力学

力は、常に弱い所を求めて移動しつつ、消費される。

  • [作用点] - 物体に対して、力が働く点。
    • [支点] - 支えとなる点。
    • [力点] - 力を支える点。
      • [視点] - 基本的に視点の基準は、所属する国の憲法、法律に成る。

自衛的な観点での心理学

 自由競争の観点から、何だかの観点で心理戦を展開することがある。 攻撃、防御との観点からも、それ相応の基礎能力を有する必要がある。

人生の選択肢と心理

 人は、人生の選択肢が無くなると「何をしたら好いか判らず、精神を病むことがある」のかと 想われます。

 また、選択肢が多過ぎても悩む原因に成りますが、その場合は、 「どの人生を選択するかを楽しむのが普通」であり、精神を病む までに至らないのかと想われます。

 無差別殺人など、犯罪に着手をする者が陥り易い観点には、 「 不当、不法行為も業である 」との観点が強いのかとも 想われ、それらを司法人員が認めている傾向にも有ります。

 更に法の観点だと「○○を行った者は、△△に処する」と 言う、『 代償的な処理でしかない 』ことも解るのかと 想われます。

 それらを含めて、人生の選択肢として、不当、不法行為を 行わず、人生における多くの選択肢などを有している者は、 有利なのかと想われます。

 しかし世間体、結婚、社会性の義務や、独自の宗教観など 憲法や法に無い部分までも、倫理枠に含めると自縄自縛的な 状態に陥り、精神を病む原因に成るのかと想われます。

 よって過剰な倫理観が、精神を病む原因に成っている事も 有るのかと想われます。

心理学の分類

  • 潜在的防衛本能

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:52:06 (578d)