Top / 自由な研究 / 放送 / 無線 / 周辺機器

電源

安定化電源

PS-40T

  1. Cigar Lighter Socket
    1.  - 1つ

DM-320 MV - Alinco

  1. Cigar Lighter Socket
    1. MAX 10 A - 1つ
  2. 配線での接続端子
    1. MAX 17A - 1つ
    2. MAX 6A - 2つ

外部の装置

  • Cigar Lighter分岐*1
    • [AZ-57] - 自動車用
      1. Cigar Lighter 電源 - 4つ
      2. USB電源 - 1つ

Antenna 関連

 Power、SWR計(Standing Wave Ratio)とは、 Rig(無線機)から Antenna へと放電される経路の途中で、その進行波(出力)や、それに対する反射波などを測定、調整して、法定基準値(通信障害を発生させないよう)に保つ為の計器、調節機である。

SR-435 - 第一電波工業

  • [測定範囲] - 50MHz、144MHz、430MHz
  • [測定種類] - 出力(Power)、反射波(SWR)

Antenna Tuner

CNW-417 - Daiwa

  • [測定範囲] - 1.9MHz、3.5MHz、7MHz、14MHz、21MHz、28(29)MHz
  • [測定出力] - 20W、200W
  • [機能]
    1. 反射波の測定(SWR)
    2. 出力の測定(Power)
    3. Tunerの機能
    4. Input(Rig側)が1、Output(Antenna側)3つで切替が可能。
  • [操作方法] - Yahoo!知恵袋
    1. Rig側の周波数を決め、LSB、USBの確認も行う。
    2. Antennaへの配線経路を決める。(三経路から選ぶ)
    3. BANDを、Rig側で指定した周波数に合わせる。
    4. TR側、ANT側の両方を用いて、SWRが比較的に低く成る所を探す。 - なお、SWRの測定値は、計測画面の中央にある赤い線
    5. TR側を動かして、SWRが最低に成る所を探す。
    6. TR側を基(動かさず)に、ANT側で微調整をする。
  1. SWPA-1102 - MACH Japan
    • [測定範囲] - 28(29)MHz
    • [測定出力] - 10W、100W
    • [修理]
      1. 初期不良が有ったらしく、修理を行った。

CNW-917 - DAIWA

  • [機能]
    • [測定範囲] - 50MHzと、145MHz
    • [測定出力] - 10W、100W
    • [修理]
      1. JANK品で、表示板の針が故障しており、それを修理して使用している。

Z-100 Plus - LDG Electronics

  • [機能]
    1. SSB、CW、Digital Mode(デジタルモード)に対応
      1. 0.1W ~ 125W
    2. 1.8 ~ 54MHzまでの範囲を自動で調整
    3. 乾電池でも稼動

Antenna共用機

Diplexer(でゅぷれくさ)

二種の周波数帯を一つに結合

GX-2007 - あんてん

  • [機能]
    1. 144MHz と 430MHz の周波数帯

Triplexer(とりぷれくさ)

三種の周波数帯を一つの結合

MX-2000

  • [機能]
    1. 1.6 ~ 60MHz、110 ~ 170MHz、300 ~ 950MHzの三種

Dummy Load(だみーろーど)

RigとAntenna間で行う、配線状況の調整などで擬似的なAntennaとして用いられ、疑似空中線回路(Wikipedia)とも呼ばれる。

  • DL-30A - Diamond Antenna
    • [特徴]
      1. 周波数帯 - DC ~ 500MHz
      2. 出力(Power) - 15W
      3. 反射波(SWR) - 1.15以下
      4. 抵抗 - 50Ω


*1 一つのCigar Lighter Socketを複数に分岐、または、他の電源形式に変換

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:52:05 (580d)