Top / yorozuya01 / 親戚構成

趣旨

 主な親戚構成であるが、民法上だと以下の通り。

  • 民法 第七百二十五条
    • 第一項 - 次に掲げる者は、親族とする。
      • 第一号 - 六親等内の血族
      • 第ニ号 - 配偶者
      • 第三号 - 三親等内の姻族

参考 Wikipedia 『 家族法 』

構成

 基本的に親戚関係は、全て破綻しており、かつ復縁するとの 観点が無く、「その状況が、私生活上で良好だ」と人生を振り 返り、評価している。

 世間一般では、親子関係の円満を理想とする客観的な意見が 多く、NEETなどの存在を想えば、「無責任な親による人の 製造は、罪作りと成る場合が多く、世間に多大なる損出を生じ させる」ことがある(つまり犯罪者も、人の子である)。

 健全なる人を育てられない環境において、人の子を慾すると 言う観点は、動物ならともかく、人としては、倫理性の配慮に 欠けているのかと想われる。

 しかも現状*1では、牧畜民*2と成っている、 日本国の国民状況は、憲法の前文すらも理解されず、当然に それに基づく活動を行えない(むしろ、宗教、政治思想などで 阻害されている:国民としての覚醒を阻害している:それらの 反面で、覚せい剤の濫用を根絶できない傾向も有る)状況は、 只単に牧畜民を、『家畜の如く(資本的)肥やして、絞める』 と言う程度である。

 それらを踏まえ、むしろ親類構成が日本国民の自立性などを 阻害している可能性が高く、現状の憲法を踏まえた、自立性の 欠如などは、日本経済にも悪影響を及ぼしている。

 よって人の親は、人を産み造ると言う観点において、それの 行為が、「日本の国民を産むのであって、親の道楽気分にて、 産み、育てるとの観点と異なり、近代文明間で言う非人道的な 出産を避ける必要が有るが、無責任な親の出産によって、人の 不幸が増築される傾向に有り、その構図すら理解されて無い のだから、新たに生まれた民が相応の被害や危険を負う事にも なるが、それらを把握せずに、平然と子供を造れるのだから、 他人事と言えども、不思議」である。

 なお、それらの観点から両親などの存在に、否定的なのだが 私による公共への働きかけを想えば、その全てを否定できない と言う、奇妙な均衡点(Dilemma)があって微妙だが、現状の 生活環境などが、適切だと判断する理由として十分だと想っている。

  • 語句
    • NEET - Wikipedia
      • 日本国では、総務省の定義にて「15〜34歳の年齢層の非労働力人口」を意味する。
    • 牧畜民
      • 私が造った言葉であり、国政が民を牧畜のように育て、管理する状況を意味しており、人として扱われてない。
    • 均衡 - Wikipedia
    • Dilemma - Wikipedia

父方

 父親としての存在感は、常にあったが、家庭的な 親子関係が、然程に無く、親子関係も破綻していた。

 もともと世間的に好まれない輩家業を営んでいた 形成期があり、「それらを改めた」と学生時代に、 言われたので信じてしまったが、嘘であった。

 それらの関係から後に、絶縁を表している。

 ちなみに、不思議と私が出会う人が、世間的にも 品位の高い人が多く、そうした人間関係を父親にと 明確にとすると他人に語る可能性が有り、それらが 出会った人に迷惑と成る可能性があるとの懸念から、 私の人間関係における背景は、一切に教えてない。

  • [再婚] - Koreanと再婚をしている。
    • [戸籍上の関係]
      • 相手方に連れ子が二名(男女)居たらしいが、戸籍上で私と何ら関係が無く、再婚者との関係も無い。
    • なお、離婚後における問題から再婚者(Korean)と対立している。
  • [他界]
    • 平成22年07月25日に他界
      • 絶縁を宣言している関係上で、葬式に出席してない。
  • [兄弟(姉妹)]
  • 7人で長男は、戦死。
    • 他の親類とも、交流が無い。
      • 宗教観や、従兄弟(従姉妹)などの少年期における事柄から、むしろ拒絶的。

母方

 一人暮らしを始めた時から、徐々に疎遠となって、 現在だと存在が不明だが、然程に意識してないとの 状況にある。

 つまり、実質的な親子関係としては、破綻している。

 よって、母親として拒絶的するべく存在で、復縁も無い

  • [兄弟]
    • 4人の末っ子
      • 只単に疎遠であるが、特に親戚関係を求めるような人間関係も無い。
  • [虐待]
    • 躾などの感覚から、かなりの虐待を受けており、その影響から弟を暴力的に制する性格を有したと判断している。
      • なお、弟は、「私の性格が悪い」と言うような事を主張することがあるらしいが、私の性格は、家庭環境の劣悪からの問題であり、そうした性格を自ら造ろうと意識したものでなく、親から引き継いだ遺伝的な部分が殆どであるのだから、弟に対する性格に付いては、不知。

 私が18歳の時に、絶縁を宣言しており、それいらい 兄弟としての存在を想ったことが、ほぼ無い。

 そもそも幼少期から仲が悪く、暴力問題が絶えず、 絶縁宣言後、弟が居ると意識したことが無い。

 よって、母親として拒絶的するべく存在で、復縁も無い

  • [虐待]
    • 母親の虐待の影響で、暴力で弟を制御する傾向に有った関係で、かなりの被害を受けたらしい。
      • 実は、それらの関係で自ら絶縁を宣言しており、それ以後、弟に実質的な暴力が減少した。

 


*1 平成23年度現在
*2 牧畜のような民

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:37:02 (533d)