* 国 ごみ、公害を発生させない産業 [#x770482c]

- 頁名: [[日誌/進捗/平成30年度]]
- 投稿者: 万屋
- 優先順位: 重要
- 状態: 提案、観察
- 種別: 自由な研究/鑑査
- 投稿日: 2018-04-25 (水) 17:13:42
- 段階、参照: 
-----
#CONTENTS
** 趣旨 [#q863d235]
 「消費物に、『ごみ』が、含まれる」との状態に有り、『(あ)過剰な包装や、(い)再利用の行えない入れ物』の扱い(処分)が、一般人の課題と、成っている。

 つまり、「(う)購入を、行う段階で、『ごみ』を、購入するにも、値する事を、行っている」が、その主原因は、「(え)製造、生産を、行っている業者側に、問題(責任)が、有る」と想われ、「(お)一般人が、拘り無く、購入を、行いつつ、『ごみ』の生産に、加担する状態が、原因」(つまり、一般の消費者が、『ごみ』の生産に、加担する事を、意味する)と、想える。

 また、消費者側に、「(か)購入時における、『ごみ』の発生を、減らせる選択肢が、無い」(つまり、同等の商品が、有れば、「比較的に、『ごみ』の発生が、少ない商品を、選ぶ事が、不可能」な状態)との事情も、多い。

 更に、本邦や先進国などで、問題視される、『&color(green){足枷的産業の方式};(僕の経世済民的研究における呼称)』が、懸念され、「故意に、『ごみ』が、発生する環境を、造りつつ、一般人に、資本を、介する形式で、経済的な負担を、生じさせる試みが、有る」とも、判断するに至っており、古来から、''差別を、行う為の手段''に用いられる(違憲)とも、判断するに、至っている。

:なぜ、『差別を、行う為の手段』に、該当するのか| 本邦や、先進国の工業的な発展において、「公害の生産も、平然と、行っていた」との時代が有り、その「公害の被害者は、どのような人達なのか」が、問われつつ、平成30(皇紀 2678;2018)年04月25日(現在)に至っても、''数十年も前に、被害が、発生するに至った事件''が、『(ア)未決と、成っていたり、(イ)被害者が、十分な保障を、受けられない(のは、裁判所が、悪い:違憲)』等の状態に、有るが、その『政治的な、悪き性格』は、多くの先進国でも、確認が、行え、『(ウ)自国の自傷的状態から(エ)途上国へ、工場を、移転させた後、他国で、公害や被害を、生じさせ(殆どの場合、相手国が、''了承、及び無知な状態''で、行われている)』との事も、生じており、先進国と言う意味では、''異常に、精神病質性の高い、戦略''が、展開されている事も、解る。つまり、「知性が、''低い''(事は、悪だ)から、被害に、遭う」との観点を、有する、輩達(共存性が、無く、精神病質性が、異常に、高い、思想)によって、展開されているとも、判断するに、至っている。

::公害の学習| 本邦では、義務的教育にて、習う。


***関する、課題 [#x76c5bf0]
-[[日誌/進捗/平成30年度]]
--国 ごみ収集の自動化( AI )化など - [[日誌/進捗/平成30年度/37]]
--国 宇宙ごみ - [[日誌/進捗/平成30年度/33]]
-[[日誌/進捗/平成29年度]]
--立川市役所 &ruby(プラスティック){Plastic}; 製の食品系容器ごみ - [[日誌/進捗/平成29年度/212]]
--国 再建築不可能な物件の処理 - [[日誌/進捗/平成29年度/109]]
--立川市役所 平成28年度・ごみ事情 - [[日誌/進捗/平成29年度/99]]
-[[日誌/進捗/平成28年度]]
--国 太陽光などの自家内発電は、災害発生時に有益か - [[日誌/進捗/平成28年度/72]]
-[[日誌/進捗/平成27年度]]
--立川市役所 粗大ごみ処分の方法 - [[日誌/進捗/平成27年度/111]]
--立川市役所 不法投棄に付いて - [[日誌/進捗/平成27年度/67]]
-[[日誌/進捗/平成26年度]]
--立川市役所 平成26年度、ごみ減量対策に付いて - [[日誌/進捗/平成26年度/248]]
--立川市役所 Pet Bottle の回収に付いて - [[日誌/進捗/平成26年度/216]]
--立川市役所 空き缶など、ごみ回収に付いて - [[日誌/進捗/平成26年度/213]]
-[[日誌/進捗/平成25年度]]
--立川市役所 ごみ回収の有料化に伴う説明に付いて - [[日誌/進捗/平成25年度/261]]
--立川市役所 ごみ回収の有料化に伴う外国人向け説明に付いて - [[日誌/進捗/平成25年度/243]]
-[[平成24年度の進捗]]
--立川市役所 ごみ減量に付いて - [[平成24年度の進捗/86]]


*傾向の観察 [#i78564d5]
*世情の観察 [#i78564d5]

**国土交通省 海上保安庁([[公式 Web Site>https://www.kaiho.mlit.go.jp/]]、[[Wikipedia>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E4%B8%8A%E4%BF%9D%E5%AE%89%E5%BA%81]]) [#pee08bc5]
**国土交通省 海上保安庁 [#pee08bc5]
-[[公式 Web Site>https://www.kaiho.mlit.go.jp/]]

***[[令和02(皇紀 2680;2020)年10月10日>日誌/2020-10-11]] 現在 [#p6f0565b]
 『かなり、深刻な状況に、陥って、いる、事』を、公表。

#netvideos("067ef7tryV8")


**環境省([[公式 Web Site>https://www.env.go.jp/]]、[[Wikipedia>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%92%B0%E5%A2%83%E7%9C%81]]) [#i1d4f926]
**環境省 [#i1d4f926]
-[[公式 Web Site>https://www.env.go.jp/]]

***[[平成30(皇紀 2678;2018)年12月10日>日誌/2018-12-11]] 現在 [#l2125a2e]
-[[経済産業省>https://www.meti.go.jp/]] > ニュースリリース > ニュースリリースアーカイブ > 2019年度5月一覧 > [[海洋生分解性プラスチック開発・導入普及ロードマップを策定しました>https://www.meti.go.jp/press/2019/05/20190507002/20190507002.html]]
-[[経済産業省>https://www.meti.go.jp/]] > ニュースリリース > ニュースリリースアーカイブ > 2019年度5月一覧 > [[海洋生分解性プラスチック開発・導入普及ロードマップを策定しました>https://www.meti.go.jp/press/2019/05/20190507002/20190507002.html]]


**立川市役所([[公式 Web Site>https://www.city.tachikawa.lg.jp/]]) [#s112225f]
**立川市役所 [#s112225f]
-[[公式 Web Site>https://www.city.tachikawa.lg.jp/]]

***[[令和元(皇紀 2679;2019)年08月28日>日誌/2019-08-29]] 現在 [#p6f53c48]
 広報紙にて、「民間が、取り組んでいる、事情」を、公表。

-参考
--立川市役所 > 市政情報 > 広報 > 広報たちかわ > 広報たちかわ(バックナンバー) > 広報たちかわ2019年(平成31・令和元)年発行分 > [[広報たちかわ 2019(令和元)年8月10日号>https://www.city.tachikawa.lg.jp/koho/shise/koho/kohotachikawa/h31/0810.html]]
--立川市役所 > 市政情報 > 広報 > 広報たちかわ > 広報たちかわ(バックナンバー) > 広報たちかわ2019年(平成31・令和元)年発行分 > [[広報たちかわ 2019(令和元)年8月10日号>https://www.city.tachikawa.lg.jp/koho/shise/koho/kohotachikawa/h31/0810.html]]
---6面・7面 - プラスチックをごみにしないために!!わたしたち一人ひとりができること


**報道 - 国際 [#jcc353ff]
 僕が、学生の頃(約二十年以上も、前)から、&ruby(どいつ 連邦共和国){Bundesrepublik Deutschland}; が、積極的に、取り組んでいる事は、雑誌( Newsweek 等)にって、知っていた。

