* 国 職業安定所での求職者に対する催しに付いて [#b4310906]

- 頁名: [[日誌/進捗/平成26年度]]
- 投稿者: 万屋
- 優先順位: 重要
- 状態: 調査、係争中
- 種別: 自由な研究/鑑査
- 投稿日: 2014-06-01 (日) 09:12:17
- 段階、参照: 

** 趣旨 [#pd5761df]
 「近年における、国内での就業的問題と、それらに、伴う、自殺の発生を、防ぐ為に、色々な工夫が、必要だ」と、想える。

 「本邦では、憲法 [[第二十七条>#s11716fd]]にて、勤労の義務が、課せられている」が、何だかの技能や、能力が、有っても、それが、就業に、繋がると、限らない。

 「人間的(人間的関係の&ruby(はたん){破綻};が、生じて、無い、程度)に、生きる、だけ」ならば、憲法、法律などを、守らなくても、生存は、可能で、国家、行政の存在も、必要と、成らない」(俗に、言う、&ruby(アナーキズム){Anarchism};:[[Wikipedia>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%82%AD%E3%82%BA%E3%83%A0]])の観点も、世の中に、存在するのが、事実で、その反面で、「適度に、憲法、法律を、厳守する事は、&color(Purple){日本人の基礎(自覚的)に、課せられた、民の責務};」と、成っている。

 また、『&color(green){悪行も、業の内};』と、判断する(司法の)観点も、有り、&ruby(経済性){経世済民性};が、問われる。

 よって、「『過剰に、仕事を、国民(外国人を、除く)に、求めさせる』のは、憲法の前文 [[第二段落目>#a3456682]]における、趣旨に、反すると、判断でき、その国政は、不適切と、成る」と、判断でき、逆に、「人が、『&ruby(ぜひ){是非};に』と、働きたく、成るような、労働的環境を、整備する」と、言うのが、本来の国政における、在り方だと、想え、それらの観点に、伴い、「職業安定所の雰囲気を、改める(和やかで、且つ、無理に、労働を、課するような、状況で、求職を、行わせない、環境を、整備する)ように」と、促進する。

|~作戦名 アリとキリギリス大作戦|
|#netvideos("kS709ZyZ_YU")|

:注意 - 追記 [[令和元(皇紀 2679;2019)年09月15日>]]| 現代人の観点では、老若、男女を、問わず(人類、及び、生物における代々から:人類の祖先や、生物の根源から)、「キリギリスの演奏に、飽きた、&ruby(あり){蟻};は、キリギリスを、食べた」と、言う、観点も、生じるのかと、想われる。
:注意 - 追記 [[令和元(皇紀 2679;2019)年09月15日>日誌/2019-09-16]]| 現代人の観点では、老若、男女を、問わず(人類、及び、生物における、代々から:人類の祖先や、生物の根源から)、「冬の時期、キリギリスの演奏に、飽きた、&ruby(あり){蟻};は、キリギリスを、食べた」と、言う、観点も、&color(green){生じる};のかと、想われる。

::蟻のママ| 蟻のママは、女王で、唯一に、同種生命体の生産者でも、有る。

:::蟻の母による、多産| 相応に、他生物などの犠牲に、成る事も、生じており、それに、学ばない、人の親によって生じる、人間的、及び、人類的な問題も、生じているのが、現状。
:::蟻の母による、多産| 相応に、何だかの犠牲と、成る事も、生じており、それに、学ばない、人の親によって、生じる、人間的、及び、人類的な問題も、発生するに、至っているのが、現状。

::&color(green){ありのまま};を、伝える| &color(green){これ};を、記載の時点で、生じている、世界的な規模の世情。

:::母親達の無責任な多産が、文明の汚点に、記録される事例| それによって、人類史には、種族的な優位性の観点から、「特定国の女性は、多産の責任を、負わない性格を、有する者が、多い事の実証」と、『不利に、記録されたり、全人類規模で、印象付けられる』のかと、想われる。「子を、見れば、親の性格が、解る」とも、言われているが、、、。


*関連の法規 [#i5b38e7e]

**日本国 憲法([[電子的政府>https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=321CONSTITUTION]]) [#jecacbf4]

***前文・第二段落 一部抜粋 [#a3456682]
 われらは、平和を維持し、&color(green){専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去};しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。


***第二十七条 [#s11716fd]
 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

:二項| 賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。

:三項| 児童は、これを酷使してはならない。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS