趣旨

平成29(皇紀 2677;2017)年度
 平成29(皇紀 2677;2017)年01月01日から、平成29(皇紀 2677;2017)年12月31日までに、受講を開始。

 世間には、色々な見学所があり、それらの見学を皆さんにも御勧めしたい。特に公的機関の施設では、安価で色々な事を学習でき、お子さんと一緒に楽しめる。

  • [注意]
    1. 日誌は、前日記(前日の記録)に成っています。

補足

 入学を行ってないが、放送大学の講義を、 Radio(ラジオ)*1放送(無料)で、聞く事が有る。

無料

Gacco 公式 Website(無料で学べる大学講座)

 基本的に修了を目的としているが、学科の修了に必要とされる条件(報告書の提出が課題と成っている場合など)により、終了が目的と成る科目も有る。

 なお、報告書の提出が、修了に必要とされる科目に付いては、「僕の学習において報告書の提出を行わない」ので、全て終了を目的とする。

修了

  1. ga088: Open(オープン) Science (サイエンス)時代の研究 Data(データ) 管理
  2. ga089: 情報 Security(セキュリティ) 基礎
  3. pt017: お菓子の世界の歩き方
    • 10月07日~12月02日
    • [留意]
      • [Week1] - Sweetsを、お菓子と称する形式で、主にChristianityの文化を学習させる内容に成っている。
      • [Week1] - また、Christianityに関連の無い物では、文化的詳細が省かれている。
      • [Week2] - 仏教、神道、及び地域の宗教的な理念に関する詳細は、少ない。
  4. pt016: 吉原由香里六段と学ぶ、囲碁の上達法
  5. pt015: 食文化の本来と将来
    • 07月03日~09月30日
    • 留意 - Week4 に限る
      • 講義の中で、「肉食を開始する事で、脳が発達するに至った」との指導が有るが、日本の文化*2や、他の農耕型文化からも、肉食に限られておらず、他の学説では、「物を噛む事で、脳が発達するに至った。または、農耕の技術を得る工夫など、日々の生活を向上させる知恵を求める事や、他者との人間関係を維持する交流の手段に、『 言語(発話、言葉)、音、何だかの表現の方法 』等を使う事を模索する事による脳の発達から、それらが知性の発達、及び文化の発展に至った」との説も有る。
      • なお、「 市場などの発展から、多くの文化(種族など)が集まる場所において、『(あ)共通の言語、(い)共通の通貨』が存在する事で、商いを発展させる事が可能と成った 」とも、経済(経世済民)学の観点から解説される事も有り、文化の発展には、市場(や商業的都市:商売を介する形式で、知性が発展するにも至った等の説)が、重要な役割を果たすに至っていた事も解っている。
      • 神武天皇が行った肉食に関するは、「(家畜にも成る動物の)肉を食べる制限'' 」であり、*3食の禁止とは、異なる。
      • 『米と税金』における説明は、不適切に感じられ、「本邦では、通貨の概念が比較的に近代的*4に成ってから、一般的に広まったのであり、それまで集落などで食べ物を、分担的に生産、それを共有する文化が主体で、の概念でも、米を年貢に収めるのは、「通貨よりも、長期の保存が可能と成る米の方が重要*5であった」と解る。
      • また、一つの家庭が単独(家庭内の人員だけ)で生活する場合でも、食料を(自然的、農耕的、狩猟的に)採取する場所を、複数に必要とされる。
      • 更に、Christianity の宣伝も行われており、それに関連する情報の出典元も、明らかにされておらず、最悪な事(洗脳の為)に試験の出題でも、特定の宗教的知識を得させる出題が行われている。(本件の講師が所属する宗教、及び思想の団体による影響、及び工作性を疑う)
  6. ga044: 土木・建築構造に関する最近の研究
  7. pt010: 高校生のための Data Science 入門
  8. ga085: 宇宙開発を通してみる私たちの社会
  9. pt009: 10代の表現を応援するgacco特別講座
  10. ga083: 子どもの発達を科学する
  11. pt008: 文化財を活用した観光拠点形成
  12. pt007: 『 囲碁とAI 』
  13. ga077: 都市の災害 Risk(リスク)とその備え
  14. ga080: memento mori-死を想え-
  15. ga079: 解明:オーロラの謎
  16. ga075: 交通事故被害者生活支援教育

