Top / 自由な研究 / 訴訟 / h21 / 少コ36

『訴訟にて、予納切手に、纏わる、強制支払い』に、伴う、損害賠償請求 事件

 「郵券の予納を、行なえ」と、裁判所から、請求が、行われた、事に、基き、郵券の購入を、行い、提出を、行ったが、裁判の終了後に、余った、切手の返還が、行われた。

 甲は、「裁判所が、必要だ」との請求に、基いて、購入を、行ったが、「その必要が、無かった、分の返還が、行われた」との事に、成る。

補足
 当時、甲の生活は、困窮の状態に、陥って、いた」が、その状況下でも、強制的に、指定額の郵券を、納入する事を、裁判所から、求められた。

 又、甲が、「必要が、無かった、返還分を、現金で、返せ」と、裁判所に、主張を、行ったが、それを、裁判所が、拒んだ。    よって、甲は、国に、損害賠償請求を、行うに、至った。

 なお、八王子簡易裁判所 平成21年(ワ)第1号での返還(4,300円分の切手)が、原因。

留意

 本事件は、「訴訟の救助も、行って、いた」が、抗告、等も、生じさせられた、事件に、該当。

平成21年(少コ)第36号

訴訟の費用

訴額
郵券の予納

関連する事件

関する、課題

書式の設定

  • 甲 原告
  • 乙 被告
      • 裁判所
    • 担当裁判体

丙 八王子簡易裁判所 民事

  • 担当裁判官
  • 担当書記官
    • 村瀬 辰太郎
  • 謄写の件
    • 民事 主任 書記官
      • 村上 裕代(むらかみ ひろよ)
    • 刑事 主任 書記官 - 代替者
      • 枦山(はぜやま)
    • 庶務課 課長(兼、上席主任書記官) - 民事 主任 書記官の上官
      • 大東(だいとう)

経過

甲から、丙へ、事務的な連絡 - 概要

令和02(皇紀 2680;2020)年05月08日 - 応対者 民事 主任書記官 村上 裕代

  • 謄本の件
    • 謄本の費用 - 一枚150円の件は、解るが、全頁で、幾らか。
      • [民事 主任書記官 村上 裕代(むらかみ ひろよ)の返答]
    • 手続の手順
      • 請求の方法、等

令和02(皇紀 2680;2020)年04月21日 - 応対者 刑事 主任書記官(民事 主任書記官の代替者) 枦山 

  • 謄写の件
    • 電源の使用 - 三回目(最高裁判所、東京地方裁判所へと、苦情の申立後)
      • 使用を、行えるのか。
  • 『取下げ書』の取下げ
    • 事情の説明 - 二回目
      • 裁判所の責任者(司掌者)へ、伝え、られたい。
      • 手続の確認を、行う、観点から、改めて、連絡を、行う。
  • 謄本の件
    • 謄本の費用
    • 一枚150円の件は、解るが、全頁で、幾らか。
    • 手続の手順
      • 請求の方法、等

令和02(皇紀 2650;1990)年04月15日 - 応対者 庶務課 課長(兼、上席主任書記官) 大東

前提
 『(あ)甲の本業(自己の紹介)、(い)事件の事情』を、説明。
(あ)甲の本業(自己の紹介)
 『(ア)行政に、対する、鑑査の活動、(イ)及び、経世済民活動』、等。
(い)事件の事情
 『裁判所が、郵券の予納を、現金で、扱う、事』に、関連性の有る、事件と、成るが、本来の観点は、「簡易裁判所で、郵券の予納分を、現金で、請負う、事が、主たる、目的に、成って、いた』が、令和02(皇紀 2680;2020)年04月15日の現在に、至っても、「それが、叶って、無い」ので、『取下げ書』の取下げを、検討するに、至った、次第。
補足
 過去の事情で、「お金が、無く、裁判所まで、歩いて、通って、いた」、等の事情も、説明。
  • 謄写の件
    • 電源の使用
      • 使用を、行えるのか。
    • [課長からの返答]
      • 裁判所の電源を、使わせ、ない。
    • [甲の追求]
      • 東京地方裁判所から、承諾を、得た、業務の方針か。
    • [課長からの返答]
      • はい。
  • 『取下げ書』を、取下げる、件
    • 事情の説明
      • 『取下げ書』を、取下げる、事の事情を、伝え、『裁判官にも、伝える、事』を、求めた。
    • [課長からの返答]
      • 「事件は、取下げられて、いる」ので、再審が、困難。
    • [甲からの追求]
      • 「本件は、『裁判官に、伝える、事』を、求めて、いる」のであり、課長の評価を、聞く、観点は、甲に、無い。
    • [課長からの返答 そのニ]
      • 裁判官に、伝え、ます。
    • [他]
      • 甲に、訴訟の継続を、行う、意思が、有る、事
      • 移送の件
  • 問合せの記録
    • 甲からの本問合せは、電話聴取書を、残す、事を、求める。
    • [課長からの返答]
      • 電話聴取書の作成を、拒絶。
    • [甲の追求]
      • 法的な、根拠を、述べろ。 - 釈明の請求
    • [課長の返答]
      • 書記官の職権で、『電話聴取書を、残す、事』を、行わないと、判断(決定)。

甲による、丙(乙を、含む)へ、提出を、行った、書類、等

提出待

書類の作成

平成21(皇紀 2669;2009)年08月19 - 窓口

  • 訴状

乙からの書類、等

丙からの連絡、送達、手交、等 - 概要

開廷

丙からの決定、命令、判決、等

令和** - 判決 主文

  • [[事実、及び、理由>]]
    • 山小屋(万屋の Blog) 法学の研究::訴訟

 - 東京地方裁判所 立川支部 庶務 第二課

  • 民事 予納金 還付
    • ***円
      • 証明の申請
  • 郵券の予納 返還

記録

甲による、謄写

[[令和02(皇紀 2680;2020)年**月**日>]]

  • 予納郵便切手管理袋
  • 保管金受払一覧表
  • 電話 聴取書
  • 口頭 弁論 調書
    • 第一回

書記官との対話(音声)

成果

 訴訟の目的は、『(あ)己の損害(被害)における賠償の請求と、(い)送料の予納を現金化させる事』の目論見が有った。

 平成29(皇紀 2677;2017)年12月08日現在では、地方裁判所において送料の予納は、現金で受けるように成った。

 提起における僕の戦略では、特別攻撃的(特攻)提起に該当する

あとがき

令和02(皇紀 2680;2020)年04月11日 現在

 僕の手記に、『法令集 Server の設置』(裁判所の職員用)を、求めた、事が、記されて、いた。

解説
 「当時に、判例集、等、一冊の値段が、数千円の物が、書記官の個々に、支給が、行われて、いた」との事が、解り、不経済の観点(国費の浪費)から、激怒。
 その問題を、解決するべく、提案で、『法令集 Server の設置』(裁判所の職員用)の要望(提案)が、行われて、いた。
補足
 当時の僕が、情報処理試験の『 Project Manager 』(Wikipedia)の学習も、行って、いた、時期で、試験の小論文時に、課題を、「裁判所に、『法令集 Server の設置』を、行う、企画」で、設定を、行い、設問に、挑んだ、事も、有った。
留意
 電子的政府(e-Gov)の存在も、その当時に、『総務省 行政評価局 行政相談受付の人員』から、別件の関連で、教わり(僕の記憶では、『苦情の申立』で、電子的政府の存在を、教わり、そこで、『法令の検索』も、行える、事を、教わった)、行政に対する、鑑査の活動時に、各種の公務員に、接する、時には、調査を、兼ねて、「電子的政府に、『法令の検索』が、有る、事を、知って、いたか」と、聞きながら、周知を、行って、いたが、その当時だと、「殆どの各種国家公務員で、『電子的政府』、及び、『法令の検索』の存在が、把握されて、無かった」との状況だった。

後書き

補足

関する、法規

日本国 憲法(電子的政府

昭和二十一年 憲法

前文 第二段落目

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

第十七条

 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。

第九十九条

 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

民法(電子的政府

公布
 平成三十年七月十三日|
改正
 平成三十年 法律 第七十二号

第四百十五条(債務不履行による損害賠償)

 債務者がその債務の本旨に従った履行をしないときは、債権者は、これによって生じた損害の賠償を請求することができる。債務者の責めに帰すべき事由によって履行をすることができなくなったときも、同様とする。

第四百十六条(損害賠償の範囲)

 債務の不履行に対する損害賠償の請求は、これによって通常生ずべき損害の賠償をさせることをその目的とする。

二項
 特別の事情によって生じた損害であっても、当事者がその事情を予見し、又は予見することができたときは、債権者は、その賠償を請求することができる。

第四百十七条(損害賠償の方法)

 損害賠償は、別段の意思表示がないときは、金銭をもってその額を定める。

第七百九条(不法行為による損害賠償)

 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

第七百十条(財産以外の損害の賠償)

 他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。

第七百二十二条(損害賠償の方法及び過失相殺)

 第四百十七条の規定は、不法行為による損害賠償について準用する。

二項
 被害者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の額を定めることができる。

第七百二十三条(名誉毀 損における原状回復)

 他人の名誉を毀 損した者に対しては、裁判所は、被害者の請求により、損害賠償に代えて、又は損害賠償とともに、名誉を回復するのに適当な処分を命ずることができる。

民事訴訟法(電子的政府

公布
 平成二十九年六月二日
改正
 平成二十九年 法律 第四十五号

第二条(裁判所及び当事者の責務)

 裁判所は、民事訴訟が公正かつ迅速に行われるように努め、当事者は、信義に従い誠実に民事訴訟を追行しなければならない。

第三百五十五条(口頭弁論を経ない訴えの却下)

 請求の全部又は一部が手形訴訟による審理及び裁判をすることができないものであるときは、裁判所は、口頭弁論を経ないで、判決で、訴えの全部又は一部を却下することができる。

二項
 前項の場合において、原告が判決書の送達を受けた日から二週間以内に同項の請求について通常の手続により訴えを提起したときは、第百四十七条の規定の適用については、その訴えの提起は、前の訴えの提起の時にしたものとみなす。

民事訴訟費用等に関する法律(電子的政府

公布
 令和元年五月三十一日
改正
 令和元年 法律 第十八号

第五条

 民事訴訟法第三百五十五条第二項(第三百六十七条第二項において準用する場合を含む。)、民事調停法(昭和二十六年法律第二百二十二号)第十九条(特定債務等の調整の促進のための特定調停に関する法律(平成十一年法律第百五十八号)第十八条第二項(第十九条において準用する場合を含む。)において準用する場合を含む。)又は家事事件手続法(平成二十三年法律第五十二号)第二百七十二条第三項(同法第二百七十七条第四項において準用する場合を含む。)、第二百八十条第五項若しくは第二百八十六条第六項の訴えの提起の手数料については、前の訴えの提起又は調停の申立てについて納めた手数料の額に相当する額は、納めたものとみなす。

二項
 前項の規定は、民事調停法第十四条(第十五条において準用する場合を含む。)の規定により調停事件が終了し、又は同法第十八条第四項の規定により調停に代わる決定が効力を失つた場合において、調停の申立人がその旨の通知を受けた日から二週間以内に調停の目的となつた請求についてする借地借家法(平成三年法律第九十号)第十七条第一項、第二項若しくは第五項(第十八条第三項において準用する場合を含む。)、第十八条第一項、第十九条第一項(同条第七項において準用する場合を含む。)若しくは第二十条第一項(同条第五項において準用する場合を含む。)又は大規模な災害の被災地における借地借家に関する特別措置法(平成二十五年法律第六十一号)第五条第一項(同条第四項において準用する場合を含む。)の規定による申立ての手数料について準用する。

第八条(納付の方法)

 手数料は、訴状その他の申立書又は申立ての趣意を記載した調書に収入印紙をはつて納めなければならない。ただし、最高裁判所規則で定める場合には、最高裁判所規則で定めるところにより、現金をもつて納めることができる。

第九条(過納手数料の還付等)

 手数料が過大に納められた場合においては、裁判所は、申立てにより、決定で、過大に納められた手数料の額に相当する金額の金銭を還付しなければならない。

二項
 前項の規定にかかわらず、支払督促若しくは差押処分の申立ての手数料又は別表第二の上欄に掲げる事項の手数料が過大に納められた場合の還付は、申立てにより、裁判所書記官が行う。
三項
 次の各号に掲げる申立てについてそれぞれ当該各号に定める事由が生じた場合においては、裁判所は、申立てにより、決定で、納められた手数料の額(第五条の規定により納めたものとみなされた額を除く。)から納めるべき手数料の額(同条の規定により納めたものとみなされた額を除くものとし、民事訴訟法第九条第一項に規定する合算が行われた場合における数個の請求の一に係る手数料にあつては、各請求の価額に応じて案分して得た額)の二分の一の額(その額が四千円に満たないときは、四千円)を控除した金額の金銭を還付しなければならない。
一号
 訴え若しくは控訴の提起又は民事訴訟法第四十七条第一項若しくは第五十二条第一項の規定若しくはこれらの規定の例による参加の申出 口頭弁論を経ない却下の裁判の確定又は最初にすべき口頭弁論の期日の終了前における取下げ
二号
 民事調停法による調停の申立て 却下の裁判の確定又は最初にすべき調停の期日の終了前における取下げ
三号
 労働審判法による労働審判手続の申立て 却下の裁判の確定又は最初にすべき労働審判手続の期日の終了前における取下げ
四号
 借地借家法第四十一条(大規模な災害の被災地における借地借家に関する特別措置法第五条第二項(同条第四項において準用する場合を含む。)において準用する場合を含む。以下この号において同じ。)の事件の申立て、借地借家法第四十一条の事件における参加の申出(申立人として参加する場合に限る。)又はその申立て若しくは申出についての裁判に対する抗告(次号に掲げるものを除く。)の提起 却下の裁判の確定又は最初にすべき審問の期日の終了前における取下げ
五号
 上告の提起若しくは上告受理の申立て又は前号の申立て若しくは申出についての裁判に対する非訟事件手続法(平成二十三年法律第五十一号)第七十四条第一項の規定による再抗告若しくは同法第七十五条第一項の規定による特別抗告の提起若しくは同法第七十七条第二項の規定による抗告の許可の申立て 原裁判所(抗告の許可の申立てにあつては、その申立てを受けた裁判所。以下この号において同じ。)における却下の裁判の確定又は原裁判所が上告裁判所若しくは抗告裁判所に事件を送付する前における取下げ
四項
 前項の規定は、数個の請求の一部について同項各号に定める事由が生じた場合において、既に納めた手数料の全部又は一部がなお係属する請求についても納められたものであるときは、その限度においては、適用しない。同項第五号に掲げる申立てについて同号に定める事由が生じた場合において、既に納めた手数料の全部又は一部がなお係属する他の同号に掲げる申立てについても納められたものであるときも、その限度において、同様とする。
五項
 支払督促の申立てについて、却下の処分の確定又は支払督促の送達前における取下げがあつた場合においては、裁判所書記官は、申立てにより、第三項の規定に準じて算出した金額の金銭を還付しなければならない。ただし、前項前段に規定する場合には、その限度においては、この限りでない。
六項
 第一項から第三項まで及び前項の申立ては、一の手数料に係る申立ての申立人が二人以上ある場合においては、当該各申立人がすることができる。
七項
 第一項から第三項まで及び第五項の申立ては、その申立てをすることができる事由が生じた日から五年以内にしなければならない。
八項
 第二項又は第五項の申立てについてされた裁判所書記官の処分に対しては、その告知を受けた日から一週間の不変期間内に、その裁判所書記官の所属する裁判所に異議を申し立てることができる。
九項
 第一項から第三項まで及び第五項の申立て並びにその申立てについての裁判又は裁判所書記官の処分並びに前項の規定による異議の申立て及びその異議の申立てについての裁判に関しては、その性質に反しない限り、非訟事件手続法第二編の規定(同法第二十七条及び第四十条の規定を除く。)を準用する。

裁判所法(電子的政府

公布
 平成二十九年六月二十一日
改正
 平成二十九年法律第六十七号

第六十条(裁判所書記官)

 各裁判所に裁判所書記官を置く。

二項
 裁判所書記官は、裁判所の事件に関する記録その他の書類の作成及び保管その他他の法律において定める事務を掌る。
三項
 裁判所書記官は、前項の事務を掌る外、裁判所の事件に関し、裁判官の命を受けて、裁判官の行なう法令及び判例の調査その他必要な事項の調査を補助する。
四項
 裁判所書記官は、その職務を行うについては、裁判官の命令に従う。
五項
 裁判所書記官は、口述の書取その他書類の作成又は変更に関して裁判官の命令を受けた場合において、その作成又は変更を正当でないと認めるときは、自己の意見を書き添えることができる。

刑事訴訟法(電子的政府

公布
 平成二十九年六月二十三日|
改正
 平成二十九年 法律 第七十二号

第二百三十九条

 何人でも、犯罪があると思料するときは、告発をすることができる。

二項
 官吏又は公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、告発をしなければならない。

刑法(電子的政府

公布
 平成三十年七月十三日
改正
 平成三十年 法律 第七十二号

第百九十三条(公務員職権濫用)

 公務員がその職権を濫用して、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害したときは、二年以下の懲役又は禁錮に処する。

第二百二十三条(強要)

 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。

二項
 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
三項
 前二項の罪の未遂は、罰する。

国家賠償法(電子的政府

昭和二十二年 法律 第百二十五号

第一条

 国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員が、その職務を行うについて、故意又は過失によつて違法に他人に損害を加えたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責に任ずる。

二項
 前項の場合において、公務員に故意又は重大な過失があつたときは、国又は公共団体は、その公務員に対して求償権を有する。

第二条

 道路、河川その他の公の営造物の設置又は管理に瑕疵があつたために他人に損害を生じたときは、国又は公共団体は、これを賠償する責に任ずる。

二項
 前項の場合において、他に損害の原因について責に任ずべき者があるときは、国又は公共団体は、これに対して求償権を有する。

第三条

 前二条の規定によつて国又は公共団体が損害を賠償する責に任ずる場合において、公務員の選任若しくは監督又は公の営造物の設置若しくは管理に当る者と公務員の俸給、給与その他の費用又は公の営造物の設置若しくは管理の費用を負担する者とが異なるときは、費用を負担する者もまた、その損害を賠償する責に任ずる。

二項
 前項の場合において、損害を賠償した者は、内部関係でその損害を賠償する責任ある者に対して求償権を有する。

第四条

 国又は公共団体の損害賠償の責任については、前三条の規定によるの外、民法の規定による。

第五条

 国又は公共団体の損害賠償の責任について民法以外の他の法律に別段の定があるときは、その定めるところによる。

第六条

 この法律は、外国人が被害者である場合には、相互の保証があるときに限り、これを適用する。

国家公務員法(電子的政府

公布
 平成二十七年九月十一日
改正
 平成二十七年 法律 第六十六号

第九十九条(信用失墜行為の禁止)

 職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

民事訴訟規則 - 最高裁判所

閲覧数 総計:36 今日:1 昨日:0


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-10 (日) 16:25:11 (57d)