* 国 公務員の内部に居る工作員の排除 [#xbadb9d6]

- 頁名: [[日誌/進捗/平成28年度]]
- 投稿者: 万屋
- 優先順位: 重要
- 状態: 提案、観察
- 種別: 自由な研究/鑑査
- 投稿日: 2016-02-09 (火) 15:44:13
- 段階、参照: 

** 趣旨 [#ab3a1b7e]
 例えば、皇室の人員に対して学習院での学習を妨害する等の事例がある。(もともと、皇室人員の素行が悪い事も世間的に指摘されている)
 例えば、「皇室の人員が、学習院系の学校で、学ぶ、事の妨害を、行う』、等の事例が、有る。

:補足| もともと、「皇室の人員が、『素行が、悪い』と、一般人が、想い、抱く、情報が、拡散されて、いた」、等の事情も、有った。

 また近年に解っているのは、消防、警察、自衛隊の内部にも、宗教や思想に伴う''工作員が居ると疑いたく成る''ような精神病質者が増えている事も解っており、その者たちは、特定の主導者を有しているのでわなく、外部からの刺激で特定の行動を行うような形式が多いと判断している。

 嘗ては、''指定暴力団との癒着によって形成された人格が問題視''されたが、近年だと宗教団体を介して、まず''標的の精神を破壊して、それに困窮している状態を見計らって宗教の勧誘が行われたり、(その時点で洗脳を行いやすい状態にある:ちなみに自衛隊では、不眠や過剰な精神的圧力、肉体的な苦痛などを、上官、同僚から受ける事も生じており、警察、消防でも昔から似たような攻撃が行われている事も解っている)、それを拒絶すると、更に排他が強まるとの流れに付いては、定番の虐待(精神病質者達は、しごき、教育、訓練などと称して自己の行為に対して正当化を主張する傾向に有る)の流れであるが、個人訓練と称するような肉体的な苦痛を随時に与える事は、比較的に警察だと少ないのかと想われつつ、消防に付いては、自衛隊と警察の中間程度の感覚で、被害を受けている人が居ると判断している。

 よって、公務員系の精神病質者を排除する事によって、公務上の健全性が維持されると判断できるので、それを検討するように国家へと要望を行う。

 なお、精神病質者が公務員に増えると、大衆による政治不信が高まる傾向にあり、Mafia(本邦では、指定暴力団よりも宗教を隠れ蓑にした精神病質者による同胞主義者の方が脅威と成っている)的な政治が、徐々に展開する傾向にあり、それが進むと資本的(株価の下落、物価の信頼が下落しても食品などに関しては、必需品となるので高騰する:Super Inflation の主原因とも想える)な信頼も薄れ、その国の文化(経済成長)も低下する傾向に有る事も解っている。


-語句
--学習院
---[[Wikipedia>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A6%E7%BF%92%E9%99%A2]]


***経世済民からの観点 [#seb47304]
 国家の健全性を維持する場合、社会的な地位を悪用して、憲法、並びに法律を逸脱しても(そもそも部下には、余計とされる法的な知識を与えず、規律に害する命令に従わせ易くする状況(心境:Mind Control )を作り、仮に部下に倫理観が有っても、倫理観を徐々にと破壊する事((男性の場合、一般的に多いのが、酔い潰す、後に風俗店へ誘導して売春に加担させる等))で、宗教や思想の観点から、規律や法律を護らない理由を教唆しつつ、悪行に従わせる事などは、一般の企業内でも発生しているが、民間企業における告発の制度も高まっており、公務員にも相談の窓口が有りながら、それを利用させず、更に利用しても、そこの機関が適切に機能して無い事が多い為に、公務員による公務上の問題による自殺が絶えないのかとも想え、平然と他の健全な公務員や国民に不利益を生じさせるような人材は、正当防衛の観点からも、その職務から排除される必要が有ると判断している。

 なお、本件の対策として、公務員の採用における適性検査の見直し等を中心に、精神病質者の発生や、それに従う人材の抑制を試みるが、大前提に政治的(それに関連した宗教や同胞主義者を含む)な工作が生じていた場合でも、健全な一個人である公務員の個々を護る職場作りを促す事が、主たる目的と成る。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS