令和02(皇紀 2680;2020)年度

 01月01日から、12月31日迄に、受講。

  • [注意]
    • 日誌は、前日記(前日の記録)に、成っています。

無料

Gacco 公式 Website(無料で学べる大学講座)

 基本的に、修了が、目的と、成る。

補足 - 報告書の提出
 修了に、必要とされる条件(報告書の提出が、課題と、成っている場合など)により、終了が、目的と、成る、科目も、有る。

 なお、『修了に、報告書の提出が、必要とされる科目』は、「僕の学習において、報告書の提出を、行わない」ので、終了(聴講のみ)が、目的と、成る。

受講中

  1. pt036 なかなかいいいなか きてみんで徳島県那賀町

修了

  1. pt051 はじめての動画活用(ビジネス編)
  2. ga146 【経営学】 事例から学ぶ Digital(デジタル)Transformation(トランスフォーメーション)
  3. ga140 放射線・放射能の科学
  4. ga145 現代に生きる子どもの心理学
    • 修了 - 令和02(皇紀 2680;2020)年03月27日
    • 開始 - 令和02(皇紀 2680;2020)年02月28日
    • [補足]
      • [3-2] - 「自閉 Spectrum(スペクトラム) 症と、考えられて、いる、人達…」との旨で、紹介が、行われて、いる、人物で、『 山下 清 画伯 』(Wikipedia)、『 Albert Einstein(アルベルト アインシュタイン) 』が、含まれて、いる、事に、宗教的な、差別感を、感じ、外に、『 Temple Grandin(テンプル グランディン) 』(Wikipedia)、等、一般的に、不浄と、思われる、業務に、精神疾患者を、充てがう、観点は、西洋の思想、等で、多く、生じて、おり、『米国だと、軍人への投入も、問題視された、事が、有る』との認識が、有る。
      • [2-3] - 似非な宗教でも、用いられて、いる、方法で、『自己的な催眠』の作用が、有る。
      • [2-3] - 『思い込み』が、『自己的な暗示の効果』に、至る、事も、有る。
      • [2-確認の試験] - 受講前に、挑んだら、全問を、一回目の回答で、正解。
    • [疑問]
      • [1-3] - 乳児の社会性は、「親(つまり、人)から、学んで、いる」と、限られて、無い、事例に、『 Amala and Kamala 』(Wikipedia*1、等が、有る。
      • [1-2] - 「胎児が、母親の声に、特徴的な、反応を、示す」との観点で、仮に、妊娠中、日常の生活で、比較的に、『(あ)母親が、音、声を、発さず、(い)他の『者(物)』が、音、声を、発する』との場合、聴覚での反射的では、『(い)に、特徴的な、反応を、示す』と、想われる。よって、「(ア)母親に、限らず、(イ)常時(胎児の時)に、聞こえて、いる、音、声に、反応を、示す」との観点が、適切に、想える。
  5. ga142 進化発生学入門 - 恐竜が鳥に進化した仕組み
    • 修了 - 令和02(皇紀 2680;2020)年02月25日 - 修了証
    • 開始 - 令和02(皇紀 2680;2020)年02月12日
    • [疑問]
      • [1-2. 生物は細胞でできている] - 「人は、一つの細胞から、生じた」との観点では、「複数の説が、有る」と、想われ、少なからず、僕の考えだと、「(甲)精子、卵子の融合により、発生するが、(乙)受精卵の存在は、初期に、単体での存在が、無いので、(丙)人は、一つの細胞から、生じて、無い」と、想っており、双生児Wikipedia)の存在も、疑問点と、成る。
    • [補足]
      • 近年では、GAME、等でも、学ぶ、事が、可能と、想える。 - [事例] - Cell to Singularity - Evolution Never Ends(Steam:無料:特に、Beta 版では、恐竜の進化、等が、加わって、いる。)
  6. pt035 個人で実践 安心・安全な Internet(インターネット) 利用のためにできること
    • 開始、終了 - 令和02(皇紀 2680;2020)年02月15日 - 修了証
    • [留意]
      • 主たる、講義の目的は、Google が、提供する、Application の『紹介、及び、利用への誘導』と、想え、その展開は、「詐欺でも、用いられてる、方法」と、判断するが、『善用な流用』*2とも、判断する。
    • [補足]
      • 受講の前に、試験に、挑んだら、10問中、『 8、9、10 問目』(Google 提供の Application に、関連する、設問)の外は、7問(内、一つの問題は、二度目)の正解で、修了と、成り、その後に、聴講。
      • [設問 5] - Mail Address の Up Date と、言う、観点が、不明 - [理由] 「(A)Mail Soft の Up Date なら、解る、(B)Mail Address は、郵便で、言う、表札(宛名、郵送先)のような、物と、成るので、「移行( Address の変更)が、生じて、無いならば、Up Date (更新)の必要性も、無い」と、想える、(C)防犯の関係で、ID と、共に、登録を、行っている、Mail Address が、有り、その Mail Address に、『更新が、生じて、いる』ならば、当然に、更新( Up Date )が、求められるのかと、想える」が、出題的に、「何を、前提に、Mail Address の Up Date (更新)が、求められるのか」が、不明瞭。
  7. pt034 家族で実践 安心・安全な Internet(インターネット) 利用のためにできること
    • 開始、終了 - 令和02(皇紀 2680;2020)年02月14日 - 修了証
    • [留意]
      • 主たる、講義の目的は、Google が、提供する、Application の『紹介、及び、利用への誘導』と、想え、その展開は、「詐欺でも、用いられてる、方法」と、判断するが、『善用な流用』*3とも、判断する。
    • [補足]
      • 受講の前に、試験に、挑んだら、10問中、『 9問目 』(Google 提供の Application に、関連する、設問)の外は、全て、正解で、修了と、成り、その後に、聴講。
  8. pt037 Web・Internet の基礎知識 ~新たな常識と、Rule を学ぶ~

聴講のみ - 『修了証の発行が、無い』、『報告書を、要する』など

  1. ga143 SDGs 表現論 - Project(プロジェクト)Pragmatism(プラグマティズム)自分事(ジブンゴト)
    • 終了 - 令和02(皇紀 2680;2020)年02月25日
    • 開始 - 令和02(皇紀 2680;2020)年02月11日
    • [補足]
      • [1-2. SDGsへの盛り上がり] - SDGsを、唱える、講師が、公然と、仏教徒への嫌味(いやみ)(偏見:日本国 憲法 前文 第二段落目の趣旨に、反すると、想われる:つまり、違憲と、想われる)を、抱かせる、主張が、有る。
      • [設問 1-2] - 洗脳型の出題と、判断するに、至っており、宗教・思想系の学校(講座、教育)、等で、踏絵(ふみえ)Wikipedia)的に、用いられれる、事が、解かっており、結果的には、『まっち・ぽんぷ』(Wikipedia)と、成っており、その典型的な展開は、「『(A)القاعدة‎(Wikipedia)、(B)本邦だと、指定暴力団、似非な右翼、オウム真理教、共産的主義、中核派、等、(C)外、西洋的思想に、伴う、民主的(実質的には、似非な民主)主義に、反意を、公に、主張する、者達、等』が、『思想、感情の操作』(Mind control(マインドコントロール)Wikipedia)の標的に、成って、いる」とも、想えるが、現状(本邦)だと、「 Catholicismus(Wikipedia)、等、Χριστιανισμός(Wikipedia)に、多く、紛れている、『似非な信者』*4よって、展開されている」と、判断するに、至っている。
      • [特定の宗教を、挑発する、言動] - SDGs の理念で、「他宗教の排他、及び、自己優位性を、図る、事」を、認めている、事は、無く、「各種の Χριστιανισμός でも、認めて、無い」と、想われるので、「講師の言動を、思えば、似非 Christianus に、該当する」と、判断するに、至るが、「近年だと、類似する性格は、男女に、拘りが、無く、異常に、多く、居る」と、感じており、致命的だったのは、津田塾大学で、被った、「あなたに、英語の論文、研究書が、読めるのか、事件」と、成っており、次いで、「人格を、操作する、工作」、等、他大学では、International Christian University と、皇室に、関連する、各種の問題、等、異常に、目立つ、活動が、増えて、いる、事に、警戒心を、抱いている。
  2. ga148 仕事を通じて成長する 実践 ビジネス入門
  3. ga141 消費社会のこれまでとこれから:歴史と理論から考える
  4. ga147 学びの Gamification(ゲーミフィケーション)Game full(ゲームフル) な学習 Design(デザイン) 方法論

終了

再受講での修了

 過去に、受講を、行って、いるが、改めて、受講を、行い、修了と、成った、科目。

再受講での終了

 過去に、受講を、行って、いるが、改めて、受講を、行い、終了と、成った、科目。

統計

修了*5終了*6中断
受講数*784012
再受講0000
84012

その他

有料



*1 短大生の時に、『社会学の科目』で、『自殺論』( Émile Durkheim :Wikipedia)を、学んだ、時に、『 Amala and Kamala 』の事も、教わった。
*2 逆説的に、想えば、「広く、一般に、『悪事の方法』も、善用が、可能で、『悪事の技能が、有る』ならば、その能力を、『善用へと、転用する、事』が、可能と、想えるのだから、それを、考える、事を、求める」と、「伝えたい、思いも、有ったのか」と、想える。
*3 逆説的に、想えば、「広く、一般に、『悪事の方法』も、善用が、可能で、『悪事の技能が、有る』ならば、その能力を、『善用へと、転用する、事』が、可能と、想えるのだから、それを、考える、事を、求める」と、「伝えたい、思いも、有ったのか」と、想える。
*4 信者を、装って、『自己、同胞の優位性を、働く』(工作)を、展開する、者を、意味するが、僕の観察だと、「信者(観察の対象)に、外部からの継続的な操作が、確認を、行えず、幼少期、思春期からの『(a)催眠的、暗示』か、『(b)心的な外傷』(Trauma(トラウマ)Wikipedia)、等が、主根に、成って、「自発的で、且つ、反射的な行動と、成っている、事が、多く、『犯行への罪悪感が、無い、事』から、僕の経世済民性研究では、『 Soft Psychopath 』(構文型の精神病質者:論理的な構造から、後発で、発生するに、至った、精神病質者で、「犯行に、着手が、無い」との場合では、更生の見込みが、高い。また、心境の観点では、「『誰でもが、陥る、可能性が、有る、危険性』から、警戒され、「『(壱)銃の乱射事件、(弐)無差別殺人事件)』の引き金にも、成っている」と、判断するに、至っている。また、それ故に、『洗脳、意識の操作』の驚異を、抱くにも、至っている。なお、『 Soft Psychopath 』の活動は、Computer Virus(Wikipedia)でも、見られる、特徴を、持っており、「①やたらと、他人と、友好性を、主張、及び、社交的に、活動するが、②その背景で、自己優位性を、図る、傾向も、見られる、事からも、③本邦だと、Freemasonry が、元兇と、想える程で、④『対象者の行動を、聖書に、照らせば、反する、部分が、多々に、見られる』だけに、留まらず、『⑤本邦では、違憲に、該当する、部分も、多い、事』から、僕の観点だと、『経世済民性(経済性)の観点から、公共の安定を、図る、目的で、警戒中』と、成っている。
*5 修了証を、得た、講義。
*6 『(A)報告書の提出における、関係から、聴講のみ、(B)修了証の発行が、無い』、等。
*7 受講中を、除く。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-02 (火) 13:44:28 (13h)