終了

  1. ga093: 子ども達が最高の選択肢を掴むために
    • 12月20日~平成30(2678;2018)年01月20日
  2. ga087: 上司を活かし組織を動かす実践 followership(フォロワーシップ) 講座
    • 11月03日~11月22日
  3. ga086: 企業で働く Leader の為の実践 Management 基礎講座
    • 09月20日~10月07日
    • 留意
      • 『 圧力 』を行っては、成らない。
      • 本学習では、「圧力 を行う事が必要」と想われるような内容に成っているが、日本国 憲法 前文 第二段落にて、「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫(つまり、圧力を行う)と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。」と明確に記されており*6圧迫を必要とする教えは、非国民的教育である。
      • 本件のような形式で、『(あ)心理の操作や、(い)洗脳』等が行われる事に留意されたく、『(ア)幼少期における家庭での教育、(イ)小、中、高校などの教育』等でも、重要視*7される。
      • 人によっては、「怒られて、良かった」と言う、Masochism のような性格を有する人も多いが、「実社会において、精神病質者が権力を有する事によって生じる*8、大規模な災害の多くは、感情的に成っても避けられない事が分かっており*9、むしろ感情的に成って、一時的に発散すれば、(被害を受けた事への)怒りが、消化(解消)されつつも、主たる問題の解消に成って無いのだから、同じ過ちを、何度も繰り返される」との傾向が有って、危険である。
      • 本節の学習において、『 叱る 』の方法に付いては、洗脳、服従、意識的操作で用いられる方法に該当すると判断。
      • 『 叱る 』とは、怒り等、感情を露わにする事と限らず、「相手の悪いとされる部分を、相手が自ら克服する事への助言や態度」が求められ、僕の場合だと、「君の人生なのだから、勝手にすれば良い。でも、企業(に限らず、所属する組織など、狭くは、親子、兄弟姉妹など、家庭内や友人間)側に不利益と成るならば、相応の処置が求められる。」との類で助言を行うと、未成年者も含めて、徐々にと自らを正そうと、意識する傾向に有る事が、実体験*10で分かっている。
      • 各講師による指導の事情から、「近代的な新興的宗教や、各種の思想における教育でも使われているような、表現、教育の手段が用いられている」と判断するにも至っているが、それの全てが悪いとは、思えない。
      • Masochism のような性格を有する人 - 自己的制御の能力に欠けつつ、それを第三者を介する形式で補おうと欲する性格*11
      • 常に、「誰かに叱られたい、誰かが叱ってくれなかったから・・・」っと言う歪んだ欲求が生じる事が有り、Sadist の餌食に成っている事も分かっているが、その関係が倫理観を異常に低下させる事*12も、僕が犯罪的心理を含む、行動心理学を独学で学んだ限り*13では、解っており、『 自律性の欠如が生じる(自己的制御性の欠如:自分の行動や心理を、自らで制御を行えない性格が形成される。逆に、自分の行動や心理的状況を、他人から制御され易く成り、新聞や、外からの情報において、事実性が無くても、条件反射的に、特定の心境、及び行動を行いたく成る衝動に陥ってしまう傾向に有る。近年だと、愛国心や憎悪的表現における集団的行動でも見られる)』との危険性が有り、公安上の問題からも危惧される。
      • 特徴的に、多くの違憲、違法(今回の語句では、刑事犯を含む*14)、規律に違反する者達の言い訳(逃げ口上)に、「誰かに叱られたい、誰かが叱ってくれなかったから・・・」が用いられる。
  4. ga082: 統計学Ⅲ:多変量 Data 解析法
    • 06月27日~08月03日
  5. ga084: 誰でも使える統計 Open Data
    • 06月27日~07月30日
  6. ga081: 戦争倫理学
    • 03月30日~04月27日
    • 留意
      • Freemason 等が関与する、「戦争(軍事的紛争)における、倫理感の正当性を誘導する洗脳、意識的操作とも想える。
      • つまり、「正当な理由が有れば、戦争(軍事的紛争)を行っても良い」と言う結論に達する事からも、違憲的*15である。
  7. ga078: Art(アート)の力と Management(マネジメント)
    • 02月14日~03月21日
  8. ga076: 政治哲学入門
    • 01月26日~02月18日
  9. ga010:Motivation management(モチべーション・マネジメント)
    • 01月21日~02月11日
  10. ga074: 文化翻訳入門-日本と世界の文化 Communication(コミュニケーション)-
    • 01月14日~02月06日
  11. pt004: 《特別企画》食から学ぶAnti-Aging(アンチエイジング)術 〜食養生と家庭の食医〜
    • 01月08日~01月10日
  12. pt005: 建設業生産性向上教室
    • 01月06日~01月09日
  13. ga073: 高齢者のからだとこころの(アセスメント)
    • 01月05日
受講数*16修了*17終了
281612

再受講

 過去に受講を行っているが、改めて修了を目的として再受講を行った科目。

  1. ga060: 幼児教育に新しい風を-KUNOメソッドによる「考える力」教育
    • 中止(修了に、報告書の提出を強いられる)
      • 02月01日~02月11日
受講数*18修了*19終了
000


*1 Internet上からも聞ける
*2 本邦では、農耕の関係から採食的生活が主で、「肉食が主と成る西洋人と比べると、腸も長い」と、昭和の時代では、医学的に言われていた。
*3 動物には、魚などが含まれる:植物でも果肉(かにく)と言われる部分が有って、一般的に動物の肉と区別され、『 肉 』だけならば、主に動物の肉を意味する。
*4 通貨の発展は、経済学で言う、市場の発展、及び商工の発展が、一般的に広まった地域から展開された
*5 気象の変動に伴う、飢饉(ききん)等により、『 通貨が有っても、物が無い状態 』が生じる事も有る。:比較的に近年では、関東大震災、戦時中、終戦の直後などでも生じている本邦の文化的事情
*6 また、日本国 憲法 前文 第四段落では、「日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。」と記されており、国民による宣誓文と成っている。
*7 人格の形成において、憲法や法律、何だかの倫理性から歪んだ性格が形成される事が懸念
*8 例えば、本邦だと日本国 憲法 前文 第二段落目に、「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」と明記されているが、地震などの自然災害の脅威を、事前に把握を行えている事情が有りながらも、それを十二分にと、民へ理解させない」等が、該当する。
*9 本邦の事例では、義務教育過程で習う、各公害事件などが、該当する
*10 過去に、喫煙の関係で、未成年に説教を行った時にも用いている:本節の方法は、警察官や指定暴力団などの構成員なども用いている事が分かっている程に、善悪を問わずに効果の有る手段で、実行者の倫理観も問われる。なお現在の僕は、直接的な被害が無い限り、『 叱る(または、説教をする)事 』は、とある実験の為に、故意で行っておらず、代わりに、警察など行政の機関へと、被害の報告を即時に行っている。
*11 本邦だと違憲的であり、日本国 憲法の前文 第三段落には、「地上から永遠に除去」の対象と成っている『専制と隷従』を、逆に増進する性格を有する民が、増産される危険性を孕む
*12 権利者が、配下の隷従的度合いを確認する為に、故意に不条理な命令を行う事が有って、昔から悪党などの組織にも見られ、人間関係上における(悪い)儀式でも用いられる傾向に有る。
*13 近年では、『 行動経済学 』と言う学問も有るので、参照されたい。
*14 刑事(刑法)では、違法と異なり、刑法に合致する事で、法の効果が生じる。例えば、刑法だと「○○を行った者は、△△に処する」と、条文に合致する場合に適用される法律であって、それに合わないと、刑法が効果を発さない。
*15 日本国 憲法 第九条に反する。つまり、まず『(甲)日本国 憲法に伴う理想的な未来と、(乙)現実の問題とを区別する』事が必要で、(丙)現状を学びつつ、日本国 憲法に照らす事により、本邦の民と言う立場で、どのような行動が必要なのかを追求する事が求められる。
*16 受講中を、除く。
*17 修了証を、得た、講義。
*18 受講中を、除く。
*19 修了証を、得た、講義。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-24 (火) 16:35:11 (6d)