* 国 自衛隊の訓練における暴言 [#a4112272]

- 頁名: [[日誌/進捗/平成28年度]]
- 投稿者: 万屋
- 優先順位: 重要
- 状態: 提案、観察
- 種別: 自由な研究/鑑査
- 投稿日: 2016-03-11 (金) 20:56:11
- 段階、参照: 

** 趣旨 [#u382d770]
 どこぞの指定暴力団が経営している風俗店を利用して、男っぷりをあげて怒鳴っているのか、確認をする必要が有るのかと判断している。

|#netvideos("SxAkZ7qhqOs")|#netvideos("SxAkZ7qhqOs")|
|#netvideos("SxAkZ7qhqOs")|#netvideos("yP08sIYXum0")|
|#netvideos("SGIcZvl0U7E")|

 もともと、自衛隊の内部に宗教、思想などによる小集団を形成したり、宗教と関係が無い気の合う集団などが形成された後に、特定の隊員に対して『(一)攻撃的に過剰な訓練を強いったり、(ニ)精神衛生を阻害したり((二十年前から、寝かさない等の精神的な攻撃が有る事を確認している:それに伴う友人の事件で、正当防衛の観点から解決に取り組んだ事が有る))』等が生じている事を把握しており、それらを訓練として正当化する''暴力教官が居る''(この部分に付いては、近年に警察、消防でも居るらしい事が解っている)らしい事も解っている。

 くどいようだが、言葉の使い方における暴言の根源は、『(あ)当人による日頃の行いと、(い)他者との交友関係による影響が強い(例えば、きゃばくら通いの男性で、好みの女性との関係が深まると、その女性と口調が自然的に似るが、それを隠す為に威厳的な振る舞いをする輩が多く、気心をしれた間柄なら、女口調でも会話する傾向が有る)』などから、『(ア)指定暴力団との交流(指定暴力団が運営する風俗店を介する場合も含む)や、(イ)個人的な観点での素行が悪い』を精査する必要が有るのかと感じられる。

 また、『捕虜と成った時に受ける精神的な攻撃への訓練は、授業の科目として習う必要が有る』が、日々の通常における訓練で必要だと想えず、むしろ自殺者が多く出ている状況下において、同じ男としても合法だと想えない。

 よって、国家に対して、精査を要請する。

 なお、『基本的に該当する士官の排除を請求すること』を前提として取り組みつつ、敵側からの攻撃に対する正当防衛の体制を整える。


***大日本帝国陸軍の時代 [#v87de0a2]
 やはり時代を遡れば、今も昔も変わらず''悪い士官が居た''のも事実で、特に『(一)頭が良い(文系の学徒)、(ニ)裕福な家庭なのに、一般兵として参加している』等の場合には、排他を受ける事があったと言われている。

 また、裕福な家庭の場合には、そうした虐待を避ける為に、初めから優位な場所へ配置されるよう計らうのが普通だったらしく、それらの縁故、及び人事の関係は、今も昔も、企業、公務員、指定暴力団であっても変わらないと判断している。

 

**警察、消防での件 [#c36db45c]
 警察消防でも、同じ事が生じていると判断しており、それらも同時で精査の要請を行う事を検討する。


**女性の公務員を増やせと、過去に要望を行った理由 [#i4eda197]
 精神病質者の集団と異なり(一人の精神謬質者は、他の者を洗脳的に精神病質者へと変貌させる傾向が有り、それによって自らの悪行などを正当化する支持者や、子分、従事者を確保する傾向に有る)、単体での素行が悪いが故の犯行も見受けられるが、それであっても不法行為者に代わりが無い。

 男性が比較的に多い、自衛隊、警察、消防の人員だが、何だかの犯罪に着手(売春なども含む)に着手を行っている事が多く、身内での''殴りあい''(明治二十二年法律第三十四号:決闘罪ニ関スル件)を行っておきながら、''喧嘩''(けんか:本来だと言い争いで、語源からだと殴り合いを含まない)だと称して揉み消す等も生じており(決闘の隠蔽((実は、一般的に喧嘩と決闘を混合した教育や情報を広く受けている影響による想い込み:例えば、信号機の緑色を青と表現したり、『右周り、右''手''周り』を誤解している等))、それらが職員の自殺に繋がっていると想える。

 それら精神衛生の部分を含め、『女性職員の方が比較的に倫理性が高い』との事情を踏まえ、起用を促進するように国家に求めている。

 今回の件では、それに輪をかけるような典型的な現象を映像で確認するに至っており、「男女の性隊員を対象とした、罵声の度合いも異なる事が解る」ことからも、(精神的な)異常だとしか思えず、その下で自殺者が居ても、その犠牲者とか判断できない。


**自殺者の発生と、その加害者に対する免責 [#n33f879d]
 自殺誘導の対象者が、実際に自殺すれば、その報酬として基本的に刑罰が問われる事が粗無く、組織的に証拠の隠滅を図る傾向が有るのは、小学生の虐め等でも同じ。

 逆に、自殺に失敗して生きていた場合、その者が告発をする事によって、罪を免れない傾向に有るが、自殺の教唆などより罪が軽く、暴行など傷害罪でも罪が軽減される事が多いのも、全ての分野で共通する。

 そして最悪なのが、宗教、思想、政治、仲間内などの小集団で行われた行為に対しては、証拠の隠滅を図る事が多いのと、宗教団体では、全力で保護する(一例として、刑事責任など問われる場合には、仲間内や家族、親戚などから、「実は、良い人なんです!」と言う文面が提出され、それを基に情状の酌量が行われる傾向が有る事を把握している)との傾向が有り、不法行為を有益化する活動者が居る事も解っている。

 ちなみに、虐待(暴行など)を隠蔽する輩は、それだけに留まらず、何だかの不正行為にも関与している事が多い(精神病質的な状態)。

 よって、(一)言動に異常を見られたり、(ニ)それを誘導する等の工作を行ったり等、それらの人員を更生させるか、排除を行うかが求められる。

 なお、「口は、悪いが芯は良い人」と言うのは、不実で「子供が親に虐待されても、慕ってしまう心理」と同じ状況((実際の親子関係でも暴言虐待を受けた子供は、精神的に傷害を受けつつ、その状態で成長して、将来の人格にも影響する事が解っている。
))を、罪を免れる為に悪用て主張しているに過ぎない。


***別途の警戒 [#b4c9fd5e]
 別枠で、中共国、韓国系の軍隊を経て日本で生活している者の中で不信感を抱くような輩を警戒している。


*留意 [#d06a2a78]
 本件の課題は、自衛隊の存在を否定するのでわなく、不良な自衛官(憲法、並びに法律に反したり、刑法に合致する輩)を排除するのが目的と成る。

**海外でも過剰な訓練が問題視されている [#b7e4f66e]

***米国 [#x80e98c0]
 米軍に自殺者が多く出ている。

 また、銃の乱射事件も生じている。


***大韓民国 [#m4fcc408]
 自殺者に付いての正確な情報は、得てないが、多く居るのかと想われる。

 また、銃の乱射事件も生じている。


*関連の法規 [#mdcfc320]


**憲法 [#ab92f6b0]

***前文 [#f8399056]
:第一段落|日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

:第ニ段落|日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

:第三段落|われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

:第四段落|日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

***条文 [#zb5d8229]
:第九十九条|天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。


**刑法 [#id575733]
最終改正:平成二五年一一月二七日法律第八六号

:第二百八条(暴行)|暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、二年以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。 


**明治二十二年法律第三十四号(決闘罪ニ関スル件) [#q15632d4]
明治二十二年十二月三十日法律第三十四号

:第一条|決闘ヲ挑ミタル者又ハ其挑ニ応シタル者ハ六月以上二年以下ノ重禁錮ニ処シ十円以上百円以下ノ罰金ヲ附加ス 


:第二条|決闘ヲ行ヒタル者ハ二年以上五年以下ノ重禁錮ニ処シ二十円以上二百円以下ノ罰金ヲ附加ス 


:第三条|決闘ニ依テ人ヲ殺傷シタル者ハ刑法 ノ各本条 ニ照シテ処断ス 


:第四条|決闘ノ立会ヲ為シ又ハ立会ヲ為スコトヲ約シタル者ハ証人介添人等何等ノ名義ヲ以テスルニ拘ラス一月以上一年以下ノ重禁錮ニ処シ五円以上五十円以下ノ罰金ヲ附加ス 

::二項|情ヲ知テ決闘ノ場所ヲ貸与シ又ハ供用セシメタル者ハ罰前項ニ同シ 


:第五条|決闘ノ挑ニ応セサルノ故ヲ以テ人ヲ誹毀シタル者ハ刑法 ニ照シ誹毀ノ罪ヲ以テ論ス


:第六条|前数条ニ記載シタル犯罪刑法 ニ照シ其重キモノハ重キニ従テ処断ス


***補足 [#t479781a]
 本節の条文(明治二十二年法律第三十四号:決闘罪ニ関スル件)は、現代的に不適切で有り、それを改正するようにと法務省の請願を行っているが、未だに改まってない。


-参照
--国 明治22年12月30日法律第34号)の改正 - [[日誌/進捗/平成27年度/52]]
---国 天皇陛下への報告書(手紙) - [[日誌/進捗/平成27年度/57]]
---国 総理大臣への報告書(手紙) - [[日誌/進捗/平成27年度/58]]
--国 明治二十二年法律第三十四号 - [[日誌/進捗/平成27年度/210]]
---民事 決闘罪に関する件と言う法規の放置(国) - [[日誌/進捗/平成26年度/289]]
--国 決闘罪に関する件との法規に付いて - [[日誌/進捗/平成26年度/268]]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS