平成30(皇紀 2678;2018)年度

 平成30(皇紀 2678;2018)年01月01日から、平成30(皇紀 2678;2018)年12月31日までに、受講を開始。

  • [注意]
    • 日誌は、前日記(前日の記録)に成っています。

無料

Gacco 公式 Website(無料で学べる大学講座)

 基本的に修了を目的としているが、学科の修了に必要とされる条件(報告書の提出が課題と成っている場合など)により、終了が目的と成る科目も有る。

 なお、報告書の提出が、修了に必要とされる科目に付いては、「僕の学習において報告書の提出を行わない」ので、全て終了を目的とする。

修了

  1. pt022 広島から平和を考える
  2. ga129 Let's Enjoy(レッツ・エンジョイ)・昆虫学
    • 12月10日〜翌年01月02日
    • [受講の推奨]
      • 小学生、中学生にも解りそうな内容で、且つ重要な内容に成っている。
      • 「将来性を、若い世代と共に、考える」と言う感覚や、更に「親子間での家庭内学習にも繋がる」と、想われる。
  3. ga127 勝利の方程式 Sport(スポーツ) と栄養
    • 12月08日〜12月27日
    • [受講の推奨]
      • 性別や年齢にと、然程に拘らず、聴講が行える。
      • 体育系の人に限らず、一般人(特に主婦など)でも、役立つ内容。
  4. pt021 地方創生に若い力を!高校生 Social Business Project(ソーシャル ビジネス プロジェクト)( SBP )と言う挑戦
    • 12月10日〜同月25日
    • [関連する情報]
    • [推奨]
      • 小、中、高生にも、是非に学習されたく、想う。
    • [感想]
      • 未来への可能性を、未成年者と繋ぐ、大人の義務も感じつつ、「老若男女の協調も、重要だ」と、感じた学習。
  5. ga118: 組込み・Real-time System(リアルタイム システム)
    • 11月06日〜11月13日
    • [推奨]
      • 「本邦の義務的な教育過程ならば、中、高生でも、理解され易い」と、想われる。
      • 「農業を学ぶ人には、何だかの道具を作るのに、とても役立つ知識」と、想える。
    • [留意]
      • 「講師の発話が、不適切な感じ」と、思う人も生じるのかと想われるが、僕的には、問題が、無い。逆に、『講師ですらも、上手に言えない部分によって生じる*1は、「僕(受講者)に、適度な(理解する為の)が、提供されている」*2と、判断。また、本件の講師は、「何だかの教育学から、指導の方法を学んでいる」とも想える。
      • 本邦の十年(ぐらい)後は、「中学校の三年生程度、並びに高校の一年生程度で、標準的な教育の内容に成る」のかと想われつつ、現状(本講義)でも「科学が好きな小学生(高学年程度)、中学生が、何だかの工作を行いたく成る」と想われる。
  6. ga116: Cloud(クラウド) 基盤構築演習
    • 10月15日〜11月01日
    • [推奨]
      • 情報処理系の試験における学習に、好い。
  7. ga115: Architecture(アーキテクチャ)・品質 Engineering(エンジニアリング)
    • 10月14日〜10月31日
    • [疑問]
      • 英単語のカタカナ化が、多い。
    • [推奨]
      • 情報処理系の試験における学習に、好い。
  8. ga114: Business Plan(ビジネス プラン) をつくってみよう<実践編>
  9. ga113: 先生のための一生モノの学びを得られる授業づくり
    • 07月23日~08月11日
    • [推奨する設問への挑み方]
      • 管理職や、その経験者は、講義を受けるよりも先に、設問へ挑む事を勧める。可能な限り(正解が判る範囲:『(甲)解らない、(乙)間違えた、(丙)答えに自信が無い』との時は、講義を受けてから、改めて挑む方法)で、設問へ挑めば、「己の感覚における正誤(ずれ)が、判る」と想える。僕の体験だと、設問の半分ぐらいは、受講前に解けた。
    • [問題点]
      • 設問 2-8 - 解答の理由が無い。だけに留まらず、心理を誘導する工作でも使われる手段と判断。近年では、『(A)SF 商法、(B)霊感的商法』*3等の犯罪でも用いられている事が解っており、外に隷従化*4の関係から、憲法の前文に習えば、違憲的と判断。設問の仕組みから想えば、精神病質性が高いと想える。なお、「a.記述をしっかりと書けているか 」は、『生徒への評価』であって、「 d.グループで『盛り上がっていたか』どうか 」は、Week2 -3(共有の学び)で、重要視されている。つまり、『a.』が、「a'.『記述をしっかりと書けているか』の確認を、講師の立場で行えていたか 」と表現されている必要性が有ると、想える。
      • 設問 4-9 - 出題文の日本語(文法)が不適切に感じられ、「『最も適切な選択肢は、どれか』との表現が、適切だ」と想える。また、出題文の趣旨から想えば、「どの選択肢を選んでも、正解と成る」とも判断でき、出題における『故意の可能性*5』をも疑う。
  10. ga108 : DSC10周年記念講座 知識ゼロから始めるデジタルサイネージ入門
    • 06月20日~07月09日
    • [問題点]
      • Week1 設問 1-7 - 講義の中で教わって無い選択肢が含まれており、特定の Website で確認をする事を求められる。この形式は、『誘導の工作』に該当すると判断。一般的に詐欺などでも使われている手段で、外に『殺傷が目的に成る工作』では、『牽引型誘導の工作』が用いられる事もあり、『赤信号を渡せる誘導の工作にも用いられる』:△の条件を満たすには、○に付いての条件を満たす必要があり、その為には、□を追跡する必要が有る。その為、□の追跡によって、敵方の目的へと牽引される。本来ならば、『(A)Internet上で検索を行って調べる事を明確にする事だけに留まらず、(B)総務省の Website なり、適切なURL 等への指定を行う』との必要があり、類似する他の『悪意の有る Website 』を選択する等、それによって被害を受ける危険性も生じる事を、出題者の責任において認識する必要が有ると、判断(評価:今時代的な IT Security の観点から想う評価)をするに至る。
  11. ga014: 統計学Ⅰ:Data(データ)分析の基礎
    • 04月18日~05月28日
    • [問題点]
      • [致命的] Week1 確認 試験(問題1-7、問題1-8) - 講義の中では、『Week1 で教わらない公式』(義務的教育で、習う公式と想われる*6)を用いる事を強いられ、問題が解けても『人間性が卑屈』(困難な問題を解けても、「それが人間性*7の観点から、有益なのか」が問われる)に成る。
      • [致命的] 総務省 統計局などでは、相応の技能が有りながら、選挙などの不正な行為や、「あらゆる国家行政分野での数値的な精度の確認」を怠っている傾向に有る。一般的に、『会計の監査』だけで評価される事が多く、数値の偽造を行う事で、不正に国庫金が流出する事(森本学園事件など、財務省における決裁公文書の改ざん事件)も有り、「総務省 統計局には、相応の(他機関の情報を精査する)部署が無い」との状態であっても、職員(公務員に限らず、国民の個々)などが『正当的防衛の観点から、自主的に確認(精査)する等』の(国民的)努力が求められる。
      • [致命的] 「一般人でも、各行政機関から公開されている数値の『監査、検査、精査』を行えるが、それの複雑化を行いつつ、一般人に「監査、検査、精査には、『困難を要する』と想い込ませている傾向にある」と判断。
      • [懸念] 学習の終了後に、『数値の明確性や精度を気にするように成る可能性を有する』が、「実世間において数値に騙される人は、多い状態にある」事から、過剰に数値を追求後に、その操作に興味を抱く者も現れるのかと想われる。(統計学、及び関連する経済学、社会学での見方では、Steven David Levitt 等が、映画、著書などを介する形式で、解説を行っている)。なお、本学習の通り、「総務省 統計局の努力は、認められる」が、統計学を司る各大学の社会的責任が問われる。
    • [日本国の民、その一人と成る、僕の努力](経世済民的な活動:行政に対する鑑査の活動)
    • [事例:報道]
  12. ga107 : 『いざ! 資産形成』 ~ 余裕を持って、余裕を増やす。 ~
    • 04月21日~05月23日
      • 修了証(05月10日:第三週まで『確認の試験』が、全て満点の時点)
    • [問題点]
      • 『物流、及び市場』を経済に含まないのは、不適切に想え、その理由に「市場の繁栄は、『文化の繁栄(産物の繁栄)』を生じさせる」*8が有る。 - 参照 万屋の Blog 貨幣の流通と資本、それと資本的主義
      • 財産と資産の違い - (あ)財産は、価値が有ると判断される物(人:高度、及び独特な技能を有する者など、法的に裁判所で認める財産)で、(い)資産は、資本と扱われる物(人:例えば、人材*9など)に限られる。
      • [用語の解釈] - 例えば、『商品』を一般的に想うなら、「売買(取引)されている物(人を含む*10)の全てにおける総称を意味する」と解釈するが、特定の範囲内で使われる意味合いでは、違う意味で用いられる事も有り、『第3章 確認の試験 問題3-2』では、それを洗脳の方式*11で矯正する事が、試みられている。
      • [複利と期間] - 一般的に、『年度毎の物価観が問われ、複利で二倍に成っても、物価が二倍に成っていれば、利益を得たと言えない』との解釈も有り、世間的な事情と、消費者の価値観に委ねられている。
      • 問題 3-8 は、『(甲)日本語の観点だと、出題文が不適切に区切られており、(乙)計算式も明確にされておらず、(丙)「複利は、利益が有るぞ」とだけ思い込ませる事を目論んでいる』と判断、『犯罪の被害を拡大させる事を目論んでいるのか』*12と、疑いたく成る。
      • [修了証] - 第三週まで、『確認の試験』において全て正解だと、その時点で修了証の請求が行えつつ、発行される(つまり、『第四週、最終の課題』を経ずとも、修了証の請求、発行が可能)。
  13. ga106 : Business Plan(ビジネス プラン) をつくってみよう<基礎編>
  14. ga101: 嘉納治五郎と Olympic(オリンピック)Movement(ムーブメント)
    • 03月30日〜04月20日
    • [問題点]
      • 1-2. 日本体育協会の創設 - 説明において、「経済に関係なく」と表現を行いつつ、「 = これはお金のあるなしに関わりなく」と刷り込んでいる。
      • 補足 1 - 普通、日本語では、『お金の有無に関係が無く』と表現を行うが、『(A)西洋思想系の工作活動者、(B)Mind control(マインド コントロール) された者、及び洗脳された者』は、「平仮名を、読み難い表現で用いる傾向が見られ、公的な機関でも、確認を行える」のが現状。外に、Microsoft 社製品でも、「日本語の変換が、漢字と平仮名の表現で、不適切に表現される事が解っており、更に、Microsoft 社製品における、文字の変換における教育でも、「漢字と平仮名の比率に付いて、根拠が無い割合を、『見易い』等と刷り込んでおり、洗脳の為に、試験の問題にも出題される事が有る」と判断するに至っている。
      • 補足 2 - 『資本と経済を、符号化させる工作』は、『 Freemasonry 』の特徴と判断するに至っており。「実は、講師も、刷り込みを行っている自覚が無い」と想われ、Mind control(マインド コントロール) の怖さを解ってもらえるのかとも想われる。また、同じ『刷り込み連鎖の悪用*13は、工作的にも問題視されており、「オウム真理教や、各種の思想や宗教などで、悪用が行われていた事」でも、知られている。
      • 特定者(嘉納治五郎: Freemasonry の一員か、協力者と想える人物)の貢献を、宣伝する事が目的の学習と判断(オウム真理教でも用いられた、『教祖を、讃える学習』の方法と、あまり大差が無いとも想え、『共産主義では、毛 沢東など』、社会主義でも、その時における主権力者を称える教育の方法と、変わり無い)。
      • 本邦においては、体育館などの建設に関与を行った土工などを含め、多くの者が無名的にと協力や関与を行っており、『代表者など、極小数だけを祭り上げ、展開する非民主的な状態(大いなる差別)を、先代の名を悪用する形式で、利己的に教え説く事は、嘉納治五郎の教えによれば矛盾するが、前出のように、オウム真理教に限らず、各種の宗教や社会的な関係において悪用されており、その主たる原因に、『専制、及び隷従の関係が存在する』(違憲*14)と判断するにも至る。
    • [僕の事情] - 僕は、嘗て国家に、全国民へと体育の改善を求めた事も有るが、Freemasonry の思想や、共産主義などの観点と関係が無く、『近隣の諸国における軍事的な脅威、及び相応の軍事的(心身の)教育』に鑑みての事で、防衛(自衛)的な処置に、武道(柔道、剣道、合気道など)を必須*15に推奨。
      • 外に、各認定などの保持を行っていた事も有る。
  15. ga090: 事例に学ぶ災害対策
    • 03月16日〜04月12日
    • [推奨する学習の方法]
      • [ Week3 理解度確認 ] - Week3 の受講を、開始する前に、『(一)全問を一度だけ答え、間違っても連続的に答えず、(ニ)次いで動画を見た(受講)後に、間違った問題に挑む事』を推奨。
  16. ga097: ようこそ、科学技術 Communication(コミュニケーション)
    • 03月10日〜04月07日
    • [注意]
      • [学習の方法] - 試験を介する、『洗脳(強要型:誘導型の刷り込み)の方式』が用いられている。
      • [答え方の不条理 その一] - 正解を、『半角カタカナ』で入力を行うと、間違えの扱いに成る。 - 実証例 
      • [答え方の不条理 そのニ] - 正解を、『英単語(語句における原語)』で入力を行うと、間違えの扱いに成る。 - 実証例 Week 3 - Part 3 - 第一問
      • [答え方の不条理 その三] - 正解を、『英単語の語源に合わせて、カタカナで表記する時に、"_"(空白:半角、全角)を入れると、正解に成らない』との可能性が有る。 - 推測例 Week 3 - Part 3 - 第一問など
      • [答え方の不条理 その四]*16 - 正解を、『興味・関心』で入力を行うと、不正解に成る。 - 実証例 Week 1 - Part 4 - 第三問 (参照 北海道大学による、科学技術的な共同体への感覚 - よろずや Blog 経済の活動::鑑査 平成30(皇紀 2678;2018)年03月12日(月) 19時34分
      • [『科学技術 Communication(コミュニケーション)』の定義 その一] - 国際的には、西洋の思想に基づく、Science Communication(サイエンス コミュニケーション) (科学技術的な共同体)で、広く知られており、この学習では、それと異なっている。
      • [『科学技術 Communication(コミュニケーション)』の定義 そのニ] - 「科学を、人の繋がりとする関係(人間*17の関係が、『科学』で結ばれている:つまり、「この一言で、学習が終わってしまう」と言う程の内容」と成っているが、それに、異常な程の細分化*18を行って、解説が展開されている。
      • [文章で、科学を、どう伝えるか]*19(Week 3 - Part 4) - 「本邦の義務的教育で習う、国語と異なる」と感じられ(拒絶的な心境と成り)、且つ、試験では、特定の文章を、文章の校正に関する出題を介する形式で、文面の構成を理解する為に、何度も読む必要が生じるのかと想われるが、不快(巨額の税金が、研究に投入されている事を想えば、その浪費者達から、何だかを教わるのを、拒絶する思いにも陥った)で、設問も適当に答える事と成って、当然に不正解と成ったが、「望んでもない宗教や思想の教えを、強制的に覚えさせられ、それに沿う行動を行わせる目的の教育*20に、類似する」と判断。
    • [留意] - 僕の観点と、異なる部分など
      • [『行動主義』の説明](Week 1 - Part 4 - 3) - 洗脳*21の手段を解説するように成っており、実質的に「洗脳を、『行動主義』と言う形で定義をする事で、正当化を図っている」と判断。
      • [『ライティングとは』]( Week 3 - Part 1 - 2 ) - 『言葉』に付いて説いているが、正確には、『情報』と想える。理由は、「近年だと、人と人に限らず、人と物」と言う概念が加わっており、「言葉も、『言語』と言う点では、Programming language(プログラミング ランゲージ)Computer(コンピューター) と、人の対話:『構文=Programm』 に使われる、機械語)も有る。つまり、科学の対話では、人と人に限った事でもなく、「多くの科学者は、研究の対象と成る、生物や動物と対話(Communication(コミュニケーション))をする」とも言われている程である。よって、『言葉』と表現するより、『情報(言葉に限らず、信号や絵、音を含めた、全ての感覚)』で、「 Writing に限定をするならば、『文字』が該当をする」と想われつつ、「今時代だと、文字も符号化されて解釈される(情報化社会)」と、判断できる。なお、「文字(または、広い意味での情報)であっても、それを受ける相手が、文字(または、広い意味での情報)の理解を行えなければ、交流が困難と成り、Communication が、成り立たない」ので、『言葉 ≠*22 共通で理解の行える原語、文字、記号、符号』が、適切かと想える。なお、『需要と供給』における観点と等しく、「交流を求めている、交流を求めてない、どちらでもなく、どちらであっても対応する、どちらであっても、対応を拒む」と言う関係が生じ、『交流を求めている者(物)が、交流を求めてない者(物)へ、Communication を求めても、相手から拒絶される』が、それに類似する、「相手に理解されない文字で、表現を行う事は、相手に受け入れられないか、理解に困難を生じさせ、相手が理解するのを、断念する事もある(准拒絶)」ので、やはり『共通の原語』や、「発する者(物)、受ける者(物)とで、共通の理解が行える情報』と言う観点から、双方で理解の行える文字(=双方で理解の行える符号)が用いられると、判断する方が好い」と想われつつ、「言葉は、音声の符号化を意味する」のだから、やはり『符号=文字≦*23情報』の定義から、『双方で理解の行える(形式に拘らない)情報』が妥当と、想える。(のは、僕の説:貧民の割に、『符合や符号』に拘りつつ、富豪との交流が、彼方へと、遠のくような感覚を得た、俺の説*24
      • Week 4 - Part 2 の全体的 - 今時の高校卒業生(就職における試験の学習を行った者)ならば、講義の内容において、「何が、良くいないのか」の区別が付かない場合は、『 IT 系の知識に欠けており、実務上においても危険な人材』と想える。
      • [全体的な問題 その一] - 致命的な『(あ)著作権、(い)発明、研究における情報の占有権』などの説明に付いての欠如が有る(本邦では、著作権法などによって、利益が護られており、学者(研究者)に限らず、一般人(素人)であっても、法によって、自動的に護られる;例外的に、『拡散(一般的には、二次配布)、改変(改造)』等の許可を予めに行っている場合には、自由*25に利用が行える)。
      • [全体的な問題 そのニ] - 映像、動画や作画の作品など、意匠権、肖像権、また、既に、他で人気の有る物(者)を起用する事で生じる利益と権利(一般的には、『Publicity(パブリシティ)権』と、呼ばれている)に付いての説明が無い。
    • [致命的な問題]
      • [全体的] - 近年では、学者や、一般の他者などによる盗用が、問題視されており、『素人による趣味的な研究』でも、その成果が他者にとって、重要な情報と成る事もあって、Internet 上で、情報の回収を行い、その情報を立証する実験(研究)を経て、『自らの研究による結果』と主張する輩も、居るのかと想われるが、本邦だと前出のように、著作権により護られるが、被害者による『権利の侵害を主張する事』も、必要と成る。
      • [各設問] - Week 4 における講座と称する各動画の内容を確認する限り、「視聴者が、『各設問で正解を得られない』のは、各講師と称する者達による演出が、視聴者を理解させる能力に欠けるから」と言う論理式が成り立つのであり、矛盾を感じる。
  17. ga099: 白川文字学への招待-漢字と東洋の歴史文化
    • 03月01日〜03月25日
    • [留意]
      • 白川 静 博士*26による漢字の研究を紹介する学習。
      • 僕による漢字の解釈は、小学生の頃に購入*27を行った、『 旺文社 漢和辞典 改訂新版 赤塚 忠、安倍 吉雄 編 』を、現在でも使っており、行政の鑑査において、『公務側が、国民に示す、言葉の使い方の説明』を行う時の参考に、用いている。
  18. ga100: 法心理・司法臨床:法学と心理学の学融
    • 03月01日〜03月23日
    • [講義の楽しみ方]
      • 『(甲)各講師の服装、(乙)表現の方法、(丙)女性なら化粧を含めて、観察する』と、「講師が、心身共に、あらゆる手段を用いて、受講者へと教授(理解を試みる)を行っている意識や、仕掛けを楽しめる」のかと想えつつ、受講生への(司法生などを、応援する事への)愛情を感じる。
      • とある講師は、とある映画の Emily(エミリー) に似ており、その映画における内容も面白いが、それが作成されるまでの過程( Stop Motion Animation )と、この講義における作成の過程で、共通する『想い』を感じつつ、講師達による『不撓不屈(ふ とうふくつ)』も感じられるが、『東京原発』と言う観点も重要視される。
    • [不適切な指導]
      • 心的な外傷(しんてきながいしょう)( Psychological Trauma )の解説において、「事件中の不動的反応」を『 Freeze(フリーズ) 』と呼称するように誘導される」が、「不適切だ」と、感じられる。 - 参照 心的な外傷と、『 Freeze(ふりーず) 』の状態*28
  19. ga095: 運動と健康の理論・実践
  20. ga096: SOFIX科学有機農業入門講座
  21. ga092: 観測的宇宙論入門
  22. pt019: 宿泊業の人材確保 ~Hint(ヒント)は女性・Senior(シニア) 層の活躍にあり!~
  23. ga098: 総務省 ICT Skill(スキル) 総合習得 Program(プログラム)

報告書を要する件で、終了

  1. ga112: 共創する商談!実践 Consulting(コンサルティング) 営業講座
    • 10月15日〜11月03日
      • 終了
    • [感想]
      • 突っ込み所が満載。でも、最終的(講義を最後まで受けた後)に、「色々な方法を、講義と別に、自己的(自分だったら、このようにする的)に学べる不思議さも有る」が、講義の内容だけを過信するのは、危険に思える。
      • 「(あ)講義の途中で、干し芋を食べたり、(い)講義における終結後で、『輸出音頭』が演出される事を期待する」に至ったのも不思議。(THE 鈴木タイムラーより:Wikipedia
    • [疑問]
      • 講義の中で、『行動理論』との名称が出てくるが、『(A)説明の内容は、論理で、(B)説明(解説)を行っている事が、理論』と、想える。
    • [僕の経験との違い]
      • [ Week2 ] - 礼儀 - 「(あ)重要な商談は、一人で出向かない」、「(い)一人で商談に出向くと、『営業の新人が、巡業(どさ回り:宣伝、挨拶)に来た程度』*29と、軽く扱われる」のが、一般的。また、動画の『役割的演技』( Role Playing(ロール プレイイング) )の挨拶でも、新人(軍隊的な表現だと、新兵)的に思われ、世間的な観点で言う『揉まれる展開』が生じる事も、有る。また、『(甲)派遣の人材を使う、(乙)世間的にも、好く知られている企業や商品、(丙)独特で、その企業が特化するような商品を扱っている」との場合、「自らで名刺を出さず(代わりに、広告紙や資料の程度は、渡す)、相手が求めた時に限り、渡す」等の特殊な対応も、有る。
      • [ Week2 ] - 危険性 - 詐欺や宗教などの勧誘でも、同じ展開が、悪用されている。論理式では、『(A)目的を伝え、(B)それが拒絶されると、(C)不安感を煽る』(霊感的商法などの事件例が、有る:強迫(きょうはく)的な行為)は、「Public Freemasonry 等の系列でも使われている」と判断する、古典的な方法。
    • 僕が商談を行うなら
      • [ Week4 ] - 予算の減額(予算を元値から50万円下げるなら、部長の権限で、商談が成立する) - 動画の『役割的演技』( Role Playing(ロール プレイイング) )では、「部長が、決済権限内で、商談を進めたい(俺の顔を立てて貰いたい*30)」との返答が有った時は、必ず上司に確認を行う。事前に、上司から「値引き、予算の削減は、応じない」との命令(司令)が有っても、部長を相手(自分よりも、身分が高い人を相手)に商談を行っている場合、まず『削減する部分と、妥協案(主に、部長案)の確認』を行いつつ、それを形式的に上司へと、報告する。また、無理に元値で取引せず、削減を受け入れ、「削減された部分が、後に必要と思われた時は、追加(の予算)で、願います。その時は、少々に割高と成ります。その割高分とは、上司と私で(お酒)一杯分づつ程で、、、*31」と言う。主要な部分が削減されると、実質的に困るのは、相手の企業。それでも、「自社で挑んでみたい」との意志は、凄いと評価する必要も有る。逆に、それを観察する事が行えるならば、良い学習に成る。更に、相手側の企画が失敗する可能性が出てきた時に、それを(追加)支援する事の方が、信頼性が明らかに上がる(「支援を行っても、失敗と成る事も有る」のが事実で、その時は、「お互いで努力を行っても、駄目だったか」と納得される事が、多い)。など、色々な話術の方法(戦略)が有るのかと想われつつ、それらが悪用されない事を、願う次第。なお、「取引の相手を、自らの上司と重ねて想いながら、商談を進める観点も、重要」で、自らの身分が、相手と対等の場合、『役割的演技』のような取引は、「日本人だと無い*32と想える。
  2. ga111: 知ると営業が楽しくなる-実践 営業 Skill(スキル) 基礎講座
    • 08月12日~09月06日
      • 終了
    • 感想
      • 講義の基礎は、「10年以上も前から、世間的に一般でも、営業の教育で用いられている内容」と成っている。
      • 商品を売り込む前に、自分を売り込め』は、僕が十代の頃から、営業の教育で指導を受けていたので、それい以前から、「営業の教育で、用いられていた」と想える。
    • 不思議
      • 「犯罪心理学の観点で、講義を解析(評価)する」と、「なぜか、綺麗(不自然)に、『好くない』と想われる部分が、はっきりと浮き彫りに成る」(「講義の構成が、構文的に構成されている」ので、『好くない』と想える所も、「部分的に、はっきり見えるから」と、想える。:普通の講義は、『自然の水』と同じく、「人の個性が、色々と混ざっている」けど、「この講義は、『純粋(H2O:化学合成された水)』のように、綺麗な公式で、成り立っている」と感じる。;この場合、仮に間違った部分が生じていても、その部分だけを、『適切な内容』に入れ替えれば好く、逆に『公式が悪用される事』も有って危険な事から、防壁*33が設置される傾向に有る)ので、『一般的な営業の学習』と言うよりも、「本講義の構成が解れば、『何にでも適用が行える事』を、伝えたかったのか」とも、想える。
    • 演出では、攻めの営業
      • 実際の営業では、色々な相手が居る。『(甲)特に自営、中小企業の創設者や、幹部には、個性的な人が多く、(乙)上場の企業だと、流儀も加わるが、一般的常識の範疇で、(丙)一般人だと、更に色々な性格の人が居る』が、存在の比率では、(丙)、(甲)、(乙)の順と成り、営業(業種)的に「どれを狙うのか」で、戦略も異なる。本講義では、『(甲)、(乙)』と、『(丙)』で、演出が区別されているが、「(共通する)営業の基礎を、把握する展開」と成っている。また、比較的に『攻撃型』の演出が多く、商社の営業だと、「取引が、相手の企業における、事業的計画の一部と成っている事も、有る』ので、共同的経営(運営)者と言う立場で接する事が求められ、『定期的な(Ⅰ)消耗品、(Ⅱ)取引の商品』が有る場合には、「事業計画会議に、呼ばれる事(取引の相手に、事業における資源の調達を、把握させる)も、有る」のが現実。僕的には、難易度が(甲)、(乙)、(丙)の順と成り、「(乙)場合は、流儀が、主に礼儀と成りつつ、初心者だと相手の企業が、自社の紹介を兼ねて、流儀を教えてくれ、その状態から、師弟的な情況(本講義で言う、『場』)と成り、会話が進み易く成る」(これは、『面接、自己的紹介』でも用いる事が可能で、「初心者の意識で、相手に接する事で、相手から何だかを教えてもらえる戦法」でも有る:が、僕の場合は、幼少期からの天然で、好奇心が強いので、何でも初心的に接する傾向に有る)と、想われる。
      • 受身の営業も有る事に、留意。 - 実は、人気(大手など)の商品を扱うと、相手(年上のように見えても)から低姿勢で扱われる事が、有る。つまり、「営業さん、待っていたんですよ」と、好感度が抜群の相手も居る。それは、「営業の担当が、その地域における『人気の商品を、割り振る権限を有する等』が、原因に成っている事」が、多い。この場合には、『商店街の酒屋と、取引の相手』*34的な御用聞き程度の感覚が良く、営業側で『変に気張る(頑張りの意思的表示を行う)』と、相手の緊張感も、過剰に増す傾向に有る(談話に疲れが生じ、それが相手も負担と成る)。
    • [問題点]
      • 講義の中で、『理論』と主張する場面が、多く見られる。僕の観点だと、「講師が主張する『理論』は、『行動の心理』と想われ、『理論』と異なる」と、判断。また、「本講義に、試験も導入されている」ので、洗脳的にも感じられる(「理論と心理を誤認させる事を、試みているのか」との疑いたく成る)。本邦だと外に、「『 経済 = 資本 = Economy(エコノミー) 』等も、『(A)大学や各種の学校、教育的機関、(B)報道の機関、雑誌社』等を介する形式で、誤認が広まっている」と、僕の経世済民学では、判断するに至っている。
      • [理論] - 原因と結果の関係を、説明する時に用いられる、論述。つまり、「講師の説明(内容)が、理論」と、想われる。
      • [行動の心理] - (あ)行動、動作する時に生じる、心理(行動の判断を迫られる)的状況、(い)反射的な行動。(う)個性(性格)に、影響される。
      • 各設問 - 設問の中には、「僕的に、どちらでも好い」と判断する選択肢が有り、「講師の主観(好み)で、正解が決まる設問が有る」と判断。この現象は、法学の講義でも生じている事が解っており、『(a)学校的な派閥、(b)教授の派閥、(c)宗教、思想』等も判る事が、有る。更に、『(d)同胞(敵対、競合)者の識別(『踏み絵』や『合言葉』)』にも使われる。
  3. ga105: Smart(スマート) IoT System(システム) Business(ビジネス) 入門
    • 08月11日~08月21日
  4. ga104 : Active(アクティブ) で深い学びの Design(デザイン)
    • 05月23日~07月01日
    • [問題点]
      • [Week 1 問1-4] - 「」の使い方が不適切に感じられる。また、『文章、段落、文、文節、単語(語句)』の構成を、予めに解っている必要が有る。 - 平成30(皇紀 2678;2018)年06月07日(木)【お詫びと訂正】で、処理されている。
      • [Week 1  1-2] - 教育の方法における歴史図に、日本人が無い。逆に、このような形式で、「本邦の民が意識を操作されている」と言う事が判る。
    • [感想]
      • 今時代において、「(色々な)学習会の構成員を調べずに、安易に参加する事は、危険だ」と想われる。

終了

  1. pt020: 5G実現の基礎技術 ~目指す未来とNTTドコモの取り組み~
    • 09月15日
      • 修了証は、発行されない講義。
  2. ga102: 都市史研究の最前線 〜 大阪を中心に 〜
    • 03月07日〜03月30日
  3. ga094: 東日本大震災の教訓を活かした実践的防災学への Approach(アプローチ)
    • 01月27日~03月01日
    • [警戒]
      • Quiz の形式で、認識の試験が設置されているが、特定の意識(違和感)を抱かせる洗脳(試験を、強制力の代用にする*35Mind control(マインド コントロール))が試みられている可能性が有る。
      • Quiz の選択肢には、講義で教わらない事(講義の範疇外:講義の内容に無い事)も、多く含まれており、選択肢の信憑性を調べる事への誘導(強制力)も試みられている。
    • [注意]
      • 受講すると、「これだけの能力がりながら、事前に減災の活動を行わなかった、各学者の無能さに、憎悪が湧く」との心境に陥る。
  4. ga091: Globalization(グローバリゼーション) 時代の国際政治
    • 01月20日~02月11日
    • [問題点]
      • [ Week 1 注意 ]
      • 立教大学( Christian school )の思想的な偏見に基づく、学習の内容で、Christian(クリスチャン) による独自の世界観に成っている。
      • 対暴力が主体の内容と成るが、軍人や精神病質者、Terrorist(テロリスト) を犯罪者を含め、Christian(クリスチャン)が多く、本邦だと信者が少ないだけの事が解っているが、それを明確にされて無い。
      • 現状でも、世界の各地で生じている宗教に関連する紛争(戦争)では、Christian(クリスチャン) 、Freemasonry 系など、精神病質者系の主権者の配下で展開されるの工作が原因と成る事が多く、『(甲)知性の低い人達から資源を奪うか、(乙)搾取を行い、(丙)『文化の開拓を行っているのは、我々の思想だ』と、世間に広く伝えるような展開も、日系の Freemasonry による工作によって行われており、それらには、日本人独特(広くは、ASIA系と想える)の性格が出ているように感じられる。
      • もともと Christianity(キリスト教) は、多文化共生感に、欠ける。
      • 日系のChristian(クリスチャン) による活躍では、人物名が明確にされている。
      • 『米国による中心的展開』は、情報の工作による Propaganda(プロパガンダ) による誤認(その効果で、学者でさえも誤った主張をする状況)であり、(A)実質的に国家的視野での展開だと、英国が中心で、(B)後に Freemasonry(フリーメイソン) による、国家から宗教を介する形式で、世界の統一を図る展開へと、切り替わっている。また、(C)英国(白人)による奴隷の差別を、歴史的に盲目化する目的で、人類史的な、白人による汚点の中和を、米国で試みたとも想え、白人の優位性と言う観点では、米国によって、英国が優位に成っている。(D)結果的に、『米国を前衛に、英国(白人の歴史)が護られる形式で、世界の経済(その為の紛争)が展開するに至っている』のが現状と、僕的に判断する。(E)更に留意する点には、 Freemasonry(フリーメイソン) には、『大衆系( Public )と、王族制(Royalty)・貴族(Aristocracy)』系が有って、特定の規範内で競合的に争われ、(F)実質的に組織(軍事系の組織を除く)に関係が無い、一般人を駒に使って、争う(闘う)事も解っている。よって、現在の世界的情勢では、『(a)王政(酋長、君主)、(b)宗教(人以外の物を、祀る)的国家、(c)共和制(論理、理想論を基準*36とする)国家』にと、分類する事が可能と成っている。
      • أسامة بن محمد بن عوض بن لادن(Usāma bin Muhammad bin ʿAwad bin Lādin) も紹介されているが、القاعدة‎(Al-Qaeda) は、米国中央情報局(CIA)などによる関与によって設置されている。
      • 本邦では、日本国憲法 前文において、「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」と、人類的にも重要な役割を、宣誓させられているのであり、それの盲目化を試みつつ、自らが信仰する宗教による優位性を抱かせる、Mind control(マインド コントロール) (意識、気持ち、心理の操作)は、「本邦の基準(日本国憲法)に照らせば、良くない」と判断するにも至るが、宗教や思想、何だかの統括下にある人の状態では、何だかの意識的操作で規制されて、生きている(活きている)のも現状であり、だからといって対立者の自殺を誘発する事までもを、本邦で認めてない事(自殺対策基本法)を理解する必要があり、『所属する信者だけが、自殺を抑制されるような教え』は、今時代の本邦だと、『不適切な教え』と判断できる事も解り、多文化共生の意識も欠けると想える。
    • [外]

中断的終了 - 再受講の予定も無い

  1. ga110 Puzzle(パズル) で情報活用
    • 11月13日〜12月19日
    • [感想]
      • 市販されている Soft の使い講座。
  2. ga109 : 大学生のための Data Science(データ サイエンス)(Ⅰ)
    • 06月19日~07月02日(中断)
    • [問題点]
      • Week1 問1-9 - 講座の中で、調波構造の説明が無い。
      • Week3 - 市販品の宣伝 - 特定市販品の宣伝が目的と判断、「大学側が、該当の企業から広告料を受けているならば解る」が、その事情が明確に成っておらず、『(A)企業から、講師だけが広告料を受け取っている、(B)企業から、講師も広告料を受け取ってない』との観点で、仮に(B)ならば、「(C)講師が勝手に、製品の広告を行っている」のであり、「公立の大学が、不平等に、特定民間企業の利益を増やす事にも繋がる宣伝を、無償で(意識の操作が行われている、思想や宗教などの信者による奉仕の如く)行っており、『(D)思想や宗教の関連で、工作的(公立大学の印象を悪くする為)に宣伝を行っている』との可能性も疑える。よって、「(E)大学の講師で有りながら、倫理観が低い者から、何だかを教わる思いは、無い」ので、受講を中断。なお、一般的に広く誰でもが無料で使える、Linux 系の各種計算表 Soft の説明が無く、不平等であり、『自由、平等、博愛』の志にも欠けている。
      • Week3 - 特定の Free Soft を Download させる事を求められる - 今時代なら、Soft の選択は、使用者の意志に委ねられるが、『(a)利用率や、(b)Download の率を上げる』等の目的や贔屓(ひいき)(思想や、信仰を含む)により、特定の目的に誘導する方法は、催眠商法( SF 商法)でも用いられている。また今時代だと、『関数式や機能における基礎的性能』は、どの Soft でも標準的な努力が行われており、「学習において、どの Soft を使っても、良いような状況で、特定 Soft の限定的宣伝は、『本講義で、初めて計算 Soft の事情を知る人が居る事』を想えば、その受講者が、似非宗教の勧誘や、催眠商法の被害者と同じぐらい、哀れに想える。
  3. ga103 : 男と女の文化史
    • 05月31日~07月01日
    • [問題点]
      • Week 1 各設問 - 錯誤させる出題が多く、学習に成らない。「この学習により、『源氏物語』に対する憎悪を抱くにも至っている(嘗て、オウム真理教において、早稲田大学を出身とする嘗ての広報責任者も、同じ手段を用いていた)が、それが目的と成る出題なのか」を疑う。
      • Week 1 の学習で解る事 - 「源氏物語は、宮中の乱交を描いており、歴史上から想うと、それ(無礼な物語)が『当時の世に、人気が有った』と想えない」が、『源氏物語』と酷似する猪熊事件(いのくまじけん)が、現実(江戸時代初期の慶長十四年)に発生する事も、奇妙に感じられ、そこへ結びつける学習なのかを疑うにも至るが、結果的に、『権力者の乱交を戒める物語*38』に過ぎない(類似する学習の形式では、『Χριστος(キリスト) は、売春婦の子供説』など、各思想や宗教、王家、貴族の逸話に多く見られる)。
      • Week 2 - 遊女の件 - 当時の風俗紙(現在の性風俗雑誌、及び風俗嬢の紹介紙と同じ)を用いた学習と成るが、現在の性風俗雑誌、及び風俗嬢の紹介紙と変わらず、「雰囲気を遊ぶ、その演出に過ぎない情報」と判断(実質的には、『売春の歴史』にも該当する)。-Week 2 - 狂歌 - Wikipedia 等 Internet による情報の方が解り易い。
      • Week 2 - 浅茅生 - 各女郎の作品に付いては、「(当時の事情で生じた)代作*39の可能性を疑う必要が有る」と想える。
      • Week 3 - loːrəˈlai(ローレライ)の伝説(3ー1、3ー2) - 僕の判断では、「恋愛小説などにおいて、作者が恋愛の対象などを魔物化する時には、実在する対象や、妄想的対象が居る」と判断。また当時(1800年代の Deutschland(どいつ) )は、『(A)産業革命、(B)Vienna system(ウィーン体制)、(C)Deutsches Kaiserreich(どいつ帝国)、(D)Otto Eduard Leopold Fürst von Bismarck-Schönhausen(オットー・エドゥアルト・レオポルト・フュルスト・フォン・ビスマルク=シェーンハウゼン)による政権、(E)Wilhelm II(ヴィルヘルム2世)の世界的政策』等の時代と重なっており、「恋愛の事情も複雑だった」と想える。更に、男性による女性への偏見から、宗教的な意識も加わる『魔女狩り』の影響も、想える(後の『3-3』で、魔女に付いて、少々の解説が有る)。
      • [全体的] - 『Week 3』の課題名までを見て、嫌な予感を抱いたが、『Week 4』の受講を始めて確信、『空想、妄想的な男女の文学史』であり、その点を『Week 3 3-9』で指摘するような主張も有り、「回避されるのか」との期待も少々に有ったが、その期待も空虚化、「今時代ならば、途上国において夢や希望を抱かせるのに使う文学術」と言う感じで学ぶならば、学習的期待も抱けるけど、近年だと『似非な宗教、悪き思想の団体が使う講義術』でも用いられる展開で、受講生による悪用*40の危険性を感じる。つまり、「(A)人は、空想、妄想によって、他者から何だかの利益(生命や、資本、財産的な利益など)を奪う性質も有り、(B)古来から現代に至っても、その習性が見られる事から、本能的に備わった人の機能と想われるが、とても危険な性質でも有り、(C)それを自己的制御する事で、幸福感が増幅される(浪漫(ろまん)などと称する形式で、心的な幸福を得られる)事も有るが、(D)他者から心理、行動の操作にも使われる事が有り、危険だ」と言うだけの事で、本邦の今時代的な高校生からは、好まれない分野に有る*41が、「(E)『(A)~(D)』のように、他人や神仏、精霊を頼る心理を抱かせられた場合、意外にも簡単に詐欺など、各種の悪行における策略に陥り易く成り、それこそ吸血鬼の如くな悪党に、何だかの利益を搾取される事が有る」と、課題や講義の間に入れる方が、公立大学(国益を重視する:民の自衛力を養う)的な講義と想える。講義は、全て確認を行っているが、試験に挑む意欲が途中で無く成り、動画を見る程度と成った。
      • [補足] - 僕の職歴に、Host Clubs(ホスト クラブ)の店員も含まれているけど、それらの関係から「現実の風俗店における事情を体験するにも至っている」のであり、今回の講義のように、「現実性の確認が行い難い、古い資料や古書を基に、講師の思惑で展開される講義」は、『野口 英世の伝記と、事実』、『 TV Animation の一休さんと、現実に存在する、一休 宗純の説話との違い』でも解る通り、「現実を歪める原因に成っているのか」と危惧する。逆に、「皆さんの自由な想像を養う学門(講義)です」ならば、解る。

再受講での修了

 過去に受講を行っているが、改めて受講を行い、修了と成った科目。

  1. pt010: 高校生のための Data Science(データ サイエンス)入門 - 再学習*42
    • 07月19日~08月08日
      • 再修了

聴講のみ

  1. ga117: IoTと Systems Approach(システムズ アプローチ)
    • 11月06日〜12月19日
    • [感想]
      • 聞き難い。

再受講での終了

 過去に受講を行っているが、改めて受講を行い、終了と成った科目。

統計

修了*43終了
(報告書)
終了中断聴講のみ
受講数*4423443135
再受講100001
24443136

公共機関

有料



*1 「一時的な停止に成ったのか」、「 PC の機能が停止に、陥ったのか」と、『どきどき』する事も有ったけど。ふと、小学生や中学生の時に出会った、教育実習生の事を、想った。
*2 理解が無くても、「突っ込みを入れたく成る(「◯◯」と言いたいのだろうと想う)」が、それが、逆に強い印象と成って、理解度が深まる。
*3 Terrorism(テロリズム)や紛争、現行の本邦だと、憎悪表現(Hate Speech:ヘイト スピーチ)、嘗ての『オウム真理教』において、広報の活動で用いられた話術。
*4 不条理な条件を相手に求めつつ、それに従う事を強いられたり、特定の行動へと誘導(行動心理的な操作:Mind control)され、隷従化の手段にも用いられる。また、Mounting(マウンティング)や、討論への誘導でも、用いられる。
*5 論議、討論の切掛を発生させる工作性。:僕的には、「教育的な観点で、正当な方法とは、思えない」と判断するに至るが、このような事は、日常において、色々な事で生じているのも事実。
*6 「義務的教育で習っているのだから、解っているのが、当然である」と言うような『発想の人格者』に多く見られる出題の方法と想える(とりあえず僕は、該当の問題が正解と成っている)が、「国家公務員なのだから、憲法の全文(前文に限らない)、並びに国家公務員法、及び業務に関連する全ての法規や規則(宣誓の内容を含む)を、解っているのか」と、該当の講師に試験すれば解るのかと想われるが、『非人間的(個人的な特殊的能力を含まない:例えば、「数学が得意」と言うのは、個人的な特技と成る)解釈』(計算機などの方が、一般的に「能率的だ」と判断される時代の背景)があり、講師が「自己優位性の精神に基づく観点で、講義を行っている事による表れ」と判断できつつ、それを違憲(憲法の前文、第二段落目に反する:国民性に欠けている:公務員と言う立場での適正にも欠ける)と判断するにも至る。
*7 一般に言う「élite(エリート)思考」に基づく観点での出題と判断する:『= 自己と同等、≦ 及び自己よりも優れた才能』に、有益性を感じる人格
*8 市場で使われる通貨は、流通論の概念で、資本論と異なる。投資や金融の商品などは、商工に含まれ、外に『無形的商品(本邦では、一般的に Service(サービス) と称するが、言語的な使い方と言う意味では、不適切)』
*9 軍人の『人命の消耗』等も含む。
*10 国際的な超広域の観点(各国や文化に拘らず、人類の全体)では、臓器を含む、人身の売買も行われている事の事実に基づく。:条約、国際法、各国の法律、倫理観などにより規制が行われているが、『幻覚剤、高揚剤の生産、販売』と等しく、途絶えない取引と成っている。;人(や物)の『客観的な外見や、人格(性格)』を、商品化する事も有り、その場合において「商品と成る当人が、自身の価値を把握するに至っており、積極的に商品的な活動を行う」との事も有って、本邦だと戦後から『客寄せ、ぱんだ』と呼称されている。
*11 飴と鞭:一般的に動物や、言葉の理解が行えない者(物)などへ、『快楽と苦痛』で教え込む方法。
*12 複利には、『適切な計算式』が有って、その説明を省く事で「利益が出ますから買って下さい」と言う、勢いによる販売(昔風で言う、押売の形式)で展開されるような商法や詐欺も多く、特に高齢者が『(あ)計算式を教わっても、理解するに至らない、(い)近年では、Computer(コンピューター) による計算表を使って、相手に説明を行う事も有るが、その計算式(Soft 的)に仕掛けが有る』等が、危惧される。
*13 人は、不実でも、長年に、『事実』と言い伝える事で、事実の把握を行え難い『未来に生きる人』は、不実を信じたり、それを悪用する事が有る。
*14 日本国 憲法 前文 第二段落目の主旨に反する
*15 『(あ)宗教的な観点で、否定される事が、事前に予測を行え、(い)外に事故が生じた場合に、非難を受ける事』等、それらの件に付いても、報告文に記載を行っている。後に、武道でわなく、『合気道のみ』を推奨。:参照 自由な研究/万学 2 No.342 『武道必修化に付いて』
*16 修正された事案
*17 人と、人の繋がり
*18 良い意味、悪い意味の解釈が有り、お酒に例えるならば、『どぶろく、清酒、特級酒』の観点で言う、特級酒に該当するような工程で展開されるが、僕の観点だと、「基礎は、どぶろく(素人でも作れる:本件では、「素人でも、科学技術的な共同体(Science Communication)への参加が行える。)的な展開が求められる」が、それを阻害するに至っていると判断。
*19 本来の標題名は、『文章で科学をどう伝えるか』で、『 、』が無く、「義務的教育の国語では、注意される」のかと想われる。そのような標題を見た時点で、学習の意欲が無く成った。
*20 洗脳的形式:本件の学習では、『行動主義』と呼称するように、教育(定義)される。
*21 本来の教育における基礎の概念では、「不正解者に、罰を与えたり、不快な思いをさせたりする事の教育的方法は、推奨されてない」(犬や動物に、芸や(しつけ)を覚えさせる時に用いられている方法でも有る)。不正解の者(物)には、適切な理解を求めつつも、「科学の世界では、出題における回答が、絶対的正当だとも限らず、化学品における開発においては、失敗作から製品化される物(『者』ならば、犯罪者、精神病質者などの更生を意味する)も、多く有るのが、実情。よって、適切な講義と感じられない。なお、指導者、及び誘導者の質が悪く、不正解と成った生徒達が、抱くであろう心情は、人によって『 Terrorist(テロリスト) 』と同じ感情を抱く危険性を、孕んでいる。:本節は、僕の経世済民研究における、公安(公共の安定性を図る:主に、自治体を形成する行政、及び付属する民の倫理、及び健全性の維持を図り、『生活の環境を、確保する』(犯罪の発生する事が無い、街造り)の課題で、追求を行った事が有る。
*22
*23
*24 僕は、長年に情報処理試験、Project Manager(プロジェクト マネージャ)等の学習を行っており(結果的に、数年後に受験を断念)、試験の制度にも、鑑査を行いつつ、『 Information Technology Passport Examination( I T パスポート 試験)』(初回の試験で、合格)の設置を要請するに至った事も有り、その学習において、部下や同僚との Communication (交流)に付いても、学ぶに至っており、外にも Communication に関する認証などを、得ている。
*25 本邦(日本国)で言う自由は、憲法・第十二条により規制され、勝手な事は、認められておらず、刑事などの法律で規制される。
*26 Freemasonry の一員、または、Freemasonry への協力者と想える
*27 親に買ってもらった。同時期に、『岩波 国語辞典 第三版 西尾 実、岩淵 悦太郎、水谷 静夫 編』も、入手
*28 よろずや Blog 法学の研究::規律と心理 平成30(皇紀 2678;2018)年03月11日(日) 15時34分
*29 更に、「この商談は、新人に扱わせる程度なのか」(見下されている)と、誤解を生じさせ、相手の気分を害する事も、有る。つまり、失敬に値するので、一般的に上司(部長、課長、係長など)と二、三人か、上司が(単身で)出向く。新人が上司の代行で出向く時は、予め上司が直接に相手の企業へと、「代わりに、誰(どのような者)を向かわせるのか」を、伝えるのが常識。また、その時に『熨斗紙(のしがみ)』(上司が、向かわせる者を、「なかなかに、良い部下(新人)で、、、」等、太鼓判を押すように推薦する)が付く事も、有る。なお、「一般的に新人は、上司と組んで営業に回る」ので、その時に紹介されつつ、営業からの商談時には、顔見知りと成っているのが、普通。
*30 部長の権限で商談が決まれば、その業績も自社側に評価される。
*31 これは、僕の性格における台詞で(似たような台詞を、実際の商談で言う事は、有ったが)、実際に呑みに行った事は、これ迄に無い:職場の険悪性から、上司に『飲み会を開く事』の推奨は、何回か有り、それが実際に行われた事は、有る。;なお、僕は、基本的に、お酒を御店で呑まないが、 Host Club(ホスト クラブ)で、働いていた事も有り、現在では、『 Web Server(貴方が見ている、この Web Server ) の Host 運営者』だったりする。
*32 例外的に、体育会系出身の新人に多く見られ、契約後や人間的関係の結び付きが深まると、悪い関係を形成する事も、多い。本節は、本邦の全般に言える事で、司法(警察、裁判所を含む)、自衛官など、あらゆる公共の機関や、民間の人間的関係で見られる『男性的社会の闇』と感じられるが、「泥臭い関係」と言う観点で、古くから生じている。近年では、減少の傾向に有る。
*33 Internet 等でも用いられる防壁と同じ役割で、「情報を得る事を、阻害する役割」を果たす。一般的には、宗教や思想、学術的には、『何だかの公式』等を、安易に解らせないように、複雑化する仕組み。
*34 日本の文化的には、古い伝統的な町内に有る商店が、主に一般者を取引の相手とする営業。
*35 よく大学の機関や宗教、思想の団体などでも、頻繁に用いられる。
*36 僕の経世済民学における観点では、『Programming(プログラミング)国家』と名称を付けており、『人や、多くの人が想うであろう理想的な現実』を構築する為の追求が国家の規模で行われるが、皮肉にも人の勝手な意志(人の本能)によって、実現する事が不可能」と想える国家の形式:『人の勝手(共和、共産が、人だと成り立たない理由)』に付いては、解り易く、本邦の民による演劇で、『 LIAR GAME 』が、公開されている。
*37 Papua Niu Gini(パプアニューギニア)の部族においては、部族間の争いが多い事から、男の子を産んだと判ると、産みの親が即時に殺す」との合理的な行動を、女性が行う事も有るが、論理的に間違ってない事も解るのであり、それら『女性の心理』を、真剣に理解されてない、女性の講師だった」判断するに至っている。また本邦や、中華人民共和国の歴史でも、飢饉(ききん)などにより、赤子を食べる等が行われた事は、言い伝えや、昔話(童話)などの形式で、残されている。更に、生贄(いけにえ)の文化なども、古来から有り、戦争の犠牲者を、神への生贄と想っている観点が、Religio Christiana、Freemasonry に有る可能性を疑うにも至る。
*38 雑種系と、血統を守る系の争いにおける火種
*39 本邦の文化に限らず、人類史において、あらゆる文面の『代作』に付いては、留意する必要が有るのかと想える。:代作は、今時代だと一般的に『Ghostwriter(ゴーストライター)』とも呼ばれる。
*40 例えば、講義の内容を、『不健全性的行為(及び乱交、または、知性を引けらす事で、相手に尊敬の意を抱かせつつ、服従、隷従させる等)』を目的とする相手を、口説くのに使われる等。
*41 完全な非現実ならば、「これは、非現実だ」と、逆に安心する感覚で、没頭する傾向が見られ、その文化感は、『 PC や Video 形式の GAME、漫画(Animation)』でも解る通り。逆に、現実性の追求では、『現実で体験する機会が無いか、非人道的行為』等は、「仮想的な感覚での体験で、欲望、願望を擬似的に満たす」との傾向にあり、主に『(a)視覚的な操作で脳を騙す形式( Virtual Reality 等)で、疑似的体験をする事に関心を抱いていたり、(b)模造品を使って、疑似的体験をする事は、古来から現在に至っても生じている』のが、現代的文化と成っている。
*42 既に、修了証をを得ているが、復習を兼ねて再受講。
*43 修了証を、得た、講義。
*44 受講中を、除く。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-24 (火) 16:36:27 (212d)