 なお、本邦の報道では、&ruby(欧州 連合){European Union}; で、報道を、行っている事が、多く、実質的に、 Bundesrepublik Deutschland の&ruby(せんえい){先鋭};(及び他国の牽引)が、あらゆる分野で、目立っている。


***[[令和02(皇紀 2680;2020)年12月02日>日誌/2020-12-03]] 現在 [#p143bd70]
-[[ゾウのプラごみ食い防止へ、投棄場周りに溝や電気フェンス スリランカ>https://www.afpbb.com/articles/-/3318802]]
--AFP BB NEWS - 令和02(皇紀 2680;2020)年12月1日 09時22分


***[[令和元(皇紀 2679;2019)年06月15日>日誌/2019-06-16]] 現在 [#a51242fe]
-[[国際枠組み焦点に=海洋プラごみ削減へ-G20環境相会合>https://www.時事通信社/jc/article?k=2019061201092]]
--時事通信社
---令和元(皇紀 2679;2019)年06月13日 07時10分
--時事通信社 - 令和元(皇紀 2679;2019)年06月13日 07時10分



***[[平成30(皇紀 2678;2018)年05月29日>日誌/2018-05-30]] 現在 [#ye83fdd0]
-[[使い捨てプラスチックにノー! EU、ストローなど禁止を提案>http://www.afpbb.com/articles/-/3176339]]
--AFP BB NEWS
---平成30(皇紀 2678;2018)年05月29日 06時07分
--AFP BB NEWS - 平成30(皇紀 2678;2018)年05月29日 06時07分



**報道 - 国内 [#k84670d1]

***[[平成30(皇紀 2678;2018)年05月29日>日誌/2018-05-30]] 現在 [#vebbdabd]
-[[経済産業省>http://www.meti.go.jp/]] > 政策について > 政策一覧 > エネルギー・環境 > リサイクル > [[3R政策ホーム>http://www.meti.go.jp/policy/recycle/]]
-- > 3R政策を知る > 3R政策 > [[北東アジア循環経済都市フォーラムの開催について>http://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/3r_policy/policy/toshiforum-100303.html]]
--> 3R政策を知る > 3R政策 > [[北東アジア循環経済都市フォーラムの開催について>http://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/3r_policy/policy/toshiforum-100303.html]]
---最終更新日:平成22(皇紀 2670;2010)年03月03日
-- > 資料を探す > 調査資料 > [[循環型経済構築に係る内外制度及び経済への影響に関する調査>http://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/data/research/131024-2_jpc.html]]
--> 資料を探す > 調査資料 > [[循環型経済構築に係る内外制度及び経済への影響に関する調査>http://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/data/research/131024-2_jpc.html]]
---最終更新日:平成16(皇紀 2664;2004)年09月15日


**雑誌 [#adf7346c]

***[[平成30(皇紀 2678;2018)年05月29日>日誌/2018-05-30]] 現在 [#s1b1deb8]
-[[『使い捨て文化』に戦いを挑む修理職人のネットワークが世界に広がっている>https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/post-9798.php]]
--Newsweek 日本版
---平成30(皇紀 2678;2018)年03月22日(木)18時30分
--Newsweek 日本版 - 平成30(皇紀 2678;2018)年03月22日(木)18時30分
-[[人類が出したプラスチックごみは『ゾウ11億頭分』>https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/07/83-2.php]]
--Newsweek 日本版
---平成29(皇紀 2677;2017)年07月20日(木)18時10分
--Newsweek 日本版 - 平成29(皇紀 2677;2017)年07月20日(木)18時10分
-[[複雑すぎるプラスチックごみの憂鬱>https://www.newsweekjapan.jp/column/tokyoeye/2010/05/post-175.php]]
--Newsweek 日本版
---平成22(皇紀 2670;2010)年05月17日(月)18時34分
--Newsweek 日本版 - 平成22(皇紀 2670;2010)年05月17日(月)18時34分

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS