Top / yorozuya01 / 対立関係

趣旨

 個人的な観点での対立であって、日本国の憲法や法律、人道的な観点に、反する事が、無い限りでは、基本的に、対立が、有りません。

  • 平成24(皇紀 2672;2012)年から違憲な団体、活動者の排除を、活性化、及び促進の助長を、展開。

思想や主義

 ''基本的に、神仏、精霊や思想などを、否定する事は、無いが、何だかの象徴や、概念を、基礎に、主張をする事が、無く、無宗派です。

 そんな、私にとって、違憲、不法な活動を、助長するような信者を、包括する集団とは、対立する。

  • 憲法・第十九条
    • [第一項] - 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

宗教

 只単に、人間の支配的関係で、戦略論を、展開、同胞の資本利益を、増やす事が、主たる目的で、何ら日本国 憲法、法律に、準じた活動を、する訳でも、無く、更なる文化向上を目論むとの発想にも、かけ離れた団体とは、対立する。

近年の日本国における宗教

 基本的に、宗教は、「何だかの教えを、布教する」のであり、『無償的な教授を、行う者と、それを、受ける者達の集団』で、近年の日本国や先進国では、「資本的利益を、基礎とする、観点に、欠ける人(民)を、排他する団体」と成っており、不当、不法な行為でも、「何だかの利益性が、有る」と、信者に、教えつつ、それに、着手させる、団体がある。

 その教授性が、学校で、発揮されるのが、普通だが、学校だと、学校教育法に、基づく運営で、展開され、それらが、単に、私的観点で、且つ、神秘性を、持って展開していると言うに、過ぎない程度の新興的宗教が、多く、心理学、帝王学、社会学などを、戦術的に 使い、「人や世間を、支配する(支配、権力の GAME)」と観点で、展開されている集団も、多い。

 また、Terrorism(てろりずむ)等では、非人道的(非共存的)な活動を、経て、人や他の生物を捕食的(生命の消費的)に、暴力的な恐怖で、威圧するような形で、展開するが、一般の民も、文明の進化と、共に、強度な防御体制を、整える傾向にあって、Terrorism も有形物破壊から、精神などの無形物における破壊に着手をする傾向に、ある。

 近年の宗教は、只単に、支配 GAME と、成っている程度で、何ら、文化の向上には、繋がってない場合が、多く、現状(平成23年度現在)の日本国では、民に、経済的な自立を、促す傾向も、有り、経済的な自立とは、経世済民が、基礎なのだから、国、自治行政を、新たに、作れ」と、指導する事を、意味するのであり、それが原因で、多くの奇妙な宗教が文化の異端児的に発生させて、現行の政府、行政と対立しつつ、その紛争によって行政などが、向上する傾向も、ある。

 それらの事情を、鑑みると、故意に、異端児集団を、形成させるように、落とし込んでいる状況に、有り、政府や、それらを、形成する「基礎宗教集団などによって、試みられている」のかとも感じている。

 それら落とし込みに陥る国民の多くは、心情の基礎に憲法、法律が基礎に無い ことが原因だと想われ、心情の基礎を形成する為に、何だかの倫理を取り込もうと する人の本能を、逆手に取った『支配GAMEの攻防』に過ぎないのかと想われます。

教祖と信者の自由

 教祖は、信者(支持者を含む)に、何だかの教授を、行う自由が、有る。

 また、信者も、教祖(または、団体の構成員)から、何だかの教授を、受ける自由が、有る。

 ところが、教祖(または、団体の構成員)が、他の信者に、教えへの忠実性を、強要(洗脳を行い、違憲、不法な行為までもを、合理的であると、教唆を、行いつつ、それらを、実行させる行為を含む)する状況は、違憲的である。

 よって、日本国で、言う、宗教の存在における自由では、教授の自由、教授を受ける信者の自由が、認められており、それらの自由は、憲法の範疇に、留まるのだから、違憲、不法行為など迄も、自由と、認めてない事も、解り、不適切な団体を、取り締まるとの必要が、有る。    また、信者や団体を、形成する者が、違憲、不法な行為に着手後、その者が、改心も、無いのに、同胞扱いする団体など。

個人的に対立する、各種の団体など

  • Christ(キリスト)教(全種) - 個人的に「日本国としては、文化におけるInvader(侵入者、侵略者)的な感覚が強く、他宗教との共存性に欠ける」と判断しているが、特定の派だけ対立する。
    • ものみの塔
      • Christian系でも攻撃的な一派で、反Christianに対して合法的な攻撃を展開するが、自爆的で精神を病む人員も多いらしい。
      • Chess(チェス)の Rook(ルーク)を象徴している。
      • 人間牧場的(牧民化現象)で、Christ系の殖民に役立っているが、自滅的な部分もあって、Christ教の拠点だけ優位となる。(つまり、Chess に例えると、『Rook's Pawn』と同じ程度で、精神的に病んでいる者も多いようである)

その他

  • Free MasonWikipedia
    • 質の悪い部分に付いては、対立する。
      • 年々、代々に、質が、劣化するように、感じており、信用失墜工作に、負けているようでは、存在では、価値が、無い。

違憲、不法、不当な行為を助長する団体

 他の宗教を、過剰(憲法・第十二条の逸脱、並びに、第十九~二十一条の侵害)に、排他する等の行為を、含む。

観察中

政治を含む思想など

 基本的に、何だかの政治政党に対して、『 (A)個別な加担をしたり、(B)特定の政党、 議員に利益性の有る働きかけ 』などは、中立性の立場から行いません。

  • 日本共産党Wikipedia
    1. 思想的に問題が無いのですが、(A)そもそも高度な文化感だけども、(B)人間だと無理な発想であり、Robot的で、人の自由を阻害している。
      • 更に、理想ばかりで現実性に欠けることは、人類の歴史が物語っている。
    2. 過剰な同胞意識などから、集団的な暴動を生じさせ易く、内部的、外部的から少々の影響を受けても、大暴動へと発展する危険性が有る。
      • 嘗ての日本でも学生闘争が勃発しており、近年だと新興宗教などが、理想社会に伴う、同胞有益性の戦略を展開しているが、集団形成における基礎戦略は、どの団体においても大差が無く、単に、思想の内容が異なる程度である。
      • 近年では、指導者を有さない事が多く、Guerrilla(げりら)的に集結用件をInternet上に公開して、それにより集まった人員を基に、暴動が発生することが有る。
  • 似非民主
    • 国民個々に、国民としての責任における自覚を阻害する政治活動は、どのような主義であっても脅威であるが、〇〇民主との偽装民主も脅威である。
      • 日本国内の正当で、〇〇民主と称している団体が有るが、その殆どが非民主的な活動をしているとの観察結果から、基本的に対立をする。
      • 逆に民主との名称を使わずに、自由に活動をする限りでは、何ら問題が無く、民主主義でなくても対立をしない。つまりは、偽装民主との対立を意味する。
    • ちなみに民主主義の成熟は、「個々の国民が、相応の責任を課せられる事(自衛責任)を自覚しつつ、相応の協和活動に参加をすること」かと、憲法の前文から個人的に解釈をしています。
    • [補足] - 民主主義でない、または、俺さま主義、並びに団体独自の主義では、政治思想が独自の物であると表明している限り、何ら違和感を感じないが、主義の偽装は、脅威
    • [追記] - 人間関係の工作や、自己優位性の人間関係を図る政党人員、または、支持者も多いが、それらの活動が協和の観点に欠けるので、脅威。
  • 名ばかり国家 - 私の体験だと国会議員の多くは、憲法の前文すら理解をしてない
    • 「皇室人員でさえも?」との疑いを抱く必要もあり、その疑いを晴らすべく試みも皇室に必要かと想われます。
      • [注意] - 憲法の前文では、「これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。」と記載されている。

公共機関

 近年で解かっているのが、「公共機関内の人員を集めて、政治、宗教、思想などに伴う同胞主義的な活動が行われている」ことが色々と指摘されている。

 そうした集団によって、違憲、違法、不当などを助長されていることも懸念され、それらを根絶する。

学校、学部(学科)など

  • 中央大学 法学部(通信教育課程を含む)、大学院
    • 基本的に教育内容が、条文の解釈などであって、つまり只の文学
    • 更に、学術的に経済性が無いとの点に付いては、致命的である。
    • 通信教育課程に在籍中してた時は、同学生から嫌がらせなど多々に受けた
      • ちなみに、東京地方、東京高等裁判所における事務の業務改善に関する起案なども私が個人的に行っていたが、何ら同学部と関係の無い独学での観点で活動しているのであり、私の学歴として(中退しているが)唯一の汚点である。
      • 同大学の法学部関連では、「不当、不法行為を行っても、裁判で審判されない限り、罪などを問われない」と把握をしており、それを逆手に不当、不法行為に着手、係争中をする輩もおり、また暴力団員が更生する事への期待感の方が、個人的な観点で言う世間的な期待としては、高いと想っている。
    • [補足] - 同大学の法学部、関連の大学院を経て、他大学の教授をしている者を含む。
  • 東京大学 法学部
    • 主な理由は、中央大学と類似する。
  • 各大学の都市政策に関連する学部
    • 国家や地域自治に対しての貢献度が、学術的に低いと感じられ、大学としての存在価値が不明

微妙な感じ

企業

  • Yahoo!Japan
    • Soft Bank
      • 意外に想う人も居るかと想われますが、Yahoo!Japan、Soft Bank関連の仕事をした経験から、海賊的に不当、不法行為を従業員に着手、係争中させる、または、「知らなかった♪」の観点で不適切に業務企画が展開することもあって世間的にも脅威。
      1. ちなみに合法的な Counter 活動を、個人的に行っていたりもする。

関連する、法規

日本国 憲法

第十二条

 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

第十六条

 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。

第十七条

 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。 第十八条 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。

第十九条

 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

第二十条

 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

二項
 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
三項
 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

第二十一条

 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

二項
 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-17 (金) 10:56:31 (249d)