産を、喜ぶ、理由が、無い」との観点も、他者に、理解されたい。
 


*関する、法律 [#i7eec99f]

**日本国 憲法([[電子的政府>https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=321CONSTITUTION]]) [#n63a86d1]
昭和二十一年 憲法
**日本国 憲法 [#n63a86d1]
-[[電子的政府>https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=321CONSTITUTION]]
--昭和二十一年 憲法

***第十二条 [#i3dd0372]
 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。


**放送法([[電子的政府>https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=325AC0000000132]]) [#p0235b63]
:公布| 令和元年六月五日
::改正| 令和元年 法律 第二十三号
**放送法 [#p0235b63]
-[[電子的政府>https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=325AC0000000132]]
--公布
---令和元年六月五日
--改正
---令和元年 法律 第二十三号

***第六十四条(受信契約及び受信料) [#m9c503b7]
 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第百二十六条第一項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

:二項| 協会は、あらかじめ、総務大臣の認可を受けた基準によるのでなければ、前項本文の規定により契約を締結した者から徴収する受信料を免除してはならない。

:三項| 協会は、第一項の契約の条項については、あらかじめ、総務大臣の認可を受けなければならない。これを変更しようとするときも、同様とする。

:四項| 協会の放送を受信し、その内容に変更を加えないで同時にその再放送をする放送は、これを協会の放送とみなして前三項の規定を適用する。


***第六十五条(国際放送の実施の要請等) [#e2c7b018]
 総務大臣は、協会に対し、放送区域、放送事項(邦人の生命、身体及び財産の保護に係る事項、国の重要な政策に係る事項、国の文化、伝統及び社会経済に係る重要事項その他の国の重要事項に係るものに限る。)その他必要な事項を指定して国際放送又は協会国際衛星放送を行うことを要請することができる。

:二項| 総務大臣は、前項の要請をする場合には、協会の放送番組の編集の自由に配慮しなければならない。

:三項| 協会は、総務大臣から第一項の要請があつたときは、これに応じるよう努めるものとする。

:四項| 協会は、第一項の国際放送を外国放送事業者に係る放送局を用いて行う場合において、必要と認めるときは、当該外国放送事業者との間の協定に基づき基幹放送局をその者に係る中継国際放送の業務の用に供することができる。

:五項| 第二十条第八項の規定は、前項の協定について準用する。この場合において、同条第八項中「又は変更し」とあるのは、「変更し、又は廃止し」と読み替えるものとする。


***第六十六条(放送に関する研究) [#l47037a1]
 総務大臣は、放送及びその受信の進歩発達を図るため必要と認めるときは、協会に対し、事項を定めてその研究を命ずることができる。

:二項| 前項の規定によつて行われた研究の成果は、放送事業の発達その他公共の利益になるように利用されなければならない。


***第六十七条(国際放送等の費用負担) [#v0734a06]
 第六十五条第一項の要請に応じて協会が行う国際放送又は協会国際衛星放送に要する費用及び前条第一項の命令を受けて協会が行う研究に要する費用は、国の負担とする。

:二項| 第六十五条第一項の要請及び前条第一項の命令は、前項の規定により国が負担する金額が国会の議決を経た予算の金額を超えない範囲内でしなければならない。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS